こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

今回は新生児期の母乳とミルクについて。

出産してすぐって何もかも不安なのに、いろんなことを言われます。母乳やミルクの量、あげるタイミング、泣いたらどうするか、などなど・・・

人によって言うこともバラバラ。誰を信じればいいのかわからず、毎日が不安でいっぱいでした。

この記事では、迷走しまくりの新生児期~どうにか落ち着く形を見つけた頃まで、汗と涙(と母乳とミルク)まみれの50日間を振り返ります

母乳とミルクの考え方

まず、私が産後50日間に言われたのがこちら。

【授乳について】

  • 母乳はどれだけあげてもOK!泣いたらどんどんあげなさい!(看護師)
  • 必ず3時間あけて!それまでは泣いてもあげちゃダメ、次の時に必死で飲むくらいでちょうどいい(看護師)

【足しミルクについて】

  • ミルクは必ず足さなくてはダメ!体重が増えていても飲みたがらなくても必ずあげる。でないと成長しない(院長)
  • 足しミルクはしなくてOK!吐いたり飲みたがらなかったりするのは「いらない」のサイン(助産師)

もう、本当にバラバラです。

3時間あけ派の看護師に「時間になるまでは頑張ってあやしてあげて」と言われた直後、入れ替わりで来た別の看護師に「泣いてるじゃない!なんで飲ませてあげないの!」と叱られたりもしました。

【産院のやり方】ガンガン足しミルク

私がいた病院は、足しミルクを絶対的に推奨していました。

3時間ごとに調乳済みのミルクが届けられ、

母乳(左右5分ずつ)

ミルク(飲むだけ飲ませる)

飲んだ量を報告

という流れ。

でも息子はあまりミルクを飲んでくれず、

すみません、10mlしか飲みませんでした・・・

今回もほとんど飲みません・・・

ということが続きました。

吐き戻しも多く、今思えば「母乳量が足りてるから飲みたくなかった」んだと思います。でもその時は不安でいっぱい。

しかも看護師に、

ナース
え?飲まない?そんなことないよ、口の奥までちゃんと乳首入れてあげてる?

ナース
(ガボッと奥まで突っ込んで)ホラ飲んだじゃないの!!

なんて言われ、怖いやら不安やら自信がなくなるやら・・・

だんだんと授乳時間が苦痛になり、「ちゃんと飲んでくれないと怒られる」「頼むからもっと飲んでよ!」と思いながら息子の口に哺乳瓶を突っ込んでいました😣

不安と罪悪感でこっそり泣く日が続き、限界を感じ始めた頃に退院。

自宅に戻ったら足しミルクの量をどんどん増やすよう指導されました。

↑産院で使っていた哺乳瓶

スポンサーリンク

【退院~生後20日】母乳測定~足しミルク増量

発熱で入院!小児科での指導

退院した翌日、なんと息子が発熱。

産後8日ということで重病の可能性があったため、大きな病院に検査入院をすることになりました。

発熱時に大量の吐き戻しがあったことから、胃腸炎の可能性も。それを踏まえて提案してもらったやり方がこちらです↓

入院中の授乳
  • 母乳は左右10分×2
  • ベビースケールで母乳量を測定し、合計80mlになるように足しミルクを飲ませる
  • 消化能力を調べるため、3時間しっかりあける(寝ている場合は起きてから)

授乳時間がすっかり憂鬱になっていた私にとって、この病院のやり方は本当にありがたかった!

言われた時間に言われただけ飲ませればいい!
体重や授乳量はプロがしっかり管理してくれてる!

この頃の母乳量は3~40ml。

母乳と合計で80mlを目安に、毎回5~60mlのミルクを足していました。

↑自宅では母乳実感160ml+SSサイズ乳首

改めて始まった家での生活

二泊三日の入院が終わり、退院。

自宅にはベビースケールがないので、母乳量をはかることができません。

購入も考えましたが、まずは一旦「飲むだけ飲ませてみる」というやり方を試すことに。

~生後20日頃
  • 3時間ごとに母乳10分×2
  • 足しミルクは80~100ml作り、飲むだけあげる

はじめは大体5~80mlで飲むのをやめていましたが、少しずつ80mlをぐい飲みすることも出てきました。

本当にこれでいいのか?飲ませすぎ?と悩みつつ、恐る恐る飲ませる毎日・・・

【生後20日頃】寝かしつけ中に大量吐き戻し

生後20日の夜中。

いつも通りに授乳&ミルクを終えて抱っこで寝かしつけていると突然の大量嘔吐!私の服も布団も全てベタベタになるほど、ものすごい勢いでした。

ちょっと苦しそうだったのにそのままま飲ませたから?それともゲップが足りなかった?

パニックになりながら救急相談(#8000)に電話すると、

救急相談
その後つづけて嘔吐せず、熱もなく眠れているなら様子見で大丈夫

とのこと。親は心配で眠れませんでしたが、その後は特に変化なく・・・

「たまたまだったのかな」「もう大丈夫かな」と安心した翌々日、まったく同じ時間・同じ状況で嘔吐しました。

横抱きで吐いたのに勢いが良すぎて本人は全く汚れず、これはよく受診目安で見かける「噴水上の嘔吐」なのでは?!今すぐ救急にかかるべき?!とパニック。

幸いその後は吐かず、そのまま様子を見つつ過ごしました。

吐く原因は「飲ませすぎ」?

どうしてこんなに吐くんだろう、どうしてあげたらいいんだろう・・・

先輩ママたちに相談すると、何人もに言われたのが「飲ませすぎなんじゃない?!」という意見。

どうするか考えた結果、まずは足しミルクの回数を減らしてみることにしました。

足しミルク自体やめてしまうのもありだったのですが、ミルク拒否になるのを避けるため「回数を減らす」に落ち着きました

【~25日頃】ミルク回数と量を減らす

ミルク回数を減らすため、また飲ませ方が変わりました。

~生後25日頃
  • 欲しがったら母乳10分×2、ひたすら頻回授乳
  • どうしても泣いたりぐずったりした時のみミルク60ml

この頃はとにかく模索期間。

ミルクをあげたあとは3時間あけるべき?また吐いちゃったらどうしよう?などなど、不安でいっぱいでした。

【~29日】ミルク回数はそのまま、量を増やす

様子を見ながら模索は続きます。

ミルク量が少なすぎるかも?と不安になり、飲ませるタイミングはそのまま、量を増やしてみました。

~生後29日頃
  • 欲しがったら母乳10分×2
  • 泣いたりぐずったりしたらミルク80~100ml

・・・結果は×。

ゲップの時に吐いたり、ねんねで遊んでいる時に口からダーッとミルクが出てきたりということが増えました。

やっぱりこれは飲ませすぎってことかも・・・

【30日頃】ミルク量を減らす

生後30日頃。ミルクの量をまた減らしてみることにしました。

~生後30日頃
  • 欲しがったら母乳10分×2
  • グズグズの時・自分がしんどい時はミルク(1日2,3回)
  • 調乳量は4~60ml(飲まなくなった時点でやめる)

息子にはこのやり方が合っていたようです!吐き戻しが減り、飲むペースも安定してきました。

【~生後50日】授乳もミルクもいいとこ取り

そして今、生後50日。

基本的な飲ませ方は生後30日頃と同じ、ミルク量だけ少し増えて80mlになっています。

助産師訪問をキッカケに少し考え方もゆるくなり「授乳でもミルクでも、その時にラクなやり方をすればOK」と思えるようになってきました。

基本は授乳のほうが準備いらずでラク、どうしてもグズグズのときはミルクで落ち着いてもらった方がラク。
私も息子もずいぶん安定してきました

さらにこのやり方にはメリットが多く、

  • ミルク回数が少ないので哺乳瓶を洗う手間が減る
  • ミルク慣れしているので、息子を夫に任せられる(私がお風呂の間にミルクお願いできる、ひとりで外出もOK)
  • とにかく気がラク!

ようやく生活が軌道に乗った、という印象です。

産後すぐの頃と比べると、ずいぶん吐き戻しも減りました。

新生児期の母乳とミルク│まとめ

振り返ってみると「産院の指導(足しミルク)が向いていなかった」だけな気もするのですが、とにかく私にとっては忘れられない50日間。

この記録が、産後まもないどなたかのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
コメントを残す