立会い出産を実際にやってみてどうだったか。

元々はTwitterでつぶやいていたのですが、そちらでかなりたくさんの方にお読みいただいたようで、とても嬉しく思っています。

立ち会い出産する?しない?

実際にやってみた人はどう思っているの??

などなど、悩んでいる方の参考になれば嬉しく思います。

(その時のリアルな気持ちを残しておきたかったので、Twitterにあげていた原文ままで載せています)

夫ブログ『嫁の姿』を目に焼き付けろ!男の立ち会い出産記録

立会い出産を実際にしてみてどうだったか

立ち会い出産をしたことで奥さんを『女』として見られなくなったという意見をよく聞いて、実際どうすべきか結構悩んでいた。

妊娠がわかる前は、正直なところ旦那との関係も今ほど安定してなくて・・・

自分が極限に追い込まれる場面。

肉体的にも精神的にもどうなってしまうのかわからない時に、彼の存在はむしろ悪影響なんじゃないかとすら思っていた(気を遣ってしまう、嫌われるんじゃないかと怖くなるなど)

実際、立ち会い出産を経験してみて。

陣痛が始まった頃は『ある程度後半だけ、産まれる時さえ見せられればいいかな』くらいの気持ちだった。

でもだんだんと陣痛が強くなってくるのをひとりで耐えながら、やっぱりここにいてほしい!!と思った。

彼が着く時間がわかってからは、何回も時計を見ながら「早く、早く来て」と心の中で唱えて涙が出た。

ひとりだととにかく気を張って、あんまり声出すと同室の人に迷惑なんじゃないかとか、赤ちゃんのために頑張らなくちゃとか・・・

考えながらとにかく耐えるしかなくて。

でも彼が来てくれること考えただけで『甘えられる』というか…メソメソ泣いて「痛いよー」って言えるような、そんな感覚があった。

それまでの妊娠生活の積み重ねなんだと思う。

どんな風にふたりで約9ヶ月?を乗り越えて来たか、それ次第でここの気持ちは変わる気がする・・・

ずいぶん喧嘩もしたし、しんどいこともたくさんたくさんあった妊娠生活だったけど、私たち2人にとってはこの期間が必要だったんだなぁと改めて感じた。

私の場合、彼が来てから産むまでは2時間半くらいと早かったのもあって、持久戦のしんどさとはまた全然違うとは思うけど・・・

でもやっぱりしんどい時間に一緒にいてくれたこと、手を握って汗を拭いて声をかけてくれたこと、忘れられない時間だと思う。

いざ分娩室でいきみ始めてからは、正直彼はほとんど視界に入らなくて・・・助産師さんと先生と私だけの世界だったけれど、でも後ろにいてくれる気配と、声を感じられるだけで心強かったなぁ。

あと、とにかく『彼に我が子を抱かせるんや!』って妊娠前から思い続けてたこともあって、いきみながら心のどこかで『見とけよ!パパにしたるからな!!』みたいな気持ちもあったと思う。

産んだ翌日の朝、そんな話を彼にLINEした。

立ち会い出産頑張ってくれたお礼と、女として見てもらえないんじゃないかって不安は今もあること、でもやっぱりしてもらって嬉しかったとか…。

彼からの返事は、

「立ち会えてよかった、人生で一番感動した、嬉しかった」

「子供の頃からの夢だった自分の子供を、産んでくれてありがとう」

「改めて、ひなが妻で良かった」

「これから大変だけど、3人で頑張ろう」

だった。

・・・・・・・・・・

立ち会い出産、いろんな考えがあると思う。

できない状況もあるし、向き不向きもあるし、それこそウンコでちゃうんじゃないかみたいな不安もあるわけだし(←直前にそれが嫌だったって旦那側の意見読んじゃって本気で悩んでた)

何がベストっていうのは、当たり前だけどそれぞれのおうちで違うんだろうなと。

ただ今回の私の場合は。

立ち会ってもらえて、本当に良かった。

初めての我が子を迎え入れる瞬間を、彼と一緒に感じられたこと。

とてもとても幸せでした。

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク