こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(fa-twitterhinamama_cm)です。

この記事では、赤ちゃんが大好きな「タグハンカチおもちゃ」の作り方を紹介します😄

  • タグやリボンがあって持ちやすい
  • 触ったり口に入れたりすると、カシャカシャ音がして楽しい

保育園でも大人気のおもちゃが、実はとっても簡単に作れちゃうんです😉

写真多めで説明していくので、お裁縫が苦手な方もぜひチャレンジしてみて下さい♡

材料

ではまず、材料から!

タグハンカチおもちゃの材料

20×45cm程度。裏表で違う布にする場合は、20×20cmを2枚使います。

  • ビニール

20×20cm程度。作りたいハンカチサイズより一回り大きめサイズをご用意下さい。

私は肌着が入っていた袋を使いました。できるだけ厚く丈夫なものを選ぶと長持ちします。

  • 紐やリボン、ゴムなど

それぞれ適量。巾着を作った時の余り紐・ケーキの包装に使われていたリボンなどを使いました。

量はどれも目安なので、作りたいハンカチサイズに合わせて調節してみて下さい😉

タグハンカチおもちゃの作り方

ではさっそく製作に入ります!

布を切る(1枚目)

布を20×20cmくらいのサイズに切ります。作りたいハンカチサイズより一回り大きければOK。

私はテキトーに切りすぎて曲がっています↓気にしない気にしない。

s_IMG_5478.JPG

ビニールを切る

次にビニールを切ります。①で切った布より一回り大きいサイズで!

s_IMG_5479.JPG

タグを並べて仮止めする

①で切った布の表側に紐やリボンを並べ、手縫いで仮止めします。
s_IMG_5480.JPG

どこか一ヶ所、返し口スペースを空けておいて下さい(写真では左下)

返した時に出てきてしまわないよう、仮止めはできるだけ布の端で!

布を切る(2枚目)

次に、2枚目の布を切ります。

s_IMG_5481.JPG

測るのが面倒だったので、一枚目の布を重ねて周りをチョキチョキ。テキトーです。

布とビニールを重ねる

二枚の布を中表に重ね、その上にビニールも重ねます。

s_IMG_5482.JPG

ズレないよう待ち針で押さえておきます。やりすぎるとビニールが破れやすくなるので、できるだけ本数は控えめに・・・

s_IMG_5485.JPG

返し口以外を縫う

返し口を残し、他をグルリと一周縫います。ミシンでも手縫いでもOK。
s_IMG_5486.JPG

縫う時の注意

ミシンで縫う時は、縫い目を大きめに設定するのをお忘れなく!縫い目が細かいと『ミシン目で切り離す』状態になってビニールが切れてしまいます!!

私は一度失敗しました😂

返し口からひっくり返す

返し口からひっくり返していきます。ビニールがあるのでやりづらいですが、潔く。
s_IMG_5487.JPG

反対側の角をつまむと、やりやすいです。
s_IMG_5488.JPG

フチを縫ったら完成!

表に返したら形を整え、布端から2mm程度の位置をグルリと一周縫います。
s_IMG_5484.JPG
返し口は中にぐぐっと折り込み、一緒に縫ってしまえばOK。完成です!

 

誤飲など事故を防ぐため、

  • タグを引っ張っても抜けてこないか
  • ビニールが飛び出していないか

など十分にチェックしてからご使用下さい。

スポンサーリンク

タグハンカチの遊び方

息子がタグハンカチおもちゃでよく遊んでくれたのは生後4ヶ月頃~でした。

手に持たせるだけだとすぐに落としてしまうので、ベビージムにぶら下げて遊ぶのがお気に入り😉

触って音を鳴らしたり、口に入れてガジガジしたりと楽しんでいます。

手作りタグハンカチおもちゃまとめ

タグハンカチおもちゃ、いかがだったでしょうか?

工程を細かく書いたのでなんだかややこしく思えるかもしれませんが、作ってみると本当にカンタン。

お友達へのプレゼントにもおすすめです!

s_IMG_5491.JPGぜひぜひ試してみてください😉

手作りおもちゃの本もあります!私のお気に入りはコチラ↓

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク