妊娠13,14週。

本調子とまではいきませんが、少し前まで想像もできなかったくらいラクになったのがこの頃です。

ちょっとだけ余裕が出てきて、毎日ひたすら「早く安定期こい!」と願うようになりました。

このブログでは、私の第一子妊娠~出産を週数ごとにまとめています。

週数別レポはこちらからどうぞ:妊娠週数経過~出産

13週、つわりの終わりを感じた日

13週4日:二ヶ月ぶりの「フツウの朝」

妊娠13週4日、朝。

前の夜は気持ち悪くて眠りが浅かったはずなのに、目が覚めてみると「あれ?なんかフツウの朝だぞ・・・?!」

つわりが始まってからこの瞬間まで、目が覚める=キモチワルイのが当たり前になっていました。喉の奥が重い・気持ち悪い・ムカムカするなど、とにかく朝起きるのが憂鬱だった。のに。

この日はつわりが始まって以来はじめて「フツウの朝」だったんです。

わぁ、なんだこれ、なんて過ごしやすいんだろう・・・!?

「長くは続かないだろう」と期待しすぎないよう必死でしたが、それでもとにかく嬉しくて、本当にこんな日が来るんだと信じられないような気持ちでした。

そしてこの日以降ひどい吐き気に襲われることは少しずつ減り、ムカムカ・頭痛・喉の違和感とゲップ・えづくなどの症状が残って入るものの、それまでと比べると格段にラクになりました。

妊娠5週から始まってはや2ヶ月。終わりが見えずただひたすら苦しかったつわりとの戦いは、そっと静かにフェードアウトしていきました。

つわりが終わっても匂いには敏感

13週のある日、夫が友達と飲んできた日がありました。

気持ちよく酔っぱらって帰宅し、シャワーを浴びて就寝。特に問題のない夜・・・のはずだったのですが。

 

ものすごい気持ち悪さで目が覚め、時計を見ると朝4時。原因は、部屋中に立ち込める不快な匂いでした。

酒?食べ物?ニンニク?!なんだかわからないけどとにかく気持ちが悪い、このままじゃ吐く!!

 

必死で起き上がり、寒さなんてそっちのけで窓を全開に。扇風機を2台出し、中から窓に向けて強風運転。

それでも匂いは消えません。今にも吐きそうだし苦しいしどうにもならないし、もう半泣き。

 

つわり用に買ってあったマタニティリフレッシュを思い出し、急いでハンカチに垂らして顔に当てると少し吐き気が和らぎました。顔から離すと匂いが侵入してくるので押し当てたまま布団に潜り込み、「寝ろ、寝るんだ!」と自分に言い聞かせて目を閉じました。

そして翌朝。

今度から、こういう日は向こうの部屋で寝て

あ、ごめん、臭かった?

マジで蹴り倒すとこだったわ!「あっち行け」ってな!

この日以降、飲んだあとは自主的に別部屋で寝ている夫です。

つわりがマシになったとはいっても妊婦の鼻はめちゃめちゃ敏感。皆様どうかお気をつけ下さい・・・マジで吐くとこだった。

ついにお腹がふくらみ始めました

13週終わりから14週にかけ、少しずつお腹がポッコリし始めました。

服を着るとほとんどわからないレベルですが、体感的にも少し重いかんじ。また、それに伴いオヘソが変形。ずっと縦長だったヘソが横に伸び始めたのは衝撃でした。

前はもうちょっとかわいらしい形しとったよね(笑

今もかわいいやろ!

まだ写真ではわからないレベルですが、少しずつ変化している体がなんだか不思議・・・

ちゃんと「妊婦」なんだなぁと感じ始めた頃でした。

次の記事:【15週】前置胎盤かもしれない・・不安のはじまり【エコー写真】

前の記事:【妊娠12週】はじめての経腹エコー、BDP測定、4Dエコー【エコー写真あり】

スポンサーリンク
コメントを残す