ベビーベッド買うか否か!これは大きな悩みでした。

今回は、我が家の状況・検討したパターン色々をまとめてみたいと思います!

我が家の状況と希望条件

はじめに、我が家の状況と希望条件を。

  • 和室なし
  • 今回が初の妊娠、2人目もできたら産みたい
  • リビングと隣室(どちらもフローリング)が繋がる間取り。分ける場合は擦りガラス引き戸で
  • 妊娠中はシングルベッド(私)+布団(夫。フローリング直置き)

それを踏まえてとりあえず希望としては・・・

一旦、金銭的負担をできるだけ少なく、ちびさんとの生活を始める環境を整えたい

実際に生活を始めてみないと、「良く寝る子なのか」「夜中の授乳がどの程度大変か」などなどわからないことが多いため、それ次第でまた色々変わるかも・・

ということでまず、最低限落ち着く形で彼を迎え入れるためにはどうしたら良いのか?という検討が始まりました。

選択肢は・・・

ベビーベッドの場合

和室がないということで、まず考えたのはベビーベッドでした。

その場合、パターンは3つ。

  • レンタル
  • 購入(大人ベッドに横づけタイプ or 3オープンタイプ or 変形タイプ or ソイネール)
  • 友だちに借りる(ミニタイプ)

それぞれ書いていきます。

ベビーベッドのメリット

と、その前に、ベビーベッドのメリット・デメリットについて。まずはベビーベッドのメリットです。

◎赤ちゃんを寝かせる場所が確保できる

◎床から高さがある為、布団にホコリなどが入りにくい

◎下が物置になる(物による)

◎「夜中の授乳が辛いが、大人ベッドの横に同じ高さで付けられると楽」と人に聞いた

ベビーベッドのデメリット

次に、ベビーベッドのデメリットについて。

×ベッド本体がとにかく高い

×布団・マットレスなどはプラスで用意する必要がある(その分また費用が掛かる)

×場所を取る

×使える期間が短い(2歳までなど書いてある商品もあるが、つかまり立ちを始めると危ないので結局8ヶ月くらいまでしか使えないという意見あり)

×使わなくなった後の処分に困る

レンタルの場合

ベビーベッドのデメリットは、レンタルにすればほぼ解決するのでは?!

ということでレンタルのサイト・口コミ等々を見てみたり、ツイッターで教えていただいたりしたのですが・・・

  • そもそも早めに予約しないと借りられなかったりする
  • レンタルとはいえどすごく安いという訳ではない(9ヶ月間で約14,000円、6ヶ月で約10,000円など、色々な会社で差はある)

うーん・・・

2人目を産む可能性を考えるとどうなのか?

夫が『物を購入する際は長い目で見て・・』という考え方だったということもあり、2人育てる前提で長期的に考えると購入もありなのではと。

「いっそ気に入るもの見つけて買えば?」と言ってくれたこともあり、そこからはベビーベッド購入に向けて検討を始めました。

購入の場合

ということで、ベッド購入にあたっての条件は「 ベビーベッドの片方をオープンにして、大人ベッドに付けられるもの

シングルベッド(私)+ベビーベッド、布団(夫)でやってみる前提です。

調べていてまずいいなと思ったのはビーサイドデラックスというスリーオープンタイプのベビーベッド。

ママの声から生まれたという商品。メリットは、左右どちらのドアも開けられるため使い勝手が良い、さらに足元の柵もオープンできるのでおむつ替えがしやすいという点です。

デメリットはとにかく高い!

さすがにこの値段はどうなんだろうか・・・と思っていたのですが、夫には「ヒナが使いやすいものを選べば?」と言われ・・・じゃあこれが第一候補かなと。しかし高い。

次の候補。

変形タイプの「BOORI(ブーリ)」と石崎家具の「ミニベッド&デスク」です。

メリットは、子供の成長に合わせて形を変えていけること。ある程度大きくなったらベビーサークルや収納にしたり、ソファにしたり・・これはこれで便利な気がします。

でも、その時その時で必要なものは違うしな・・・まだ何もわからない状態で、ここに今お金を投資して良いのか?難しいところです。

で、探しているうちに出てきたのが「そいねーる

小さすぎるかな?とも思いましたが、安い。

  • ベビーベッドの片方をオープンにして、大人ベッドに付けられる
  • 夜中の授乳が辛いが、大人ベッドの横に同じ高さで付けられると楽

というところだけ考えれば、これで十分なのでは?という考えが急に強くなり始め。

使う期間も短いし・・・その分他のところにお金かけられるし!よし!これでいこう!!とすっかりそいねーるを買うつもりになっておりました。

とそんな時突然、先に出産した友だちから「ベビーベッドいるなら貸そうか?」という話が浮上。

その子もお友だちから譲り受けたもので、一人目に関しては結局使わなかったけど二人目産まれたら返してもらう可能性はあるとのこと。

ミニタイプなので小さい。友達曰く、身長的に5ヶ月でとんとんだそうで・・・使える期間はかなり短い。

しかも遠方の為、送料はかかる・・・さらにその子に二人目が産まれたら返す?など考えると果たしてどうなのか??

この布団用のマットレスは借りられたとしても、結局5ヶ月で使えなくなった場合そこで普通サイズのベビー布団を買って寝かせることになわけで。

だったら初めからベビー布団で寝かせた方が良いのでは?いやでも一旦借りれるのは悪い話ではないか・・・と悩みに悩み。

で、その友達に「実際どうやって寝てた?今はどうしてるの?」と聞いてみました。

1900円の敷布団+タオルケットとかで寝てる。その敷布団と最低限のカバーとかマットしか買ってないよー」

「ベビーベッドは結局使わなくて、中のマットだけ普段部屋でゴロゴロするのに使っているくらいかな」

あぁ・・・なんて安上がり・・・!これを聞いてまた私の考えは揺らぎ始めました。

よし、布団のメリットデメリット考えてみよう。

布団の場合

布団にする場合、条件はこうなります。

  • 床に直置き
  • 下に敷くマット購入(畳ユニット or コルクマット or 布団専用除湿シート)

布団のメリット

布団のメリットはこんなかんじ・・・

安い(ベビーベッドだとしても布団一式は結局必要になるため)

添い寝しやすい

◎寝室とリビングがすぐ近く(繋がっている)だし、布団ごとリビングに運べば日中ちびさんが過ごす場所も確保できる

布団のデメリット

しかし、布団にもデメリットがあります。

×寒いしカビるし、フローリング直置きは避けたい。カビ防止のためには毎日布団あげた方が良いけど、そんな余裕があるとは思えない

 

では布団の場合のデメリットを解決するためにはどうしたら良いのか。布団の下に何かを敷くことで寒さとカビはある程度解決できそうです。

(シングル布団大人100*210・ベビー布団70*120)

下に何を敷く?

では、布団の下に何を敷こうか。

これもまたいくつかのパターンがあるので、分けて書いてみます。

畳ユニット

まずはユニット畳について。

はじめは部屋の一部のみ(私とベビー布団の下)という形でも可。将来的には子どもの遊びスペースなどにも使える。

布団用のい草マットレスもあるが、部屋一面に敷こうと思った時にうまく組み合わせられないことを考えると不便かな?

コルクマット

続いて、コルクマットです。

物によっては畳ユニットより安い。でも手で削ったりかじったりとボロボロにされそう・・・

布団専用除湿シート

最後に、布団用の除湿シートを使う場合。

これはこれでありではあるものの、畳ユニットの方が汎用性は高いように感じる。買うとしたらベビー布団の分はどうするのか?大人用除湿シートの上に敷く??

スポンサーリンク

考えた結果残ったのは・・・

ということで、さんざん検討した末に残ったのは・・・

  1. そいねーる+敷布団+カバーなど一式
  2. ユニット畳最低限(私+ベビー布団分)+敷布団+カバーなど一式

という二択でした。

で、そこからさらに汎用性の高さと値段のバランスを比較した結果、2の畳ユニットパターンでいってみようかと。ずいぶんいろんな方面に流れ流されした我が家の寝室問題は一旦ここで落ち着くこととなりました。

まぁ、布団を買うにあたっても一式セットで買うか、バラバラで買うかという問題があったのですが・・・

一式まとめて買った方が安いのか?と悩んだりもしたのですが、どうにも余分なものが多いような気がしてしまって・・・バラバラで買うことにしました。

保育園と家とはまた違うとは思うのですが、園での赤ちゃんたちって本当に最低限で寝ているんですよね。枕とか、まず使わないし・・・掛布団も、よっぽど寒くないといらないかな?と。

とりあえず今お腹にいるこの人は4月末生まれの予定ですし、当分はタオルケット+α(スリーパーとか?)でいいんじゃないかなぁなんて思っています。

なのでまずは最低限、敷布団+防水汗取りキルトパッド(一体型or別々で買うかは見て決めようかな)+カバー一式をとりあえず買っておこうかなー。

とりあえずそんなかんじで準備を始めています。果たして実際にちびさんとの生活が始まった時どうなるのか?!

それはまたその時にまとめられたら・・そんな余裕あるのかなーw

スポンサーリンク