保育園のメリット・デメリットと『園選びのコツ』~初マタ保育士の葛藤~

『保活』という言葉をよく耳にするようになりました。
我が子を保育園に入れて働くため、一生懸命頑張る保護者さんたち。
でも現実はなかなか難しいと聞きます。

安定期にも入り、我が家は今後どうしていくのか。
そろそろ本格的に考えなくてはならない時期です。

保育士になって約10年。
三重県のとある園で数年働いた後、関東に来てからは『派遣保育士』という形で毎年色々な園を経験してきました。
そしてその経験は今私の中で「我が子は保育園に入れたくない」という思いとなって大きくなりつつあります。

今回は子どもを保育園に入れることのメリット・デメリット。
保育現場の現実など、私自身の体験を元にまとめていきたいと思います。

保育園に入れるメリットとは

『お友だち』に囲まれて大きくなる

「そもそも働くためには預けざるを得ない」というのはもちろんなのですが、今回はそこは置いておいて・・・
「あまり小さいうちに保育園に入れるなんてかわいそう」という意見を聞いたりします。
「ママーーーーー!!」と泣き叫ぶ子どもを置いていかなくてはいけない、わが子にこんな思いをさせてしまうなんて・・・という思いを抱えている保護者さんたちも実際多いようです。

その気持ちは当然のことと思いますし、否定する気持ちはもちろんありません。
が、保育士としてはそこは

全然だいじょーぶ!!!

です。
むしろそういった面に関しては「どうぞ保育園にお任せください」といった気持ち。

ほとんどの子が初めは泣きます。
泣き続ける期間はその子によって様々。かなり長い期間続くこともあるのは事実です。
が、必ず慣れます。

家庭と保育園の大きな違いは『集団生活』であることだと思います。
『集団生活』=『お友だちの存在』があるということです。
0歳児さんのように小さくても小さいなりに、お友だちの存在を感じ、刺激を受け、時にぶつかりあいながら一緒に成長していきます。

保育士はもちろん最大限の愛情を注ぎますが、とても『お友だち』には敵いません。
というわけで一つ目のメリットは『集団生活の中で育っていけること』です。

子どもを一緒に見守る大人(他人)がいる

初めての子育ては全てが未経験・未知数の世界です。

「この泣き方っておかしい?」
「ご飯を食べないのはどうして?」
「他の子はどうやって遊んでるの?」

きっと毎日が初めてと不安とで溢れていることと思います。
家庭内で子育てをするということは、子どもと向き合う大人が基本的には家族のみになるということ。
その役割がママ(パパ)だけにのしかかり、不安な気持ちを抱えながら毎日お子さんと向き合っている・・そんなおうちも多いようです。

保育園に預けることは、単純に『その子を見ている(知っている)大人が増えること』です。

親「うちの子最近ご飯食べなくて・・・」

保育士「たしかに最近ちょっと食べる量減ってきてるかもしれないですねー。他の子もちょうどそんな時期みたいで。人参はよく食べてたみたいだけど、おうちではどうですか?」

なんて会話がよくあります。
毎日の生活を保育園で過ごしているからこそ、悩みが共有できる。
これは大きなメリットだと思っています。

もちろん悩みだけじゃなくて可愛い部分も

親「○○が昨日絵本見ながらおしゃべりしてて!」

保育士「かわいいー!!最近園でもこの本が好きなんですよー!!」

親「へー!次それ買ってみようかな」

そんな会話ができるのも、普段子どもを預けているからこそですよね。

『家族とは違う他人の目線で我が子を見てもらえること』
『我が子の色々な部分を共有できる大人がいること』

それもまた、保育園の大きなメリットであるように思います。

保育園に入れるデメリットとは

我が子の成長の瞬間を、保育士に先に見られてしまう可能性がある

赤ちゃんのうちは特にこれが多いかもしれません・・・

「ハイハイした!」
「人生初めての一歩!!」

などなど。

この点に関しては、保育士の方でもある程度気を遣っていることが多いです笑

保育士(歩いたーー!!でもおうちではまだかもしれないから、ノートに書くのは止めとこう・・)

~お迎え時~

保育士「最近おうちでどうですかー?」

親「すごくよく動くようになって!一昨日初めて歩いたんですー!!」

保育士「そうなんですねー!!実は今日園でも一歩見せてくれたんですよー!!」

という具合に、ご家族の喜びを先取りしないようには意識していたりします笑

起きている時間のほとんどを保育園で過ごしている以上、先に保育士が見てしまうのはある程度仕方がないことだとは思うのですが・・・
私自身もやっぱり「自分が一番!」がいいもんなぁーなんて考えています。

園(人)による保育のやり方・子どもの扱いに差がありすぎる

私が何より引っかかるのはここ。
『当たり外れが激しい』というところです。

対人のサービスであれば、病院であれ買い物であれ多少は仕方がないことです。
ですが、わが子に対しての扱いとなると。
やっぱり「ここはハズレだったなぁ」だけでは済まないと思うのです。

たくさんの園を見てくる中で、もちろん素晴らしい園もありました。
ですが、正直なところ「我が子は絶対に預けたくない」と思ってしまうようなところも少なくなかったのが事実です。
その経験から、入園前の見学で気を付けておいた方が良いポイントを幾つか挙げておきます。

園長と子どもたちの関係はどうか?

  • 園長が園児の名前を覚えている・子どもの方から園長に話しかけてくるなど、普段から良い関係を築けていそうか?
  • 園長から子どもたちへの話しかけ方が明らかに今だけ媚を売っているような嘘くさい態度だったり、園児の名前を知らない・「かわいいわねー」などその辺のおばちゃんと同じレベルの対応だったりした場合は要注意

保育士はきちんと挨拶をするか?笑顔があるか?

  • 見学の方が来るともちろんみんな『演技』はします。『よそいきモード』です。ですがその中にもきちんと笑顔があるか子どもを優先した対応をしているか。
  • できれば目の前にいる保育士だけでなく、隣の部屋などの見学の方に気づいていない・警戒していない大人(掃除の人なども、保育士以外も含めて)も意識してみると良いと思います。その方が普段の対応に近いはずです。

子どもたちに笑顔はあるか?
幼児(3~5歳児)は「将来こんな子になってほしいな」と思えるような姿か?

  • 個人的には「先生の方にあんなに集中できるなんて!すごい!(見学者は無視)」という姿より、きちんと挨拶ができる・赤ちゃんに興味を持って話しかけてくるなどの温かい関わりが自然にできる雰囲気の方が、園全体が温かい雰囲気であるように思います。

これらは私が考える、最低限『ハズレ』な保育園を見分けるためのポイントです。

ただ、見学の時間は本当にわずか・・・
その短い時間でどこまでの情報を手に入れることができるのか。
とても難しい問題です。

保育現場は人不足が顕著になってきており、どんなに理想の保育をしたくてもできないというのも現実です。
とにかく手が足りないのを埋め合わせるため、安い時給で学生バイトを雇ったり、日替わりの派遣保育士を入れたりというのはごく普通にどの園でも行われています。

  • 担任が休憩中は、資格を持たない学生バイトにクラスを任せきり
  • 日替わりで違う保育士が来るため、子どもの名前すら把握できていない。そのたび赤ちゃんたちは人見知りで泣き、落ち着かない

こういった部分は、見学に来た保護者さんたちにはもちろん明かされることはありません
入園してからも特に知らされることはなく、保護者の目があるときはうまく誤魔化して毎日をまわしていく。
それが現実です。

じゃあどうやって『安心できる保育園』を選べばいいのか?
(いやそもそも選ぶ余裕なんてないのか?!でも!!)

大切な我が子を預けるのに『当たり外れ』で済ませたくない。
『ハズレ』も有り得るということは、保育園に入れるうえでの大きな大きなデメリットです。

スポンサーリンク


初マタ保育士の葛藤

保育士同士で話していて「現場を見ちゃうと、保育園なんか預けたくないよね」という声を耳にすることがあります。
それはとてもとても悲しいことです。

我が子にもこんな風に大きくなってほしい!
保育園てこんなに素敵!!

保育士自身がそう思えるような毎日を過ごせていなければ、保護者さんたちに顔向けできません。

子どもたち一人ひとりを、愛情を持ったたくさんの大人の目で見つめられること。
子どもたち一人ひとりが、安心できる大人と友だちの中で育っていけること。

私は保育園が好きです。
保育士という仕事に誇りも持っています。
でも、だけど。
私は今葛藤しています。

【こんな記事も書いてます】

妊娠中の時間を利用して、毎日ひたすらちまちま作り物をしておりますHINAです。 今回は、実際に使えるのは少し先になりますが『ボタンかけ玩具』を...
物を手で持って口に運べるようになってくると、何でも口に入れてハムハムペロペロする赤ちゃん。 タグやリボン、タオルの端なんかは特に口に入れやすい...

 この記事へのコメント

  1. June より:

    はじめまして。初めてこちらのブログを拝見しました。
    保活については、私も悩んでいます。
    保育園に入れるメリット、デメリット共に考えていることが同じだ!と思い、コメントを書かせていただいています。
    私は公立幼稚園の教諭で、現在は育休中です。
    自分のこどもに幼稚園教育を受けさせたいと思っても、復帰をするとなると保育園しかない。
    保育園も当たり外れなどの理由で不安…でも、だからといって仕事をやめてやっていけるのか?と考えがまとまりません。
    我が家もそのうちには考えをまとめなければいけませんが、HINAさんがどんな決断をなさるのか、楽しみにしています。
    いつも読む専でほとんどコメントをしたことがないので、失礼があったら申し訳ありません。

  2. HINA より:

    失礼なんてとんでもない!コメントいただきありがとうございます!!
    幼稚園の先生でいらっしゃるのですね。共感していただいて嬉しいです。
    なかなかまとまりませんよね・・どうしたものかと。そもそも保育園に入れること自体が大変なこの時代、入れたいと思ったところでそう簡単にはいかないのでしょうし。
    そう考えると、私の中のデメリット部分・もやもやが晴れるまではそもそも『保活』そのものに入っていけないのではないかと思っています。
    旦那とも相談しながら・・・いずれは結論を出さなくてはいけないですね。
    今後も見守っていただけたら嬉しく思います^^

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育士かーちゃんの、0歳からできる【ふれあい歌あそび】その2

赤ちゃんをいっぱい笑わせよう!【保育士かーちゃんの復習シリーズ始めます】

『保育士ママへの質問』答えてみた!【ママブロガー対談企画】

保育士かーちゃんの絵本カバー活用②100均ファイルに入れるだけ!簡単シールあそび

【壁面装飾】見本通りキレイに仕上げるためのコツ

保育士かーちゃんのオススメ絵本①(0、1歳~)