病院の両親学級に行ってきました。

私の行っている病院では、立ち会い出産をするにはこの両親学級に参加必須ということで・・・

院長から出産の流れやパパの心構えなんかを聞く会になりました。

具体的なお産時のコツなんかも聞いてきたので、まとめておきたいと思いますー!

お産で一番つらいのは分娩第一期

分娩第一期とは規則的な陣痛開始から子宮口全開までの終わり頃まで。

5~6分おきに強い痛みがあるが、いきむのはまだ我慢しなくてはいけない時間。

この段階でいきむのはなぜダメなのか?

赤ちゃんは本来母体の準備(子宮口が開く)のに合わせて少しずつ下がってくる。

この段階でいきんでしまうと、まだ子宮口が開いていないのに無理やり赤ちゃんが押し出される(下に押し付けられる)状態になってとても苦しい。

仮死状態になってしまうこともある・・・指示があるまでいきむのは絶対に我慢。

分娩第二期の注意点

分娩第二期とは子宮口全開から赤ちゃん誕生まで。

「3回目に息を吸って少し吐いてからそのままいきむ」等と冊子には書いてあるが、実際強い陣痛の中ではそこまでするのは無理だと思われるので、収縮がきたら二回深く深呼吸をし、3回目吸ったところで止める。

プールや海で、たくさん泳ぐ時もぐる前のイメージ。

たくさん空気を吸い込んで、一気に長くいきむのがポイント。

いきむときに大事なこと

一番大事なのは、カカトに力を入れること。

分娩台の足置き台に足を乗せ、そこを思い切りカカトで蹴るイメージ。

試しに、普通に椅子に座って床をカカトで蹴ってみる(力を入れる)と良い、内腿に力が入るはず。

この姿勢だと下半身に力が入り、ぐっといきむことができる。

逆につま先に力を入れてみると、ふくらはぎに力が入る。

この姿勢だと体が反って下半身に力が入らず、しかも足がつる。

次に大事なのは、体を丸める(ヘソをのぞきこむ)体勢になること。

しかしお腹が大きい状態でその体勢をとるのはかなり苦しい。

そのため、手を使う。

いきんでいる最中の手は、体を丸めるための支えだと思ってほしい。

分娩台には握れるところがある、力の入れ方はこう!

new_resized_01 (3).jpg
まっすぐ握って、脇を開くイメージ。
逆にこうなってしまうのは×!

new_resized_01 (4).jpg
手の向きを外にすると、顔がポッと上気する。

顔に力が入り、体が反っている状態。下半身にいきめていないので×

痛くて体が反るとつま先に力が入り、足がつる。

且つ顔に力が入って毛細血管が切れ、顔がブツブツになる・・・と最悪な状態。

よくドラマなどで見る顔を真っ赤にして踏ん張っているイメージは捨ててほしい。

赤ちゃんが産まれるため必要な3つの要素

  1. 陣痛がある
  2. 子宮口が開く
  3. 赤ちゃんの頭が下がってくる

陣痛がないとお産は進まない。

陣痛が弱い・止まってしまった場合は促進剤で陣痛を起こすことでお産を進める。

子宮口が開いていない場合は、子宮口を柔らかくする薬を使うことでお産を進める。

赤ちゃんの頭が下がってこない場合は、帝王切開となる。

赤ちゃんの頭が出た後、最後はいきまない!

これは赤ちゃんのためではなく、母体のため。

子宮は通常(妊娠前)は卵一個分の大きさ、そこから出産時までに巨大化している。

赤ちゃんが出た後急激に収縮することで血流を抑え、一気に大人の両手握りこぶし分くらいのサイズになる。

が、うまく収縮することができないこともあり、その場合蛇口をひねったように大量の出血をする恐れがある。

この時いきむとさらに良くない。

最後は手を胸の前で組み、力を抜いて「ハッハッハッハッ」と浅く呼吸する。

あまり難しく考えなくても、力を抜けばOK。

スポンサーリンク

予定日まであと少し!

いざ本当に陣痛で苦しんでいる時、これをどこまで思い出せるかは謎ですが・・・

具体的ないきみ方のイメージなんかは参考になるなぁと思いました。

立ち会ってる時に私が痛くて反ってたら、横で旦那に「かかと!!」って叫んでもらったら思い出せるかなぁとか笑

予定日まであと一か月半!

あぁー近づいてきています・・・

追記

実際の出産時、この時聞いておいたことがめちゃめちゃ役に立ちました!!

特にいきみ方!!この話を思い出したらぐっといきむことができ、スムーズに進みました。

出産準備についてはこちら!

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク