まだ産後2週間の新米かぁちゃんですが、とりあえず現時点で「これは買っといて良かった!」「使える!」というものをざざっと紹介します!!

ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース そのまま保管

これに関しては「買っといて良かった!出産後便利グッズ紹介~産後2週間編~」にも書いたのですが、哺乳瓶の消毒を『電子レンジのスチーム消毒』と『薬液消毒』どちらのやり方でもできるというのが便利ポイント。

フタ外せるし、そんなに場所取らないし、消毒めんどくなったら哺乳瓶ケースとして使えばいいし。

元々保育園で働いている時に使っている園が多かったので何の気なしに選んだのですが、いざ退院後の生活が始まって使ってみると「これにしといて良かった!!」ってかんじでした。

実際に生活が始まってみないと、レンジ消毒が良いとか薬液消毒が良いとかわからないと思うので・・・

事前に準備するなら、両方に対応できるものだと安心かなぁと思います。

エクリチュール『おむつ替えを20秒短縮できるおむつポーチ』

おむつポーチの出番は、外出するようになる1ヶ月以降のはずだったのですが。

分娩入院から退院して次の日に息子が発熱、その翌朝に病院に急行しそのまま入院・・ということになってしまい、早速大活躍となったのがこのおむつポーチでした。

エクリチュール おむつポーチの良いところは、

  • ポーチにおしりふきが収納できる&1枚ずつシュッと出せる
  • おしりふきの部分に蓋(ビタット)を付けるから乾かない
  • ポーチの7柄×ふた20種で組み合わせ自由、見た目もカスタマイズできる

というところ。

『おむつ替えを20秒短縮できる』という売り文句通り、いやそれ以上の効果かも!?本当に使いやすいです。

外出中のみならず、家の中でもメインの部屋から移動するときに使ったりしてます。

あと、サンプルとかおまけでもらったおしりふきはケースがなく出しにくいので、このポーチに入れて使い勝手アップ!ちなみに私のは、夫も一緒に使うことを考えてシンプルにこんなかんじ↓

IMG_8064.JPG

追記
ビタットのフタが開く向き、逆の方が使いやすいです。ポーチが開く側に向かってフタも開くよう付ける!その方がおむつ替えをする時にスムーズでしたー

ちなみに、ビタット自体の粘着はちょっと弱くて取れやすかったりするのですが、市販の両面テープで付けると丈夫になっていいです☆(ポーチの販売ページにも書いてあります)

新生児用おむつ(グーン)6枚入れたところ

IMG_8065.JPG
外側にもポケットがあります。おむつ替えシートとか、替えてる間に子どもの気を紛らわすための玩具など、先に出したいものを入れておくのに便利だそう。

持ち手はスナップ式、ベビーカーとかにも付けられる便利仕様。

IMG_8067.JPG
通常のビタットと、ワンタッチで開くビタットプラスが選べます。

私のはビタットプラス。これ、めっちゃ便利です。

ちなみにビタットにはこんなかわいいデザインのもあるようですー

付け替えたらさらにカスタマイズ自由・・そこまで高くないし、テンション上がりそうw

スポンサーリンク

pearhead手型足型フォトフレーム

ペアヘッド ベビープリント・フォトフレームは、手型と足型を写真と一緒に入れられるフォトフレーム。

「付属のクリーンタッチインクパッドでお子さまの手や足に直接インクをつけずに手形・足形がとれます」

と書いてあるのですが、どういうこと??とよくわからないまま購入。

結果、これはマジで買い!!『付属のクリーンタッチインクパッド』というのがこれです。
IMG_7817.JPG
柔らかいセロファンのような。ムニムニした感触。こちら側にはインクが付いていないので触っても汚れません。

手型足型を押す時にはこちら側に押し当てます。

IMG_7818.JPG
こちらがインク面。指で押してるところが突き出ています。力がかかった部分だけインクが付くようになってるのねー

やった後はこんなかんじになります(インク面)

IMG_7815.JPG

産まれてからできるだけすぐの手形足型を取っておきたかったのですが、絵の具を塗るのは大変だし、専用のスタンプ台を使っても新生児の手を開いて取るのはなかなか大変そうだし・・・と悩んでいました。

ペアヘッド ベビープリント・フォトフレームにして大正解!!ほんと、業者の回し者かよってかんじだと思うんですけど、ほんとにおススメです。

時間なくても気軽にとれる!

足の方が取りやすいので、まずは膝に乗せて足型からやってみるといいと思います。手は握ってることが多いのでちょっと取りにくいですが、固い板状の物の上にインクパッドを置いて、手の下にスッと差し出すかんじにすると取りやすいかと。

慣れれば一人でもいけます。こんなかんじでキレイに取れました!


セットには4枚カードが入ってるので、失敗できるのは手足合わせて2回。とはいってもカード自体はただの白画用紙なので他の物で代用できます。

少しずつインクが付かなくなっていきますが・・できるだけ違う箇所で型を取るようにすると結構使えます。ためしに取れるだけ取ってみました。こんなかんじー

IMG_7878.JPG
手軽に、安全に、一生の記念が残せて、お値段¥3,240! 税込送料無料!!

自分がめちゃ満足してるので、ものすごく推しますwww

あ、一応、注意点が2つ。

  • W43×D1.5×H24cmなので、結構な存在感あります。だがそれが良い(と思えるなら無問題)
  • インクパッドサイズはW5.5×H9cmなので結構ちっちゃい。新生児サイズです。それより大きいとお手手が入りきらないかも

この2つが問題ない方はぜひ!私は退院前日に病院から注文しました!

ちなみに違う形のもありますーこちらは写真が2枚入ります!

手形足型とは別ですが、ネームバンドが入るっていいな・・・同じところの商品、買おうか悩んでます・・・

pearhead(ペアヘッド)
¥2,700 (2018/09/20 02:38:13時点 Amazon調べ-詳細)

2017.10.25 追記

ネームバンドフレーム、我慢できず結局その後すぐ買いました(笑

中に入れる写真がKGサイズ(Lより一回り大きいサイズ)だったのでなかなか印刷する機会がなく、ネームバンドだけ入れた状態で置いてあったのですが・・・

先日、夫が写真を現像するというのでその機会に一緒にやってもらいました!

夫記事【『しまうまプリント』で子供の写真を現像してみた!アプリでラクラク注文!】

じゃじゃーん!

めっちゃかわいい!オサレ!!すーごく気に入ってます!!こちらもかなりおすすめアイテムです!!

どの穴を使っていたのかわからなくなってしまうのが残念だったので、マスキングテープを小さな三角に切って目印を付けています(中から3つ目)

2017.11.5 追記

インクに触らなくても手形足形が取れるインクパッド、フレーム無しの単品で売っているのを発見しました!

出しているメーカーは違うので、全く同じとは言い切れないのですが・・・画像で見る限り、作りは同じだと思われます。

フレームがないぶん値段も安かったので、手形足形フレームで悩んでいらっしゃる方はこちらを買って、お安めな可愛いフレームを自分で買ってきて入れるというのも有りかと思います!!

シルコットのウェットティッシュ

ウェットティッシュってなんかもったいない気がして、手洗えばいいじゃんって思ってたんですけど。入院中の身動きが取れない頃にお世話になり、よくある円柱型のズズズーッと繋がってくるやつと違ってシュッと1枚ずつとれるこのケースがすっかり病み付きに。

それが退院後の今!大活躍です!

息子が家にやってきて、なにせ夜中に起きる。パイをあげなきゃいけない。その時におむつも替えなきゃいけない。

もちろん毎回手を洗うのがベストなんですけど、行けない時もあります。特に息子の場合は吐き戻しが多く、飲んですぐは目を離したくない場面も。

そんな時にこのウェットティッシュ。便利。おしりふき使ってもいいんですけどね。

除菌とかの使いたいなら、ウェットティッシュは自分用とか分けてもいいんじゃないかなーと思います。(おしりふきはとにかく体に優しいを優先で作られてるしねー)

ベビーワセリン

健栄製薬
¥629 (2018/09/20 08:58:02時点 Amazon調べ-詳細)
新生児ちゃん、なにせ肌が弱い。息子も退院してきてすぐにおしりが赤くなってきました。

空きボトルにぬるま湯を入れて少し流してあげたりとかもしてるんですが、それにプラスしてワセリンで皮膚を保護。何もしないより少し良くなった気がします。

自分がアトピー持ちなこともあり、皮膚にはできるだけ気を使ってあげたい・・病院で教わった『綿棒浣腸』をするときにも、ベビーワセリンが使えます。

綿棒浣腸のやり方は「【出産前後情報まとめ2】入院グッズや産後の生活と、退院後の生活リアル事情!!」へ。

【番外編】パパに読んでおいてもらう、産後生活についての本!!

出産する本人ですらよくわかっていない産後の生活。旦那さんはきっともっとハテナでいっぱいだと思います。

お互い慣れない生活だし眠れないし疲れるし・・頑張って一緒に生活していこうと思っても、どこを頑張ればいいんだかわかんないってこともあるんじゃないかと。

我が家はこのままいくと揉めるのが目に見えていたので(笑)、妊娠中から読みやすそうな本を選んではピョイッと夫の手が届くところに置いて、読んでくれるようお願いしていました。

その甲斐あってか?産後2週間の今、夫めちゃめちゃめっちゃくちゃ頼りになります。

マジで気が利く。息子のお世話とか家事とかも、私のメンタルフォローも。すごいです。

少しでもイメージ膨らませるためにも、妊娠中から本見たり、感想を二人で話したり!おススメです!!

出産・育児ママのトリセツ 「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ

個人的にはこの本、妊娠中からとにかく「あるあるあるわかるわかるわかるううううう」の連続でしたw

「妻が愚痴った時には、アドバイスをしてはいけません」

「あなたに求められているのは、大変だよねと共感し相槌をうってあげることだけです」

「産後にパパがしてくれた“嬉しかったこと”の聞き取りをしてみたところ、一番多かったのは『話を聞いてくれたこと』でした」

などなど!!

とにかく具体的などうする、こうする、こういうのはダメ、などがたくさん書いてあるので、

「奥さんの力にはなってあげたいけどどうしたらいいかよくわかんない」

「なんかわかんないけど地雷踏んでる」

みたいなパパさん(プレパパさん)に特に役立つのではないかと思います。

ちなみにこの本に書いてあったことで我が家に一番役立ったのは、

『妻に責められて、逃げたいときは、黙って家事』

「妻の話に相槌を打って要約することも、共感することもできない。そんな時は、黙って家事。とりあえず洗い物でもして『あなたの敵ではない』ことを態度で示してください」

妊娠中から、どうしても二人の思いがすれ違ったり、行き詰ったりしたときはよく『黙って家事』してくれました。それを見ると「あぁ、頑張ろうとしてくれてるんだな・・」と思って気持ちがリセットできたり。申し訳なかったなって思えたり。

すごくわかりやすくて有益なアドバイスでした。

ちなみに夫の感想はというと、

「文字が多いからちょっと読みにくい(←活字大の苦手。漫画しか読まない)」

「でも、具体的なアドバイスが多いから実践しやすい」

「『産前産後パパがしてくれてうれしかったこと』『今日からできるお世話&失敗あるある』などのコラム記事は、読みやすかったしイメージしやすかった」

だそうですー。

あ、あと「この本のイラストさ・・奥さんがいつも怒ってるんだよね・・ヒナもこんな風になるのかって、俺結構怯えてたよ・・」とゆうとりました笑

そう言ってくれてるってことは、今の私はそこまでの怖さではないのかなー?でもそれくらい、色んなことが起こるんだ!って覚悟しといてもらうのは悪くない気がしますよね!笑

産後が始まった!夫による、産後のリアル妻レポート

夫曰く「一番読みやすかった」というマンガ。

『夫婦の溝はここから始まる』『おかず、これだけ?』『パパの、家事を手伝います発言は危険!』などなど、想像するだけであぁあーと言いたくなるような話がいっぱい笑

我が家はkindleに入れておいて、通勤時間に読んでおいてもらいました。さくっと読めて、リアルにイメージできる。なかなか役立ったようです。

助産師さん呼びましょうか?

妊娠初期・中期・後期・分娩・産後と5冊に分かれています。これも全部マンガなので読みやすかったようです。

個人エピソードというかんじなので「参考になるー」というよりは「こういう人もいるんだなー自分はどうなるかなー」と少し客観的に読める本。

どちらかというと、妊娠中の方がよく読んでいましたが・・やっぱり漫画というのは夫に読ませるには便利。笑

まとめ

以上、産後2週間の現時点で「買って良かったー!」「あって良かったー!」と思えるものたちです。リアルに使って良かったものだけ集めたので、よろしければぜひ!!

スポンサーリンク