こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(fa-twitterhinamama_cm)です。

これは私自身がずっと悩んできた、

みんな、どうやって"子ども仕様"の部屋に変えていったの?

という疑問に答えるための記事です。

赤ちゃんと一緒に退院した後、どこでどんな風に生活すればいいのか?

子どもの成長に合わせて、どんなスペースを確保していったらいいのか?

オシャレ雑誌のようなキレイな部屋ではなく、ありのままを記録しています。

我が家のリアルが、少しでもお役に立てれば嬉しいです😄

【退院から数日間】ひたすら寝室で過ごす

出産後、家に帰ってしばらくの間はひたすら寝室。ベビー布団にネンネで過ごしました。リビングにはたまに抱っこで行くくらいだったかな。

大人の布団とベビー布団を並べ、よく一緒に寝ていました。

私の髪の毛がやばいですね・・・これもまたリアルということで・・・

ベビー布団の選び方は?

ベビー布団は妊娠中に買って準備しておいたのですが、購入する時はかなり悩みました。

ベビー布団、物によってかなり高いんだけど・・・きちんとしたセットを買っておいた方がいいの?

たまごクラブなどの雑誌・アカチャンホンポなど店舗で配られる冊子には

が載っていて、もうこれを買うしかないのか・・なんて思っていたのですが。

ある日、保育士仲間でもある先輩ママに相談すると・・・

友人
うちは2000円の安い敷布団だけど、それで十分だよー

友人
真冬じゃなければ、掛け布団はバスタオルでいいし!敷布団とシーツさえあればなんとかなる!

と言われ、目からウロコ!!

その結果、購入したのがコチラ↓

我が家が購入したもの

以上。本当に最低限です。

出産予定日が4月後半だったこともあり、掛け布団もこの時点では購入せず。

実際、掛け布団はバスタオル代用で十分でした!肌寒い日はバスタオルを二重にすればOK。掛け布団は本当に寒くなってきてから買い足しました。

いずれは必要になりますし、事前にセット購入しておくのも勿論あり!ですが、妊娠中はまだよくわからないことも多いので

まずは一旦、最低限のものを揃える

で、十分かなぁと私は思います😄

【0~3か月】ねんね期

家での生活に少しずつ慣れてきた0~3ヶ月頃の我が家は、こんなかんじでした↓

洗濯物がソファに置きっぱなしなあたりがリアル!😂

散らかっていて何がなんだかわからないかんじですが・・・一応解説しておきます。

 

  1. 寝かしつけ時・遊ぶ時どちらも便利なバランスボール
  2. お昼寝用のせんべい座布団
  3. 遊び用のベビージム
  4. たまに気分で乗せてみるスマートスウィング

    4の「スマートスウィング」はこちら↓

    「寝かしつけに効果抜群!」という宣伝文句に惹かれて購入しましたが、息子には効果なし😅

    といっても、

    • 授乳やミルクの後はスマートスウィングへ。吐き戻しにくくなる
    • ユラユラして気分転換ができる

    ということで、便利に活用することができました👍

    スポンサーリンク

    【4~5か月】寝返りコロコロ期

    寝返りが始まると、せんべい座布団ではスペースが足りなくなってきました。

    というわけで、ベビースペース用のマットを購入!170×170cmの大きめサイズです。

    四つ折りができるので、写真のように一面を折り上げて使うこともできます。

    日中は基本的にこのマットの上でコロコロしていてもらって、お昼寝の時はマットにせんべい座布団を広げてねんね。

    とても落ち着いて過ごすことが出来ています。

    ベビーマットの選び方

    ベビーマットを選んだPOINT
    • ぴったりサイズのベビーサークルがある
    • 大きめサイズで、サークルをつけても圧迫感を感じにくい
    • 掃除がしやすい

    このマットは、同じシリーズのベビーサークルの中にすっぽりはまるようになっています。

    息子がハイハイをしたり歩き始めたりしたときのことを考え、サークルとセットで使えるものを選びました。

    170×170cmは大きすぎかと悩みましたが、結果的にはこれが大正解!

    大人も一緒に寝転べるサイズ!サークルの中でもゆったり遊べます

    サークルをつけてからの様子は「赤ちゃんはリビングでどう過ごす?我が家の部屋作り変遷②(その場グルグル&寝返り移動)」で詳しく説明しています😄

    子どもの動きが少ない間は、半分に折って使うことも可能!

    この状態でサークルを付けることもできちゃいます!

    あまりに大きすぎたらどうしよう・・と不安な方も、これなら少し安心できるのでは♡

     

    そしてとにかく、掃除がしやすい!

    これが私にとっての最重要ポイントでした。

    ヨダレや吐き戻しなど、派手に汚しても大丈夫!染み込まないので、タオルやおしりふきで拭き取ればキレイになります。

    ジョイントマットと違って隙間(溝)が少ないので、そもそも汚れにくいです!

    しっかり掃除したい時は、赤ちゃん用品もOKの「水の激落ちくん」をスプレーして拭き取っています😉

    マットの下に掃除機をかけたい時は、こんな風に立てておけばOK!↓

    子どもが大きくなったらかくれんぼにも使えそうですね😄

    追記

    紹介していたマットが売り切れてしまったようです。

    別メーカーから販売されていた、同サイズ・同スペックの商品を紹介しておきます。

    赤ちゃんスペース=ジョイントマットがいい?

    赤ちゃんスペース=ジョイントマットだと思ってたんだけど、こういうマットの方がいいの?

    そう、赤ちゃん用のスペースって「ジョイントマット」の印象がすごく強いですよね。実際、保育園でも使っているところが多いです。

    ジョイントマットのメリット◎
    • 必要スペースに合わせてサイズ調整ができる
    • 汚れた部分だけをはずして掃除できる

    サイズを自由に決められるというのはとても便利。自分でカットして合わせたりもできますし、自由度は高いです。

    が、ジョイントマットにはデメリットがあります・・・

    ジョイントマットのデメリット×
    • 掃除しにくい
    • 子どもに剥がされやすい

    「掃除しにくい」というのが、個人的には大問題。

    • マット全体をどけて掃除機をかけたい!と思っても、一枚一枚がベリベリ剥がれてくるのでなかなかうまくどけられない😣
    • ジョイント部分(隙間)に汚れが溜まりやすい、隙間なので掃除するのは大変

    特に隙間の汚れはすごいです。ホコリ・ゴミ・よだれ・吐き戻しetc...どんどん隙間に入ってしまいます💦

     

    さらにもうひとつ「子どもに剥がされやすい」

    特にサイドパーツはもう、確実にやられます。

    ↑の画像では「無駄な隙間を作らないのでお掃除もらくらく」と書いてあるのですが・・・そもそも隙間にゴミ溜まるしなぁ、子どもに剥がされるしなぁ・・・

    ということで、個人的にはあまりジョイントマットはおすすめしません😣

    ジョイントマットを選ばれる場合は、せめてマス目の大きいものを是非!

    我が家の部屋作り変遷①まとめ

    ベビー布団・ベビースペースのマットなどなど、買い揃えるものはたくさん。

    赤ちゃんとの生活、何かとお金がかかります💦

    いろいろな情報を参考に、削れるところは削って・使うところにしっかり使って、うまくやりくりしていきたいものです😂

    私の記事も、そのために少しでもお役に立てるよう願っています!

    続きはこちら→赤ちゃんはリビングでどう過ごす?我が家の部屋作り変遷②(その場グルグル&寝返り移動)

    スポンサーリンク