こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。今年もヒナスイッチをよろしくお願いいたします😊

2019年の初記事は、前に紹介したダイソンについて。

壁に穴を開けず、市販の2×4材を使って壁掛けする方法です!

「賃貸だから壁に穴を開けられない」

「新築に傷をつけたくない」

そんなあなたも、このやり方ならダイジョーブ!

「電動ドライバーってどうやって選ぶの?ツーバイフォーって何?」
そんなDIY未経験の私たち夫婦のがんばった記録です😜

用意するもの

2×4材

まず必要なのが、壁に立てるための木材です。

「2×4(ツーバイフォー)材」という断面が約38×89mmの木材を用意します。

木を買うとか無理!そもそも買い方がわからん!

いきなり投げ出しそうになったのですが、「2×4材」というのはDIYの世界ではすごくメジャーなものらしい。ホームセンターで言えばすぐわかってもらえます。

これを設置したい場所の高さ-40mmにカットしてもらいます。

切り口は隠れるのでトゲトゲしていても大丈夫。ヤスリをかけたりする必要はありません。

ネットでも買えますが、カットするのが大変なので頼んだほうが良さそう。我が家はハウスメーカーさんに頼んで用意してもらいました。

ディアウォール

次に用意するのは「ディアウォール

2×4材用のパーツで、片方にバネが入っています。

木材の上下にはめ込んで立てると、天井と床の間に突っ張って固定される仕組み。

先ほど「2×4材を設置したい場所の高さ-40mmにカット」と書いたのは、このディアウォールを使うため。

商品説明では「-45mm」が推奨されていますが、クチコミを参考に5mm短くしました。

参考記事:壁に穴を開けられない賃貸でもディアウォールでダイソン掃除機を壁掛け設置してみる│CuriousBox

ちなみにブラウンもあります。

電動ドリル・ドライバー

木材に穴を開けたりネジを打ったりするので、電動ドリル・ドライバーは必須です。

うちは今回このために購入しました😅

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

ドリルとドライバーの一体型なのですが、意外と安くてビックリ!

ドリル用の刃も入っているので、これさえ買えばそのまま使えます。

「ドリル刃は別売り」という商品も多かったので注意!

ネジ

ネジはホームセンターでこちらを購入。

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

長すぎると2×4材を突き抜けてしまうのでご注意ください。

そもそも、壁付けパーツあるならネジも入れといてよダイソン・・・

「壁の種類によって使えるネジが違うから」ってことで付けてないらしいけど、正直不便だよね

穴あけなしのダイソン壁掛け方法

材料がそろったところで、いざ作業開始!

2×4材にディアウォールをはめ込んで立てる

用意した2×4材の上下にディアウォールをスポッとはめ、壁に押し当てるようにグググッと立てます。

うまく写真が撮れず、立てたあとの写真なのですが・・・こんなかんじ。

拡大してみます。まずは下。

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

すっぽり木材がハマっているのがわかります。

次に上。こちらにバネが入っていて、壁と天井の間に突っ張ることができます。

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

すごく単純な作りですが、意外にしっかり固定されていてビックリしました。ちょっと揺らしたくらいではビクともしません。

木材にペンキで色付けしておく人も多いようです

位置を決め、穴を開ける

ダイソンを設置する位置を決め、ネジの位置に鉛筆で印をつけます。

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

ここで電動ドリルが登場。

ネジが入りやすいよう、グイーンと穴を開けておきます。

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

貫通しないように注意!不安な時は床に降ろしてからやった方が良さそう。

しっかりネジの長さ分の穴を開けておくのが大事。

でないと我が家のようにあとで苦労することになります・・・

コードの準備

ここで一旦、壁掛けブラケット側の準備をします。

このコードを、

壁掛けブラケットの裏に通して、

赤丸のところから充電できるようにします。

壁につけてしまうとコードが通せなくなるので、先にやっておくのをお忘れなく。

壁掛けブラケットをネジで固定する

穴を開けたところに壁掛けブラケットを合わせ、ネジで固定します。

穴の深さが足りないと、ここでネジが入りません!

我が家は途中で進まなくなってしまい、若干ガタついたまま使うことに・・・

後日、ハウスメーカーさんにインパクトドライバーで打ち込んでもらいました。

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

ダイソン壁掛け完成

完成形がこちら。

充電する時はななめに差し込んで、

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

ガチャンと壁側に押すだけ。

ダイソン 壁掛け ディアウォール ツーバイフォー 2×4材

今までは毎回コードを抜き差ししていたので、とっても使いやすくなりました!

スポンサーリンク

結論:穴を開けたくない人は専用スタンドを買おう

作業を終えてみての感想はというと、

専用の収納スタンドを買ったほうがいい!

ここに尽きます😅

正直そんな気はしてました。

だって6,000円くらいで買えるし!ダイソンのノズル収納できるのめっちゃ便利やん!

今回は木材をタダで譲ってもらえたので、少しでも安く済ませるためにこのやり方を試しましたが・・・

よほどオリジナルにこだわる方以外は市販品をオススメします😅

以上、はじめてのDIYレポでした。

スポンサーリンク