こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(@hinamama_cm)です。

先日、長年検討し続けてきたダイソンコードレス掃除機を買いました!

細かい性能などは家電専門サイトにお任せしまして、「実際に赤ちゃんがいる家でダイソンを使ってみたらやばかった件」について少しお伝えしたいと思います。

『恐怖の白い粉』を見たら、あなたももうダイソンを買わずにはいられないはず・・・!?😂

ダイソンV8フラフィを買いました

我が家が買ったのはこれです。

Dyson(ダイソン)
¥41,473 (2018/10/18 21:51:23時点 Amazon調べ-詳細)
「ダイソンコードレスクリーナー」と言っても実はいろんな商品があり、

  • ゴミを吸うヘッド部分
  • 付属品
  • 掃除機本体の性能アップデート

などなど細かな違いで分かれていて、ものすごくわかりにくいんです。家電大好きな私ですら、「ちょっと意味わかんない」ってなりました・・・

そんな中、我が家が買ったダイソン V8 Fluffy (フラフィ) は、『2017年12月現在のダイソンコードレスクリーナーで一番新しいやつ(V8)の、基本セット』です。

専門家じゃないのでわかりませんが、たぶんそんなかんじです。

フローリングとか普通のカーペットとかをメインに、ごく普通に掃除するよ。布団とかソファもできると嬉しいな

っていう人向けです。たぶん。

ちなみに他の商品はどんなものかというと、

  • ペットがいるおうち向け
  • 付属品がいっぱい付いていて便利

とかそんなかんじかな。雑でスミマセン。

とりあえず、我が家が買った掃除機はこんなかんじです。

付属品も全部出してみるとこんなかんじ↓

フラフィは付属品が少ない方なのですが、それでも「何が何だか??」ってかんじですね。笑

それぞれ細かい説明は公式さんにお任せするとして、とりあえず、

  1. ソフトローラークリーナーヘッド(メイン。フローリング・カーペット掃除用)
  2. ミニモーターヘッド(カーペットやソファ・布団など、布製品用)
  3. 隙間ノズル
  4. コンビネーションノズル(すきま掃除・ブラシと二通りの使い方ができる)

が付いています。

他の付属品は、普段の掃除においてそこまで重要なものではないので割愛。

ちなみにいわゆる『型落ち』モデルの「V7」「V6」もあります。安くなりますが、その分一回の充電で使える時間が短かったり、音がうるさかったりします。

Dyson(ダイソン)
¥50,094 (2018/10/18 21:51:23時点 Amazon調べ-詳細)
Dyson(ダイソン)
¥38,500 (2018/10/18 21:51:24時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、ベビービョルンのハイチェアも買ったばかりだというのに、どうして今ダイソンに手を出したかというと、

12/31までキャッシュバックキャンペーンをやっていることを知ったからです!!(→終了しました)

キャッシュバックの金額は商品によって変わります。今回買ったV8フラフィだと5000円がキャッシュバック!これはでかい。

ということで、楽天お買い物マラソンで貯めてあった楽天ポイント15,000円分をぶっこんで買いました。

赤ちゃんの生活でダイソンコードレスクリーナーを使ってみて思ったこと

ではでは、ダイソンコードレスクリーナーを使ってみた感想・ゴミの取れ具合について書いていきたいと思います・・・衝撃画像が出てきますので、ご注意下さい。

『白い粉』がめっちゃ取れる!!!!

使い勝手やコードレスの便利さなど色々書きたいことはあるのですが、何よりまず『白い粉』問題について書かなくてはいけません。

「ダイソンを使うと『白い粉』が大量に取れる」というのは、前にネットで見た口コミで知っていました。

『白い粉』の正体は「ハウスダスト」

調べれば調べるほど痒くなる情報ばかり出てきます。ダニの死骸とか・・・・ウゥゥ

いやいやでもね。実際やってみないとわからないじゃないですか。本当にそんなの取れるの?どうなのよ?と。

というわけで、リアルに我が家を掃除したあとのゴミの写真を晒します。覚悟して下さいね。

ギャァアアアアアアアアアアアア

・・・・・赤ちゃんがいる家にオススメというからには、ベビー布団にも使ってみましょう。布団は結構洗濯してるし、ちょいちょい干したりコロコロしたりもしてるし、大丈夫だよね、ね・・・

結果がコチラです。

ひぃいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!

あああ・・・ショック・・・・・

ちなみに、ゴミは手元のこの部分に溜まっていくので、使っていてやばいのはすぐにわかります↓

おそろしい・・・・取れるのは嬉しいけど我が家の汚さが怖い・・・・

ぬいぐるみにも使うといいらしいです。今度やってみる・・・またショック受けそうだけど・・・

『コードレス』って、すごい

・・白い粉の衝撃を引きずってるんですけど、気を取り直して次に・・・

コードレスっていうのはやっぱすごいです。

今まではコード式のスティックタイプ掃除機を使っており、今回初めて、コードレス掃除機を体験しました。

この開放感はヤバイです。

今までの人生において『掃除機=コードがあるもの』なので、使っていると思わず後ろを確認してしまうんですよね。

コード大丈夫かな?あれ?そうだ、コードレスだった!!

この快適さに慣れるまで、結構かかりました。

また今までは掃除機を使う度に、

  • コードを伸ばす
  • コンセントに繋ぐ
  • 後ろを気にしながら掃除機をかける(届かない時は近くのコンセントにつなぎ替える)

という流れが必須でした。

それがコードレス掃除機になると、

  • 充電から掃除機をはずす
  • 掃除機かける(どこでも行ける)

ただそれだけ!!!この差はめちゃめちゃでかいです。

「すぐに使える」という楽さから、掃除機を使うことへのハードルがめちゃめちゃ下がります。

「お風呂に入る前に洗面所に掃除機かけとこー」とか、「部屋に髪の毛落ちてるの見つけた、ここに掃除機かけるついでに部屋中やっちゃおー」とか。

今まではクイックルワイパーでなんとか誤魔化していたところが、同じ感覚で掃除機を使って掃除できます。

ササッと出して使えるので、子どもをヒップシート(ポルバン)で抱っこしたまま使うのも便利です!

コードを気にしながら、ひっかけないように危なくないように・・・とやっていた今までと比べると、とにかく楽&安全に使えるようになりました。

 

ダイソンには壁にネジで取り付けるタイプの充電器(収納用ブラケット)が付属されています。が、我が家は賃貸なので壁に穴を開けることは出来ません。

「壁に付けられないと使い勝手が悪い!」という口コミも前に見たことがあり、それでずっと悩んでいたのですが・・・結局、ソファと壁の隙間で充電&収納しています↓

この場合、コードから本体を外して、使うヘッドをガチャっと合体させればOKです。ヘッドを取り付けるのも面倒なら、本体とヘッドを付けたままコンセントに繋いでおくのももちろんあり。

壁に付けるのと比べれば使い勝手は少し落ちるのかもしれませんが、今までコードありタイプを使っていたことを思えばじゅうぶんです!!

ちなみに、ダイソン専用クリーナースタンドも販売されています。

追記

読者さんに「ギタースタンド ダイソン」と検索すると面白い収納方法が見つかると教えていただきました。

ちょっと使ってみたいです。

音が静か!!

掃除機を買う時は『音』も気になりますよね。

購入前に調べたところ、

  • 型落ちモデルだとうるさい
  • 新モデルのV8は静か

という口コミをよく見かけました。

私が実際にダイソン V8 Fluffy (フラフィ) を使ってみた感想は、

今まで使ってたスティックタイプの掃除機より全然静か!!

ほんとにこれ吸えるの?大丈夫??

です。

きちんと吸えているのか不安になったくらい、静か!

音としては「ウィーン」というかんじです。うるさくないことで、またさらに掃除機をかけるハードルが下がります!!

動かす感覚はおもったより全然軽い

ダイソン購入にあたっていろいろと調べてみたのですが、最近の掃除機は『自走式』といって、使っている時に自分で前に進んでくれるタイプが多いです。

よくダイソンとの比較で出てくるのはこちら↓

実際にお店で試しに使ってみたこともあり、これも魅力を感じていました。

それでもやっぱりどうしてもダイソンが欲しい!吸引力への興味!!

そんな思いで自走式を諦めてダイソンを購入した私。でも、いざ使ってみると、

あれ、ダイソンも結構動かしやすい!

ダイソンもお店で使った時は「まぁ普通だな」と思っていたのですが、改めて家で使ってみるとかなり使いやすい。「自走式じゃないと重くてダメだよ!!」と聞いていたけれど、そこまで重さは感じません。

というか、今まで使っていた掃除機より、ダイソンの方がはるかに軽い。

ヘッドに入っているモーターブラシが回転していることで、少し前に進むように感じるのかもしれません。ここは嬉しい誤算でした。

ダイソンコードレスクリーナーの良くないところ

そんなステキなダイソンにも、もちろん弱点はあります。

ダイソンコードレスクリーナー、正直言って本体は重いです。さらに手元が重く、肩が凝ります。

それから、海外製品なためかスティック部分が長いです。身長165cmの私でもやや長く感じるので、身長が低めの方はもっと使いにくいかもしれません。

 

でも。でもね、もうさっきの『白い粉』のショックが大きすぎて。

いろいろと調べてみると、ダイソンからはDyson V6 Mattress+など布団クリーナーも販売されています。白い粉対策という面では、布団クリーナーだけでも買う価値があるかもしれません。

スポンサーリンク

結論:ダイソンコードレスクリーナーはマジでやばい

今回は「ダイソンコードレスクリーナー」について書いてきました。

正直お高いし、早々簡単に手が出せるものではありません。

実は私も、何年も悩んだ末の決断でした・・・でも今、買って良かったと本当に思ってます。

  • コードレスだから、思い立ったらすぐ使える
  • 手元でゴミが取れた量を確認できる
  • とにかく吸引力がすごい!!

掃除機をかける気になります。むしろ楽しくなってきます。

掃除嫌いの私にとって、「掃除が楽しくなった」それだけで大いに買った意味があったと思っています!!

以上、【赤ちゃんがいる家庭にオススメというダイソンコードレスクリーナーを買ったらマジでやばかった件】でした。

しかしホント・・白い粉はヤバイ・・・

Dyson(ダイソン)
¥41,473 (2018/10/18 21:51:26時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク