こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

今回は「絵本カバー」について。絵本を買うとついてくる外側のピラーンです。

付けたままだと子どもにビリビリにされちゃうけど、外しても特に使い道がないまま溜まっていく・・なんて声を保護者さんからよく聞きます。

でもそれじゃあもったいない!!

今回は「保育士流・絵本カバーの活用法」第一弾をお伝えします

絵本カバーだけじゃなく、おかしやおもちゃのパッケージも使えますよ!!

絵本カバーを壁に貼ってみよう

さっそく、保育園でよく見る絵本カバー活用法!それがこちらです。

シンプルにただ切り抜いて壁に貼る!

今回は夫がお気に入り絵本「まるさんかくぞう」のカバーを使いました(仮止めなので端が浮いてます)

¥929 (2018/10/21 19:06:01時点 Amazon調べ-詳細)

貼る位置はもちろん自由ですが、子どもが見やすいところだとより良いと思います。

成長に合わせて考えると、

  • ねんね:抱っこで目線が合う高さ
  • 腹ばい・ハイハイ:床に近いところに

というかんじ。

あえて見つけにくいところに貼って「あったー!!」を楽しむ、かくれんぼ遊びも楽しいです

棚の横・テーブルの下などに隠すと楽しいです。破って食べてしまわないよう、あくまで大人の目の届く範囲で楽しんでくださいね😊

誤飲防止や再利用を考えると、先にラミネートしておくのもオススメです。

100均に手動でラミネートできるフィルムも売っていたので、探してみるのもありかも。

クリアファイルに入れて貼り付けるのもありです!

今回はビニールテープを丸めて二箇所留めただけですが、ちゃんと使う時は壁用の粘着剤で四隅をしっかり留めるといいと思います。

この方法だと、ヨダレがついた手でベタベタ触っても安心!

絵本カバーの遊び方

「これ知ってるよ!」という喜び

壁にイラストを貼ることで何がいいのかって、とにかくまずは「かわいい」。

ただ、それだけじゃない良さがあるんです!

子どもにとって「自分が知ってるもの」って、特別な存在なんですって。

大人にとっては見慣れたこの世界も、子どもたちにとっては知らないものだらけ。そんな中で「あ!あれ知ってる!!」っていうのは子どもにとってすごく嬉しくて特別なこと。

だから、大人が発見できないような小さな「バス」や「アンパ○マン」を目ざとく見つけ出せるんだそう

(もっと知りたい!という方はぜひ神田先生の本を↓)

だから、「絵本に出てきたものがお部屋にいる」それだけで子どもにとってはすごい感動なんです。

一生懸命に絵を指さして“これ知ってるよ!”と教えてくれたり、「あった!ぞーしゃん!(ぞうさん)」なんてお話してくれたり。

ただ「絵本カバーを切り抜いて貼る」それだけで楽しい!
これを使わない手はないです!

遊びに発展させてみよう

保育園では、この楽しさをさらに「あそび」に発展させていきます。

たとえば、

保育士
よーし!今日はぞうくんのところまでお散歩に行ってみよう!

なんて声をかけたり。

現実はただ「隣の部屋に行くだけ」なのですが(笑)、子どもたちにとってはワクワクする時間に早変わり!

「ぞうくんに会いに行く」という目的を持って移動するだけで、とっても楽しく過ごすことができます。

 

バリエーションもいろいろあります。

  • 「今日はゾウくんみたいにノッシノッシしながら行こうか!」→ハイハイでお散歩
  • 「ゾウくんと一緒にお弁当たべよう!」→おままごとで作ったお弁当を持ってピクニックごっこ

などなど。

マンネリになってきたら、絵を貼り替えればOK!

動物・食べ物・乗り物などなど、絵が変わると遊び方も新しくなります😊

寝る時・食べる時など、生活シーンにも応用

壁に貼った絵本カバーは、毎日の生活にも役立てることができます。

たとえば、寝室にゾウくんを貼っておいて・・・

ねんねイヤー!!

保育士
そっかぁー
もしかしたらゾウくんが待ってるかもしれないから、ちょっと見てくるね!

保育士
大変!
ゾウくんね、○○くんが来ないからさびしいよーって!!
会いに行ってあげてくれる?

なんて声をかけることで、スムーズに寝室に行けたりすることもあります。

ねんねが苦手な子には『ねんねの絵本』というように、場面にあった絵本のカバーを使うのもありです。

試し読みはコチラ(リンク先「ちょっとためしよみ」をクリック)

壁に貼った絵本カバーを子どもと一緒に見ながら、

保育士
ワンちゃんもねんねしてるねー。 ○○ちゃんもねんねだねー

なんて話しているうち、自分で寝るモードになってくれることも多いです。

他にも、こんなパターンがあります。

【ごはんが進まない子に】

あ!ももんちゃんが、あーんってしてる!! ○○ちゃんもあーんできるかなぁ
試し読みはコチラ(リンク先「ちょっとためしよみ」をクリック)

※歯磨きが苦手なお子さんには裏表紙を。試し読みに出てきます

【トイレに行きたくない子に】

ノンタンと一緒にチッチできるかなぁー?
試し読みはコチラ(リンク先「ちょっとためしよみ」をクリック)

いろんな場面で、少しずつ絵本のパワーを借りるイメージ。このほんの一工夫で、もしかしたら生活がぐんと楽になる“かも”しれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「絵本カバーの活用」について紹介してみました。

ただ切って貼るだけですが、メリットはたくさん!

  • 余っているカバーを使うからお金がかからない
  • 切り抜くだけなので楽(むしろ切らなくてもOK)
  • 遊びにも生活にも応用できる

そしてそして、

  • 絵本カバー以外でも同じ使い方ができる

というところです😊

お菓子やおもちゃのパッケージなど、お子さんが好きなものを自由に活用できます!

効果がなくてもすぐに飽きてしまっても、余っているものを使うなら問題なし!

余分なお金がかかるわけではないので、気軽に試せるのが何よりのメリットかもしれません😁

ぜひぜひやってみてください♡

以上、【保育士かーちゃんの絵本カバー活用①ただ壁に貼るだけで、遊びも生活も楽しくする方法】でした!

スポンサーリンク