保育士かーちゃんの絵本カバー活用②100均ファイルに入れるだけ!簡単シールあそび

前回の【保育士かーちゃんの絵本カバー活用①ただ壁に貼るだけで、遊びも生活も楽しくする方法!】の記事に反響いただいて、すごく嬉しいHINAです!

絵本を買うと付いてくる外側のピラーンを、せっかくなら活用しちゃおう企画。

前回は壁に貼り、そこから声掛けの仕方で遊びや生活に発展させていくアイディアについて書いてみました。

第2弾の今回も難しいことは一切なし!ただ100均のファイルに入れるだけの、簡単シールあそびについてですー

材料

  • 絵本カバー
  • 好きな色のビニールテープ
  • 100円均一などに売っている硬めのクリアファイル

今回はダイソーで買ったこれを使います↓

横から書類を差し入れるタイプのファイルです。

調べてみたところ、こういう硬くて横から入れるタイプのファイルは「カードケース」と呼ぶそうです。

作り方

ファイルの中に、好きな絵本カバーを入れます。

ファイルの上から、好きな長さに切ったビニールテープを貼ります。

完成。

ビニールテープを剥がしたり貼ったりして遊びます。

・・・・

え?それだけ?って声が聞こえてきそうです!!

でもちょっと待って!このあそびのすごさを説明させて下さい!!笑

シールあそびって何?

そもそも「シールあそび」とはなんぞや、と。

「シールあそび」は、保育園だと1歳前後から取り入れているところが多いです。

「シールを台紙から剥がして、貼り付ける」ただそれだけのことですが、子どもにとってはとても大変で、そしてとても楽しい遊びです。

「シールを台紙から剥がして、貼り付ける」ためには、

  • 目で見たものを手で操作する、連動能力(『手と目の協応』と呼びます)
  • 手先の器用さ
  • 集中力

など、いろいろな力が必要です。

前に【【手作り玩具】フェルトのボタンかけお魚さんの作り方】の記事の中でも書いたのですが、手先を使うことは子どもの発達の上でとても大切です。『指先は第二の脳』とも呼ばれ、手先を使うことはただ器用になるだけでなく、脳にも全身にも影響して様々な力を伸ばすことにつながります。

楽しく遊びながら発達のために大切な力を育てていくことができるので、シールあそびは「教材」として大事にしているところもあります(『モンテッソーリ教育』とか聞いたことある方もいらっしゃるかも?こんなかんじでセットが売っていたりします↓)

と、ここまでは保育士っぽいことを書きましたが、

そういった難しいこと抜きに、単純にシールあそびに大人にとって大きなメリットがあります。

時間がつぶしやすい!!(笑)ここです。

もちろん、集中力には個人差がありますが、その子が好きなものが題材になっていたりすると、結構長く遊んでくれることが多いです。

ご家庭では、こういったシールブックなんかがよく使われているかと思います。

そんなシールあそびを!

『余っている絵本カバーで』やってしまおう!というのが今回の企画です(笑

「絵本カバーでシールあそび」の良いところ

シールブックという専用グッズがあるにも関わらず、あえて絵本カバーでシールあそびをするメリットについて語ってみます。

とにかく簡単、安上がり

これはまぁ言わずもがなですが。

ファイルとビニールテープさえ準備すればOKだし、難しい工作とか一切必要なし!!

中身を入れ替えれば、また新しく遊べる

その時々で余っているカバーを入れれば、また新しいシールブックを買ったような感覚に!

中に何枚か挟んでおいて、飽きてきたら入れ替えるようにするのも楽です。

難易度が変えられる

はじめのうちはなかなか難しいので、端の方を少しめくっておいてあげると剥がしやすいです。

黒のビニールテープでやったらわかりにくくなってしまいましたが・・指差している部分を少しめくっています。

その子がどれくらいできるかに合わせてめくっておけばOK。調節が簡単にできます(長めにめくっておけば、結構簡単に剥がせます)

簡単に剥がせるようになってきたら、テープのサイズを小さくすることで難易度を上げることができます。

ビニールテープに絵を描けば、さらに遊びが広がる

ただ貼って剥がすだけでなく、そこから遊びを広げることもできます。

例えば、ビニールテープにお魚さんを描いて

絵本カバーにいる動物さんに食べさせてあげる、なんていうのも楽しそうです。

調べてみると幅広のビニールテープというのも売っているそうなので、それにいろんな絵を描き、オリジナルシール風に使うのもいいなぁ。

もっと遊べる一工夫

ここまで、絵本カバーの活用について書いてきました。

ここからは、せっかくならこのシールあそびをもっと発展させてみようということでもう一工夫。絵本カバー活用からは離れてしまうのですが(笑)、せっかくファイルを用意したならこんな遊びもどうでしょうということで。

じゃん。

これだけ見るとなんのこっちゃ、ってかんじなんですけど。

ファイルの中に水色の色画用紙を入れてみました(ちょっとシワ寄ってるけど)

大人からするとただの水色の四角ですが「海だよ―」「池だよー」と子どもにお話したら結構盛り上がるんじゃないかと思います(さっき思いついたので、まだやったことはないのですが(笑))

今回は簡単にお魚さんにしましたが、例えば緑のビニールテープを貼って海藻にしたり、幅広のビニールテープに大きくタコさんやカメさんを描いたりしても楽しそう。

それから、この色画用紙に丸を描いて・・・

お池ができました。


赤いお魚さん、こっちの池においでーってする?

こっちのお池にはお魚さん何匹いるかなー?

なんてお話しながら遊べると、楽しみながら色や数を覚えていくキッカケにもなると思います。

他にも、

  • 木のイラストを描いて、リンゴをペタペタ
  • 道路を描いて、車をペタペタ
  • とりあえずビニールテープにアンパン○ンを描いてひたすらペタペタ

などなど、アレンジは色々。凝ったイラストが描けなくてもなんとかなりそうなアイディアを私も探しています(笑

ポイント・注意など

  • ビニールテープじゃなくても良いんじゃないの?と夫に言われたのですが、セロテープだと取れなくなるし、マスキングテープだと耐久性が足りません。ビニールテープだと、結構な回数を貼ったり剥がしたりしても持ちます
  • あまりに長い時間張りっぱなしにしておくとベタベタするかもしれませんが、数日間放っておくくらいでは全然大丈夫でした!
  • ビニールテープのカラーバリエーションも結構あるようです。カラフルだとまた遊びも広がりそう

※シールあそび全てに共通して言えることですが、間違ってお子さんが食べてしまわないよう十分に注意して下さいね!!必ず大人の目が届くところで楽しんで下さい☆

【こんな記事も書いてます】

今回は、一応保育士として今までやってきた勉強&経験の積み重ねで、私なりに「これはこうしよう」「こういうのはやめておこう」と考えていること、やろう...
先日、何気なくTwitterを見ていて、ある本の存在を知りました。 子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法 posted...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あるママのノートから~保育士2年目の忘れられない思い出~

壁面装飾の作り方!自己流ポイント&コツまとめ

今まででダントツ一番の激ハマりおもちゃが、100円で作れた件。

【段ボールに貼るだけ】ペタペタコーナー作ってみた【手作りおもちゃ】

【手作りおもちゃ】フェルトのボタンかけお魚さんの作り方

【ハロウィン衣装】ミシンいらず!30分あればできる子供用かぼちゃパンツの作り方!