ぱんぱかぱーん!

息子が今日で6か月になりました。

おめでとう。本当におめでとう。

毎日すくすく大きくなってくれて、ありがとう。

とにかく不安で長く感じた生後1か月

6か月前の今頃は、まだ病院のベッドで強くなっていく陣痛に耐えている頃です。

あの時からもう半年。いや、まだ半年。

産後一ヶ月間は、発熱やら何やらでとにかく不安不安不安の毎日・・・

一日一日を過ごすのが必死だった気がします。

とにかく早く新生児期が終わってくれ、この弱々しすぎる生き物お願いだから早く育ってくれ、そんな気持ちでいっぱいでした。

『新生児期は尊い』

『あとで振り返ると、もっとあのかわいさを味わうべきだった』

そんな声を耳にしながらも

いや無理。

とにかく新生児の間にまた熱が出たらどうしようと不安でたまらなかったんです。

生後29日を迎えた日、本当にホッとしたのを覚えています。

まだまだ小さくて弱い息子だけど、とりあえず新生児期は抜けた、って。

本当にあの1か月間は長かった。

2か月目からは早い!ビュン!と過ぎていった毎日

生後1か月までのノロノロ感が嘘のように、そこからは毎日がビュン!と過ぎていきました。

どんなに写真を撮っても、動画を撮っても、少し前の息子にはもう会えない。

たまにたまらなくさびしく感じてしまうくらい、愛おしい日々でした。

あと、撮影しすぎると自分の目で見てあげられない。あぁもうジレンマ(笑

毎月、いや毎週毎日、どんどん成長していく息子。

今日はこんなことができるようになった、今週の初めはできなかったのに週末にはこんなに成長してる。

そんな風に日記を見ながら振り返ると、毎日すくすく大きくなってくれていることに何とも言えない感動を覚えます。

手書きの日記はすーごいグチャグチャだけど、それでも書き続けてこれたことが宝物だな。

スポンサーリンク

夫を大好きだと思える幸せ

私と、夫。

結婚して、たくさんケンカもして、本当にダメになりそうなことも何度もあって。

でも、息子の妊娠をキッカケに2人で努力し、向き合い、親としてここまで来ることができました。

今、私は夫のことが大好きです。

息子と夫が笑いあっているのを見るのが、何より幸せ。

最高のとーちゃんでいてくれる夫のことを、パートナーとして本当に大切だと思える。

夫を愛していると日々実感できる。

それは、本当に幸せなことで。

これを書きながら涙がボロボロ出るのは、この幸せが『当たり前』では決してないことを、私自身がよくわかっているからなんだと思う。

ここまで来るのは、本当に大変でした。

でも、頑張ってきて本当に良かった。

夫にも、過去の自分にも、ありがとう。

母としての私の『ハーフバースデー』

妊娠中から今まで、Twitterと、このブログを読んでくださる方に支えられてやってきました。

特にTwitterは、常に人との交流が溢れていて、色んな感情が流れていて、あったかくて素敵なところです。

でも、色んな感情が溢れているからこそ、自分を褒めてあげづらいことってありませんか。

「私、これをこんなに頑張ったよ!すごかったよ!」と発信する時、「じゃあ他の人は頑張ってないってこと?」とか「この書き方じゃあの人を傷つけるんじゃ?」とか。

「子育て楽しい!」と発信したら、「今しんどい人がつらくなるんじゃ?」「嫌な思いさせてしまうかもしれない」とか。

言葉は諸刃の剣で、誰かの気持ちを支えることもできるけど、突き落とすことも簡単にできてしまう。

それがたまに怖く感じたりします。

でも、自分で自分を認めてあげることも大切だよね。

他の人を貶めるつもりも、努力してないという気持ちも全くありません。

ただ、他者との比較ではなくて私自身が、頑張った。

今までいろんなことがあったけど、この半年間が今まで生きてきた中で一番幸せ。

本当に毎日楽しくて、嬉しくて。

子どもの性格や体質・夫との関係・実家との距離や関係、いろんなことが複雑に絡まり合って、みんなそれぞれの環境で良いこともしんどいこともあって、その中でみんな頑張って生きている。

人のことを認めて、すごいよ、がんばってるよって声をかけるのは大事。

でもそれ以上に、自分のことを認めて、思いっきり褒めてあげるのもすごく大事だ、絶対そう。

頑張ってきた自分、妊娠中から今まで息子のために必死で生きてきた自分、本当にお疲れ様。

息子のハーフバースデー。

母としての私のハーフバースデー。

息子にも自分にも、夫にも、画面の向こうでこれを読んでくださっているあなたにも、ありがとう。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク