親になって9ヶ月半。

人生で、一番『病院』を検索していると思います・・・

自分はちょっとくらい体調が悪くても「まぁ大丈夫っしょ」と放置で乗り切ってしまいますが、我が子はちょっとしたことでも本当に不安になりますね。

今回は息子の発熱についての記録です。

発熱は2回目ですが、1回目は新生児期だったため即入院・看病は病院にお任せした形で・・・

家での看病は、今回が初めての体験でした。

初回からいきなりの40℃オーバーということでかなり心配しましたが、無事に復活!!

インフルエンザも疑いましたが、結果から言うと「風邪」でした。

今日はいつも通り元気いっぱいによく笑ってくれて、一安心です😂

どなたかのお役に立つことを願って、発熱の経過・事前に備えておいて助かったものなどを記録しておこうと思います。

(もちろん「この記事が役に立たない」=「元気に過ごせる」のが何よりなんですけどね!!)

発熱の経過

まずは発熱の経過について。

今回、熱が上がるのはとにかく早かったです。

「やけに鼻水が多いな、おかしいな」と思った時点では微熱レベル。

そこから機嫌が急降下し、一気に熱が上がっていった形でした・・・

小児科受診までをザックリと表にしてみました、こんなかんじです。

1/29(月)

15:30 37.3℃ お昼寝から起きてくると、透明な鼻水がダーダー。機嫌は良い
17:00 38.3℃ 触ったかんじが明らかに熱くなってくる
21:50 39.0℃ 脇を保冷剤で冷やす
23:00 39.8℃ 抱っこでウトウト

1/30(火)

0:00 40.1℃ 高すぎて親が焦る
2:30 37.8℃ 鼻が苦しいようで何度も起きる
6:00 37.5℃ 濁った鼻水がダーダー。機嫌は良く、体もそこまで熱くない
9:00 37.0℃ 小児科受診

小児科でインフルエンザの検査をしましたが陰性。

おそらく鼻水から来る風邪でしょう、と粉薬を処方されました。

「インフルエンザの検査は発熱から24時間以上経過しないと信憑性がない」と聞いたことがあったので先生に確認してみたところ、

発熱から12時間以上経っていれば反応すると思います。今回は全く出ていないので、大丈夫ですよ

とのことでした。

ちなみに今は発熱から6時間で検査できるキットもあるんだとか・・・でもかなりお高くて、置いている病院はごく僅かなんだそうです。

小児科受診の時点で熱は下がり始めており、そこから少しずつ機嫌も良くなって落ち着いていった形でした。

40度を超えた時はさすがに焦りましたが、食欲があり水分もしっかり取れていたので・・・なんとか落ち着いて対応できたように思います。

買っておいて良かったもの

この数日間について、こんなツイートをしました。

ここからは、この4アイテムについて語っていきます!

スマイルキュート(電動鼻吸い器)

今回何より活躍してくれたのは、この電動鼻吸い器「スマイルキュート」でした。

今回は鼻から来る風邪だったため、とにかく鼻水がダーダー。

まだ鼻をかむこともできないので、ひたすら垂れまくり・・・

そんな時このスマイルキュートでシュポッとすれば、効果は絶大です!!

一度吸ってしまえばしばらくは垂れてきませんし、何より本人が明らかにスッキリした表情になります。

鼻水が邪魔して食べづらそうだったり、寝ようとしてもジュビージュビーと苦しそうに鼻を鳴らしていたり・・ということが何回もあったこの数日間。

普段は吸われるのを嫌がらない(むしろ自分から鼻を差し出す)息子なのですが、今回は詰まっていて苦しいせいか、「ギャァアアン!!」と泣いて抵抗・・・

でも、吸い終わればスッキリ!!!!

鼻を拭かれるのも嫌でかなり抵抗するので・・・それよりはシュポッと吸ってしばらく垂れてこない方が、快適に過ごせる時間は長いと思います。

めっちゃ嫌がられるけどね!!!!

ちなみに、口で吸うタイプの鼻吸い器も使ったことはありますが↓

吸うのが大変なのと、「大人が菌をもらうことが多い」と聞いて電動タイプを購入していました。

これ、ほんとお高いだけの価値はあります・・・!!

電動鼻吸い器でいちばん有名なのは「メルシーポット」な気がするのですが↓

買う時にいろいろ調べた結果、「スマイルキュートの方がお手入れがしやすい」らしいです。

私はそれを決め手にスマイルキュートを購入しました。

スマイルキュートで鼻水を吸った後は、先端のこの「吸引キット」だけを取り外して↓

きれいに洗ったら、消毒液(ミルトン、ハイターなど)にポチャン。

この時は、使っていないお椀に入れてます。

お手入れはこれだけで終了!

今回は風邪のウイルスを警戒してこまめに消毒していましたが、普段はさらに手抜きで水洗いのみだったりします。

公式ではこんなかんじで説明されていました↓


メルシーポットと使い比べたわけではないですが、私はスマイルキュートで大満足しています!!

脇の下専用ちょいパットアイス(保冷剤)

だいぶ前に買っておいた『脇の下用の保冷剤』も、今回大活躍してくれました。

『脇の下用』というのはどういうことかというと、ゴムベルトを使って脇の下に保冷剤を固定できるようになっているんです。

こんなかんじです↓

黄色い部分に保冷剤を入れ、リュックを背負うような感覚で装着すればOK。

体型に合わせて長さが調節できるようになっています。

前に保育園で使っていたのを思い出し、購入しておいたのが役立ちました。

後ろから装着するせいか、息子は特に気にならない様子・・・嫌がることなく付けていてくれました。

小さな保冷剤なので一時間程度でぬるくなってしまいますが、冷えすぎるのも怖いしちょうどいいのかなと。

保冷剤は2セットついているので、ぬるくなったら取り替えればOKです!

調べてみると、他のメーカーさんにも同じようなものがありました!

ヒップシート(ポルバン+シングルショルダー)

発熱中はとにかくグズグズ抱っこマンだったので、ヒップシートがなかったら腕が死んでました。

ヒップシートについては、今までも何度も記事に書いているので省略しますが・・・

本当に、便利です。

一人で機嫌よく遊ぶ時間がずいぶん増えてきた息子ですが、夜泣きや発熱の対応にはやっぱりヒップシートが必須!!

しみじみ、買っておいて良かったです・・・・

あ、完全に余談ですが、息子がもう少し大きくなったら使ってみたいアイテムが最近また増えました↓

抱っこ補助用ベルト!!

ヒップシートの弱点『かさばる・持ち運びがしにくい』という部分を払拭してくれそうなアイテムです・・・!!

今いろいろ調べ中。

これはいずれ買ってしまいそうな気がします。

ストローマグ

熱が高い間は、ストローマグに湯冷ましを入れ、こまめに水分補給をするようにしていました。

ストロー練習、地味に続けといて良かった・・・

リッチェルのおでかけストローマグ、食洗機に入れてガンガン洗えるので便利です。

こぼれにくいし、かわいいし!

水分補給は授乳でも良かったのですが・・・

抱っこ抱っこモードの時は、乳を引っ張り出すよりマグを差し出す方が早い!

抱っこのままチューっと飲んでくれるので、とにかく助かりました。

まだ微妙に口からこぼす時もあったのですが、スタイをして飲ませれば問題なし!

2日ほど飲み続けていたせいか、熱が下がる頃にはストロー飲みも上手になってゴクゴクいけてました😂

余談ですが、付属のハンドル(持ち手)は使わないまま・・・本体を自分で持って飲めるようになりましたよ!

スポンサーリンク

備えあれば憂い無し・・・

最近、

「もう生後9ヶ月。そろそろ突発性発疹が来るかも?インフルエンザになったらどうしよう・・・」

などなど色々心配はしていましたが、やっぱり苦しそうな我が子を見るというのは本当にツライものですね。。

今回の脇の下用保冷剤もそうですが、やはり事前に備えておくのが大事だなぁと思いました。

また、今回は利用しませんでしたが、

「いざとなったらファストドクターに夜間往診に来てもらおう!!」

と思えるだけでもかなり心強く、冷静にいられたような気がします。

こういったサービスや、救急など緊急時の連絡先を常に把握しておくのも大事ですね・・・

今はすっかり元気な息子。

私と夫は睡眠不足でフラフラですが、週末まで頑張って乗り切りたいと思います・・!!!

以上【初めての風邪】生後9ヶ月半、40度超え発熱の記録でした!

スポンサーリンク