保育士かーちゃんが思う『保育園見学のポイント』

先日、ついに私も『保育園見学』に行ってきました。

今までは保育士側でお母さんお父さんに挨拶してきた立場だったので、なんとも言えない不思議な感覚に・・・

でもいざ案内される側になってみたことで、

  • どこを見ればいいの?
  • 質問ありますかって言われたけど、具体的に何を聞けばいいの?

となる感覚がよーくわかりました。あれ、何がなんだかわかんないまま終わりますね・・・

というわけで今回は、自分が保育園見学に行った時の様子を踏まえながら、具体的に『見学時のポイント』になりそうなことを書いてみようと思います。

前にも軽く書いたことはあるのですが(保育園のメリット・デメリットと『園選びのコツ』~初マタ保育士の葛藤~)今回はもう少し詳しく、実際保育園ではどんな生活をしていて、どういう部分が子どもたちの毎日に関わってくるのかを書いていきます。

「こういう保育園はダメ」ということではなく、
「こういう可能性があるかも」「こういうところを見るのもありかも」というかんじで少しでも参考になればと思って書いているうちに、どんどん長くなってしまいましたヾ(_ _*)スミマセン

これを読んで、じゃあ自分はここが気になるなーとか、ここは聞いてみようかなーなんて考える参考にしていただければ嬉しいです。

※私が勤めてきた保育園や、保育士仲間から聞いた話を元に書いています。全然違うところもあるとは思いますので、ご了承下さい。

※保育園では「○歳児」という言い方が使われます。例えば0歳児さんはその年度の間に1歳になる子たち細かい数え方は調べていただいたほうが確実です(笑)

園長の対応

私が行った保育園では、見学の対応はすべて園長先生が行っていました。

  • 最近の保育園事情(こども園への切り替えについてなど)
  • この保育園がこだわっているところ

について簡潔に話してくださった後、

「じゃあ自由に見学していただいてOKです!」というなんとも大盤振る舞いな(?)フリースタイル。

自由に見ていい=見られて困るところはない、ということかな?すごい自信だなぁと(笑)それだけ自分の園に自信を持っていらっしゃるということなら素晴らしいなぁと思います。(その日だけめちゃめちゃ気合入れるように通達してあるという可能性もありますが。笑)

乳児(0ー2歳児)の部屋など入りづらいところは案内してくださったり、随時質問に答えてくださったりというフレンドリーな空気でした。

「保護者さんに保育士として1日園生活をしてもらう『保育参加』もやってるんですよ。一昨日は2名ほど来てたかなー」

なんて話もしていらっしゃいました。

そういう各クラスの事情もある程度園長が把握できているんだなぁという印象。こういうのは大事かなぁと思います。

園長は普段から現場と関わっているか

保育園によっては、

  • 園長は運営に関することしかやらない
  • 見学の案内時は「こんな保育をしてます」と話すが、表面的なことのみ。実際の現場にはノータッチ。知らない

というところもあったりします。

それはそれでダメというわけではないですが、園長の方針で保育園のやり方というのは決まることが多いので、現場を把握していない人がトップだと「それは違うんじゃ?」となることも多いのは事実で・・・

『園長がやりたいこと』と『現場に必要なこと』が離れていき、険悪になって一斉に何人もの保育士が辞めたなんていう園もありました。(「ヨコ○ネ式をやるか否か」とかね・・)

そのあたりを踏まえて、個人的には

『園長が現場と普段から関わっているか』

というのが結構重要な見極めポイントだったりします。

園長の話しぶりから、普段の子どもたち・保護者さんたちの様子を知っていそうかどうか、なんとなく察することができると良いかなぁと思います。

園長が園内を歩いていて、子どもたちとの会話があるかというのもひとつ目安になるかもしれません。

普段から子どもたちとの関わりが多い方なら、子どもから「園長先生何してんのー?」なんて声をかけられたり、園長先生が「お、○○ちゃん今日髪の毛結んでるんだねー」なんてさり気なく話しかけたりすることもあるかも。

なかったらダメということではもちろんないですよ!!あくまで一つの目安です!

園庭(運動場)について

園庭の有無・広さ

園庭の有無・広さは子どもたちの日々の遊びに直結します。

「必ず園庭がなくてはいけない」「狭いのはダメな保育園だ」という気は全くありませんが、例えば園庭がないならその分の外遊びはどう確保しているのか(普段はどこで遊んでいるのか)確認しておいた方が良いように思います。

体を動かすという面に関して言うと、体育館(ホールと呼ぶことが多いです)や屋上などのスペースも活用しているところが多いかと思います。

が、そういうスペースがほぼないところもあります(体操教室のときだけ子どもたちがいる部屋をひとつ空ける、というパターンもありました。本来その部屋にいる子たちは、その時間だけ違う部屋に入れてもらって対応する形でした)

園庭がない場合

園庭がない園も幾つか勤めたことがありますが、基本的には近くの公園や広場に遊びに行くことで対応していました。

園庭がない代わりに(?)毎日必ず散歩に行くという園もありました(行かない日は理由を保護者との連絡ノートに記載する決まりで「雨だったので」「行事の練習があったので」など書いていました)

近くの公園などを園庭代わりに使う場合、あくまでそこに行くのは『お散歩』ということになってくると思います。保育園生活で散歩に行けるのは、基本的に午前中だけです。(午後はお昼寝、おやつ、夕方からは随時お迎えと慌ただしいので)

園庭がある園は夕方でも外遊びがしやすいはず。なので、そこは考えておいてもいいかと思います。実際にどうしているかは各園次第ですが・・・

園庭が狭い場合

園自体の規模にもよりますが、ある程度園児がいるのに園庭が狭い場合はおそらく『各クラス順番に使う』という形が多いかと思います。

曜日ごとに割り振っている場合・時間ごとに区切っている場合など、やり方は色々でした。

前述したように体育館や屋上などを各クラスで譲り合って、なんとか体を動かして遊べるように頑張っている保育士さんたちは多いです。

雑草はあった方が良い?

今回私が見学した保育園の園庭は広く、遊具もかなり大きなものが用意されていました。

植物もところどころに植えてあり、端には雑草もチラホラ。雑草って見た目はあまり良くないのかもしれませんが、子どもの環境としてはあった方が良いと個人的には思っています。

前に『自然とのふれあい』をうたった保育園に勤めたことがあります。園庭を囲むフェンスの外側には園長ご自慢の花壇があり、いつも季節の花々が咲いていました。

砂遊びをしていてよくあるワンシーン、カップに砂をぎゅぎゅっと詰めて、ひっくり返して「ケーキ!」そのにお花や葉っぱを飾り付けて遊ぶのは、どこの園でも定番の遊びです。

フェンス越しに花壇の花には触れます。でも、キレイに植えてある花をちぎるのは×。園庭内には雑草は一切ありません。園庭から一歩出れば下に落ちた花びらを拾えるのですが、そのチャンスはめったにありませんでした。

ちなみにこの園では、砂場に水を入れるのも禁止。いつもサラサラの砂で、飾る植物もなくて・・・遊びの幅がずいぶん狭められているように感じて、残念だったのを覚えています。



お部屋はどんなかんじ?

「お部屋はこんなかんじですー」と案内されても、園によって全然違いますし、そもそも保育園としての『普通』がどんなかんじかわからないですよね・・・

おもちゃ

例えば「どんなおもちゃで遊んでいるか(置いてあるか)」とか見てみると良いかもしれません。そこに入園しなかったとしても、単純にその年齢にあったおもちゃってどんなかんじなのかなぁと知る機会になるかもしれませんし。

めったにないこととは思いますが、おもちゃがあまりにキレイすぎるようだとあまり遊ばせてもらってないのかも?あくまで可能性なので、ただ単に新品にしたところかもしれませんが!(笑)

あと、子どもが遊びやすいような片付け方をしているか、というのも園によってかなり違いがあります。

0歳や1歳の部屋で子どもから全く見えないような形でキレイにしまい込まれている場合、遊びにくいんじゃないかなぁとか・・・まぁここまで細かく見る暇はあまりないような気がしますが・・・。

絵本

おもちゃのところと見方はほぼ同じですが、絵本がどんな風にしまってあるかというのも私はちょっと気になります。

0歳児さんだとさすがにまだ小さいので保育士が管理(上にしまってある)ということもあり得ると思いますが、1歳児さんくらいになったら自分で手に取れるところに絵本を置いてあげたいかなぁと。今までにいた園もそんなかんじが多かったです。

子どもの手が届かない所にきれいな絵本がたくさん並べてある、なんていう場合は「今から絵本見ようね」という形で保育士が出しているのかも?普段から自由に手に取る形ではないのかもしれません。

(読み聞かせ用に、何冊かきれいな本を子どもの手の届かないところにキープしてあるという場合もあります)

もし気になったら、軽いかんじで聞いてみるのもありかもしれません。「家でも絵本って子どもの手が届くところに置いといた方がいいんでしょうかー?」みたいな聞き方をすれば、嫌な対応はされないはず!(逆にこれで嫌な返し方されるようなら、その園はやめた方がいいかも・・・)

保護者の荷物

お部屋の中や廊下に、子どもたちの荷物掛けやロッカーなんかがあると思います。

ロッカーの中を覗くのはさすがに無理ですが(案内の時に見せる保育園もあります)、荷物掛けなどあればチラッと見ておくと「ここに入園したらこんなかんじで毎日荷物を持ってくるんだな、持ち帰るんだな」というイメージを持ちやすくなるかもしれません。

あ、紙オムツなのか布オムツなのか、汚れたものは保育園側で処理してくれるのか保護者持ち帰りなのかも重要ポイントですね・・・!!

その他

今回私が見に行った園は、乳児さんのお部屋がちょっとした庭スペースに通じていて、抱っこですぐにそこに降りられるようになっていました。

庭といっても本当に廊下くらいの細いスペースでしたが、小さいうちは保育室内で「ウギャー!!」と泣き出してしまうと他の子も落ち着かなくなり、次々連鎖して泣き出してしまうということも・・

それを考えると、少しだとしても外の空気に触れるスペースが確保されているのは魅力的だなぁと感じました。

掲示物をチェック

職員の対応は見学のときだけ“猫をかぶる”こともできますが、クラスだよりや保護者向けの案内書きなどは普段通りだと思われます(まっすぐにしたり、張りっぱなしにしてたものを整理したりはするかもしれませんが(笑))

今回行った園では

  • クラスだより
  • 園だより
  • 給食だより
  • 保護者保育参加(1日保育士体験)の希望日書き込み
  • 「連絡ノートの追加は○円です」など案内

などが貼ってありました。

他にもいろいろと保護者向けの案内が貼ってあることは多いのでチラッと見ておくと、そこに入園したらこんなかんじなんだなぁというイメージが持ちやすくなると思います。

幼児さんはどんな子たちか?

我が子がまだ小さい(0-2歳)の場合、保育園見学の時に気になるのはやはり同じくらいの子たちがどんな生活をしているかだと思います。

今回の園見学時、夫も言っていました。

夫

大きい子じゃなくて、赤ちゃんの方がもっと見たいなー

実際、今この子をここに入れたらどんな風に見てもらえるのか。それはもちろん気になります。めちゃめちゃ気になります。

でも、そこはちょっと切り替えて、幼児さんたちも意識して見てほしい!

一度入園したら、引っ越しなどよほどの事情がない限り、基本的にはその園でずっと大きくなっていくと思います。見学に行った時の幼児さんたちの姿は、我が子の数年後の姿です。

子どもたちはどんな環境でも思い思いにしっかり育っていきますが、園の方針・指導の仕方である程度その時点での姿は変わってきます。

  • どんな子たちが多いかな?
  • のびのびしたかんじ?かっちりしたかんじ?
  • 挨拶のかんじはどうかな?
  • どんな風に遊んでるかな?

また、幼児さんたちに対して保育士がどんな風に対応しているかも見れるとよりわかりやすいかもしれません。

私が見学に行った園では「わー!赤ちゃんかわいい!」とたくさんの子たちが寄ってきてくれて。保育士は近くで様子を見ながら、見守ってくれていました。しばらくして「じゃあ赤ちゃんにバイバイしようねー」と声をかけてくれ、子どもたちと一緒に保育室へ。

ここで例えば「今は○○の時間でしょ!」と部屋に戻るのを促す保育士さんもいるかもしれないし、その時の子どもたちの反応でなんとなく普段の保育士と子どもの関係が伝わってくるなんてこともあるかもしれません。

「先生の言うことをピシッと聞けるのがすごい」と感じる方もいれば、「ある程度のびのび自由に大きくなってほしい」という方もいるかと思います。

幼児さんの姿が、数年後我が子がこうなって欲しいなーと感じられるような姿だと、少し安心して預けられるかもしれません。

給食

掲示物のところに少し書きましたが、給食のメニューや雰囲気もつかめると嬉しいですよね。入園したらこれから毎日我が子が食べていくご飯、気になります・・・

見学のタイミングによっては『展示食』が出ているところもあると思います。今日のご飯はこんなだったよーって。

玄関入ってすぐのところにこれがある園は、お迎えの時間にその展示食を見ながらお子さんと話している場面をよく見かけます。

「これおいしかったー」「全部食べたよ!」

などなど。園によっては展示食の近くにレシピが書いたメモを置いてあったりもします。こういうのは入園してから嬉しいポイントかなと思います。

離乳食の時期だと、中期食・後期食というように分けて展示してあることもあります。どんな形状の物をどの程度食べればいいのか、目安がわかってありがたいという保護者さんからの声がよく出ていました。

今回私たちが見学に行った時は午前中で、まだ給食は準備中。調理真っ只中の給食室を少し覗かせてもらいました。

お盆にずらっと給食がよそられていましたが、給食室で配膳をするのはアレルギー食のみだそう。他の子たちは各部屋で配膳するため、食べる量や好き嫌いに合わせて調節ができて好評とのことでした。

配膳を各部屋でするか、給食室でするかというのもまた保育園によって違います。

園長先生曰く、

  • 給食は弁当と違って薄味にしやすい(弁当だと日持ちの関係上濃くなりがち)
  • 個人に合わせた量を配膳することで完食しやすく、子どもたちが「ちゃんと食べた」という満足感を感じられる

とのことでした。

テレビについて

夫

え?テレビがある保育園なんてあるの?!

と夫がビックリしていましたが、保育園にテレビ、結構あります。

と言っても、私が元いた保育園にはなかったし『保育園でテレビを見せる』というのを考えたこともなかったので、初めは驚きました。

使い方は保育園によって様々です。
たまに「いないい○いばぁっ」などのビデオを見せて一緒に体を動かして遊ぶ、というところもあれば、
17:00以降にまだお迎えが来ていない子は全クラス一部屋に集めて、毎日「おか○さんといっしょ」を見せるというところも(『延長保育』と呼ばれる時間です)

(後者の園は30人以上が一度に見るため、立ち上がったりすると「見えないー!!」となり・・・「ちゃんと座ってみなきゃダメ」という決まりでした。でも見ていたら体動かしたくなる場面もあるわけで・・・正直納得いきませんでした)

テレビ自体が悪いとは思いません。
ただ、保育園でわざわざ見せる必要があるのか?というと、個人的には「うーん・・・」というところです。

保育園でテレビを見せる時というのは、どういう時なのか。なぜ見せるのか。

私は『子どもに対して保育士が少ない時、事故やトラブルを防ぐため』なんじゃないかと思うのです。(ただ楽をするために見せていた場合もありましたがそれは別問題として。きちんと目的を持って見せているところもあるかもしれません、あくまで私個人の考えです)

テレビを見ているとき、子どもは画面に集中します(年齢によってどの程度その集中が持続するかの差はありますが)その間は保育士がほぼ何もしなくても、トラブルが激減するんです。

子どもたちが自由に遊んでいたり、立ち歩いていたりすると、怪我や事故の可能性は格段に上がります。

転んで頭を打つかもしれない、子ども同士ケンカして引っかき傷や噛み跡を付けてしまうかもしれない。一部屋にいろんな年齢の子を集めている時は、大きい子が赤ちゃんを踏んでしまうかもしれない。赤ちゃんが幼児さんのおもちゃを口に入れてしまうかもしれない。

そういうリスクをぐっと下げ、保育士の労力も格段に下がる(少人数でも見やすくなる)のが『テレビ』のパワーなんじゃないかと思うんです。

『延長保育』がある保育園は多いです(通常の保育時間外の保育。保育園によって時間などは違いますが、ざっくり朝7:00-8:00・夕方17:00以降くらい)
その時間になると保育士がぐっと減ることがほとんどかと思います。(シフト勤務で回していたり、毎日延長だけを担当する保育士がいたりとこれまたやり方は様々ですが)

その時間、どれくらいの子どもが残っていて、何人の保育士をそこに割いているのか。その状況によっては、テレビに頼らざるをえないという状況も大いに有り得るとは思います。良い悪いはともかくとして。

じゃあどうすればいいのか、といってもどうにもならないのですが・・・保育園を選んでいく中で少し頭に入れておいても良いかも?と思います。

その他

他、見学時はできるだけ目の前以外の保育士が子どもにどんな対応をしているかを見るのもオススメです。その辺りについては過去記事「保育園のメリット・デメリットと『園選びのコツ』~初マタ保育士の葛藤~」に書いているので、よろしければそちらも見ていただければと思います。

もし「ここをもうちょっと聞いてみたい!」など教えていただければ、答えられる範囲・私のわかる範囲でお答えします!コメントでもTwitterでも、気軽に声かけて下さいー!!

 この記事へのコメント

  1. れいママ より:

    初めまして、4ヶ月の1人息子を育てています。主人の転勤の為、保育園の見学が出来ないまま、入園申請をすることになりました。
    保育園に電話でどんな雰囲気ですか?とか聞きたいな、と思っているのですが、具体的に何を聞けば良いのか???分かりません。
    オムツの処理方法、給食の事、のびのび系かしっかりお話を聞く系か、その他にも聞いておいた方が良い事を教えて下さると大変助かります。
    ブログ、色々と勉強になるのでじっくり読ませていただきます(^^)

    • HINA より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!
      転勤なのですね、お子さんも小さい中で不安が大きいですよね。
      新しい生活がれいママさんご家族にとって素敵なものになるよう願っています。

      見学ができないというのはなかなか雰囲気が掴みづらいところですね。。正直なところ、何を聞いたら安心できるかというのはとても難しい問題だと思います。。

      例えばなのですが、

      ・発熱は何度からお迎えですか?体調不良に関してはどんな対応をしていただけますか?
      ・お迎えに行くのが遅くなってしまった時はどうなりますか?
      ・正規の職員さん以外で働いている方はいますか?(派遣保育士、無資格バイトなど)

      など聞いてみて、返答内容ももちろんですが、その際の対応の仕方を意識してみるというのはありかと思います。
      「めんどくさいな」というのが滲み出るような対応をされる園なら、入園後もそういうことがあるのかもしれません・・・

      ただとにかく人が足りず、電話対応すること自体がしんどいという可能性もあります。
      事情を説明した上で、少しゆっくり話を聞かせてもらえる時間を先に聞いてみるのはありかもしれません。

      ブログ、そう言っていただけると嬉しいです!

      • れいママ より:

        お返事ありがとうございます。
        相談できるって心強いですね。
        ゆっくりお話を聞く時間を取ってもらえるか、電話してみます!
        お仕事中で忙しいですもんね(^^;;
        ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一歳半の『イヤイヤ期』どう対応する?そもそもなんで急に反抗するの?

【壁面装飾】見本通りキレイに仕上げるためのコツ

保育園の給食~人気メニューはこれ!~

保育士かーちゃんの絵本カバー活用②100均ファイルに入れるだけ!簡単シールあそび

保育士かーちゃんの、0歳からできる【ふれあい歌あそび】

保育園のメリット・デメリットと『園選びのコツ』~初マタ保育士の葛藤~