• お役立ちグッズ紹介
    レコルトのフードプロセッサー「カプセルカッター キャトル」で離乳食作り!かわいくてパワフル、頼りになります!
    2017年11月28日
  • 夫婦
    『イライラ脳内チャート』で考える夫婦喧嘩~目指せ平和エンド~
    2017年10月22日
  • オススメ絵本・カバー活用
    保育士かーちゃんのオススメ絵本③(番外編)
    2017年11月23日
  • 遊び方・生活について
    保育士かーちゃんの『寝かしつけバリエーション』思いつくだけ書いてみた!
    2017年9月13日
  • お役立ちグッズ紹介
    SIDS予防グッズ『スヌーザヒーロー』買ってみた
    2017年5月19日
  • 夫婦
    『自己中モラハラ夫』が『子煩悩パパ』になった話
    2017年6月22日
  • 夫婦
    「不機嫌になるくらいなら家事しないで」久しぶりの夫婦大喧嘩で、私が猛省した話
    2017年11月18日
  • 雑記
    気になるショップ紹介してみた①ママによるママのためのアクセサリーって!?
    2017年11月15日
  • 息子との生活
    【夜間断乳】7ヶ月で夜間断乳に成功した我が家のやり方【実況レポ完結編】
    2017年12月5日
  • 夫婦
    結婚生活のリアルとヒントの必読本「子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法」
    2017年10月2日

先日、こんなツイートをしました。

このツイートを見たフォロワーさんが呟いてくださったのをキッカケに、たくさんの保育士さんがいろんな『お願い』を発信して下さっています。

 

また、保護者さんから「良いタグ」「参考にしたい」と言っていただくことも多く、とても嬉しく思っています。

 

今回は、あくまで『私なりの』考えにはなりますが、このタグに出ていたことの中から一般的にどこの保育園でもお願いできると嬉しいことを、その理由も含めてまとめてみます。

 

「タグで出ていたこと、全部守らなきゃいけないの?」
「どうしてこれをお願いしたいんだろう?理由が知りたい」

 

という声も頂いていたので、この記事でその質問に少しでもお答えできれば嬉しく思います。

ご注意
いくつかの保育園を巡って働いてきた経験を思い出しながら書きますが、あくまで私個人の意見になります。
考え方の違いから、もしかしたら「それはちょっと違うんじゃ?」と思われることもあるかもしれません。
どうかその点はご了承いただければと思います。
スポンサーリンク

持ち物への名前記入について

これは、どの保育園でも・・というか、集団生活ならどこでもお願いしたいことかもしれません。

毎日お忙しい中、本当に手間だとは思うのですが、「全てのものに」「わかりやすく」名前を書くというのをお願いできると本当に助かります。

これだけで、保育士の日々の作業時間がかなり軽減されます・・!!

 

保育士の作業時間を減らすことで、子どもたちと関わる時間を増やすことができます。

 

「名前を書く」というのはどこの保育園も一番初めにお願いされることかとは思うのですが、実は意外と、このお願いが届きづらかったりします。

 

どうしたらわかりやすいのか?というと、服もオムツもこれでもかというくらい、

 

デデーン!!!!!!

 

と書いていただけるのが一番ありがたいです。笑

 

でも実際問題、デザインの問題とか色々ありますし!端の方に書いていただくのでもちろん問題ありません。

 

とりあえずパッと見てわかる(名前が読める)ようにしていただけると、それだけで本当に助かります。

 

下の名前だけだと同じ名前の子がいることもあるので、基本的にフルネームで書いていただけるとありがたいです。

 

また、入園した時はしっかり書いてあっても、洗濯を重ねるごとに薄くなり、見えなくなっているパターンも多いです。

本当に手間だと思うのですが・・・お洗濯中や、保育園に持っていく着替えを用意している時、チラチラっとチェックして書き直していただけるとすごくすごく助かります。

 

あ、あと、どなたかからのお下がりを保育園に来てくる場合。

前の持ち主さんのお名前がそのままになっていることがあります。そのお名前を消して、訂正をしていただくようお願いいたします!!

保育園で着せる服について

自分で脱ぎ着しやすい服

この「保育士からのお願い」タグで何名もの保育士さんが呟いてくださっていた、「自分で脱ぎ着しやすい服を着てきて下さい」という件。

これは「保育士が着替えさせる時に大変だから・・」というわけではなく、子どもたちが「自分で!」と着替えようとした時、そのやる気を応援してあげるためのお願いです。

 

例えば2歳くらいの子が「自分で!」とズボンを履こうとした時、

 

  • 生地が固くて上げにくいデニム
  • ウエストがチャックやホックで留める形のズボン

 

だったりすると、自分ではうまくできないことが多いです。

 

保育士としては、さりげなく、できるだけ『自分で』履いたという達成感を味わわせてあげたいのですが、履きにくいとなかなかそうもいきません。

 

例えばこれが、

 

  • 生地に伸縮性があり、ウエスト部分を持って引っ張れば引き上げられる
  • ウエストはゴム、おしりの部分さえ上げれば「履けた!」と感じられる

 

というものであれば、保育士がウエストをさりげなく持たせてあげたり、おしりの部分を上げる大変なところだけ後ろからさりげなく補助したりという工夫をします。

 

それによって子どもが「自分で履けた!!」という達成感・満足感を感じられるようにしています。

おうちでは全然自分で着替えようとなんてせず、保護者さんに任せっぱなし!という子でも、お友だちがやっているのを見て「自分もやってみよう」という気持ちになるという場面は保育園生活の中で多々あります。

 

子どもたちの心にふっと生まれる『意欲』の芽を大切に関わってあげるため、お洋服選びにもご協力いただけると嬉しく思います。

 

あ、さっきはズボンに関してのみ書きましたが、トップスや靴なども基本的には同じです。

おうちで着たり履いたりしてみて、自分でやりやすそうなもの・少しお手伝いしたらできそうなものを選んでいただけると嬉しいです。

フード・飾り紐などが付いていない服

「フードや飾り紐などが付いていない服を着てきてほしい」

 

これも多くいただいていたご意見でした。

保育園によっては、きちんと正式に依頼されているところもあるかと思います。

 

フードや紐は、遊んでいる時にひっかかって首が絞まったり、ケガをしたりと事故の元になります。

 

たとえば、滑り台を滑る時に首元の紐が引っかかったら・・・。実際にそういった事故も報告されています。

大きなケガや事故を防ぐため、ここはぜひご協力をお願いしたいところです。

高級品など思い入れが強い服について

ブランドの子ども服を保育園で紛失してしまい、結果保育士さんが弁償した・・・というツイートも見かけました。

 

保育園側として紛失はあってはいけないことですし、園内でしっかりお預かりしなくてはいけないのですが、

 

  • とにかく大勢が生活していること
  • 子どもたちが自分で服や洗濯物をしまったりもすること
  • 正規の職員以外(派遣・パートなど)が出入りすることもあり、名前や個々の荷物を把握していない状況も多々あること

 

などなどの事情から、なくなってしまうということも有り得ます。

 

誰かの服の中に紛れていないか、各ご家庭に捜索をお願いしたり、保育園内に張り紙をしたり・・と全力を尽くしますが、どうしても出てこないことも時にはあります。

 

「安い服ならなくなってもいい」なんてことは決して思っていませんが、できれば保護者さんの中で思い入れが強いものは、おうちで使っていただけると助かります。

 

「絶対に大切にします、きちんとお返しします!」とは言い切れません・・・

 

また、保育園生活の中では絵の具や泥で汚れてしまうこともあります。

お子さんが自由にお絵かきを楽しんだり、のびのびと泥んこ遊びをしたりと楽しむためにも、汚れても困らない服を着てきていただけると嬉しく思います。

スポンサーリンク

お子さんの体のこと

ツメのこと

小さい子は特に、ツメが伸びていたら都度都度切っていただくようお願い致します。

 

ツメが伸びていると、遊んでいる中で割れてしまったりしてお子さん本人が痛い思いをするだけでなく、お友だちにケガをさせてしまうことにつながります。

 

ツメが伸びていなければ軽いケンカで済んだのに(もちろんそれでもいけないことは伝えますが)、伸びていたことでお友だちの顔や体に傷を残してしまう。

 

そうなると、やってしまった側もやられてしまった側も、ツライです。

 

保護者さんにもきちんとお伝えすることになり、場合によっては双方の保護者さん同士で謝ったり謝られたり・・という状況にもなります。

 

原則として「保育士はお子さんのツメは切ってはいけない」という保育園も多いです。

(医療行為のため、ツメ切りができるのは看護師のみという考え方。この考え方については色々ややこしく・・・保育園によって対応が違いました)

 

ケガを未然に防ぐためにも、ご協力をお願いします。

お休みをお願いしたい時

お休みしていただくようお願いしたい時について・・・

 

タグでもいくつか意見が寄せられていました。

特によく言われるのは「熱が下がった翌日の登園は控えてほしい」というところかと思います。

 

保育園によっては「前日38.0℃以上あった時は登園を控えて下さい」とハッキリ言われているところもありました。

 

「休んであげたくても休めない」という保護者さんのご意見もよくわかるだけに、非常に難しいところなのですが・・・

ただ、

 

  • 熱が下がった翌日に登園し、その日また熱が上がりお迎えを依頼
  • そこからさらに悪化して、何日もお休みしなければならない状況に

 

というパターンは本当に多いです。

 

熱が下がった翌日、もうすっかり元気に見えたとしても、できれば一日おうちでゆっくりしていただけるといいのかな・・と思います。

 

病後児保育を使うという手段もあります。(なかなか利用するのも難しいようですが・・)

 

・・・・・

 

なんて言ってはいますが、自分が実際働き出したときのことを考えると、なかなかそうも言っていられないだろうな・・・と思っています。

 

なので、実際にどこまでできるかはともかくとして。

 

「熱が下がって元気に見えても、まだそこから体調を崩すこともあるんだな」ということを頭の片隅にでも置いておいていただけるといいなと思います。

 

それから、もうひとつお願いしたいこと。

朝、熱があった場合に、解熱剤を使って熱を下げてから登園することは控えて下さい。

これに関しては、切にお願い致します。

 

基本的には保育園から「やめてほしい」というお願いがなされているかと思うのですが、こっそり使って登園して来られるケースがあります。

 

恐らく、どうしてもお仕事を休めないなど、やむにやまれぬ事情だったのだとは思います。

 

でも解熱剤は、効果が切れた瞬間にボンと熱が上がります。

急な上がり方や、その前に発熱でお休みしていたことなど状況で保育士も察しますが、それでも非常に恐ろしい状況です。

お子さんに今何が起こっているのか、把握できなくなります。

 

保育園では、お子さんが今どんな体調・どんな状況で、どんな薬を服用しているのかなど、全てを総合的に判断してお世話をしています。

 

情報共有ができていないことで、取り返しの付かないことも起こり得るので・・

健康面に関することは特に、保育園側の指示・お願いを聞いていただくようお願い致します。

登園・降園時について

朝、バイバイする時のこと

「朝、子どもが泣いていても、サッと仕事に行ってほしい」

 

というお願いもいくつか出ていました。

 

これ、保育士としてはその通りなのですが・・・親になった今、自分がそうできるかというと正直なところ難しいなぁと考えています。

 

自分がいなくなることで泣いていたら・・・

離れがたい・・つらい・・・申し訳ない・・・

 

いろいろ考えてしまいそうです。

 

でも、あえて保育士として考えると、

 

  • お別れの時間を長くすればするほど、子どもが泣き続ける時間は長くなる
  • 親の姿が見える間は泣き続けるしかないが、見えなくなればそこで違う遊びを見つけたり、友だちの存在が気になったりと気持ちを切り替えることができる
  • 「ちゃんとお迎えに来るからね」としっかりバイバイをした後は、サッと姿を消すのが何より子どものため

 

・・・・なんです。うぅ、親として考えるとなんだか泣きそうだけど。

 

保護者さんの姿が見える間は、どうやったって泣きます。

(もちろん、さくっと切り替える子もいれば、ある日突然平気になることもありますが)

 

保育士はしっかり抱っこしたり、おもちゃやお友だちの存在で気を紛らわそうとしたりと努力しますが、保護者さんの姿が見える間は無力です。

 

だって、ママ・パパが大好きだもんね。そりゃそっち行きたいよね。

 

でも、保護者さんの姿が見えなくなった後、保育士が全力でお子さんの心を受け止めます。

 

「ちゃんと夕方にお迎え来てくれるからね」

「それまで一緒にいっぱい遊ぼうね」

 

毎日繰り返していくうちに、子どもはちゃんと状況を把握して、順応していきます。

泣かずに、安心してバイバイしてくれるようになります。

 

だから、少しでも早くそうやって慣れてもらうために。

 

『大好きだよ、ちゃんとあとでお迎えに来るよ』って気持ちを伝えた後、サッと姿を消していただけると、保育士がその後しっかり頑張ります。

 

全力で、お子さんを受け止めます。

保育士を、信じて下さい。

 

・・・・・・・って書きつつも、親として考えると泣きそうなのが本音です。

お迎えの時のこと

お迎えに関しては、

 

「お迎えに来たらササッと帰ってね」

 

という考えと、

 

「子どもの遊びが一段落するまで待ってあげてほしいな」

 

という考えと、両方あるように思います。

 

これに関しては、時と場合と、そして保育士(保育園)のやり方による気もします・・・

 

なので、例えば「帰りたいのに全然帰る気になってくれない」など、困ったときは「担当の保育士に直接相談してみる」というのもありじゃないかなぁと、個人的には思っています。

 

ただお迎えに関しては、別件でどうしてもお願いしたいことがあります。

ほんの一瞬目を離したことで、交通事故・誘拐など様々な危険に遭遇する可能性があります。

 

お迎えに来ていただいてからは「保育園内にいても」「保護者さんの責任として」お子さんから目を離さないでいただくようお願い致します。

連絡ノートについて

連絡ノートについては、

 

  • 読んでくれていることがわかれば、一言でもOK
  • きちんと書いてほしい

 

という両方の意見が出ていたと思います。

 

私個人の意見としては、

 

  • ある程度大きくなったら(3歳児以上)、とりあえず保育士からの連絡事項を読んでくれていることがわかればOK
  • 小さいうちは「夜あまり寝ていない」「朝ごはんを食べていない」「便秘」などの状況を把握できると個別で配慮しやすい

 

と思っています。

 

小さいうちは特に、生活からの影響をダイレクトに受けて機嫌が悪くなったり、遊べなくなってしまったりということも多くあります。

 

お家での状況を連絡ノートに記入していただいてあるとそれを踏まえて対応に配慮することができ、結果的にお子さんが一日をスムーズに過ごしやすいかと思います。

 

「保育士がページ全体にみっちり書くので、同じようにしっかり書かなくては!とプレッシャーを感じる」

 

という保護者さんのご意見も見かけたのですが、文章の量は気にしていただかなくても大丈夫です!

最後に

長々と、ずいぶんいろんなことを書いてしまいました。

 

口うるさいな、面倒だなぁと思われてしまう部分もあるかもしれませんが・・・

 

少し前に書いたツイを貼っておきます。

お子さんを一緒に育てていく第二の家として、保育園はいつでもお子さんと保護者さんを温かく迎え入れる場所でありたいと思います。

ご協力をお願いできると、とても嬉しく思います。

 

以上、【「#保育士から保護者さんにお願いできると嬉しいこと」理由と一緒にまとめてみた】でした。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード
保育園のことの関連記事
  • 「#保育士から保護者さんにお願いできると嬉しいこと」理由と一緒にまとめてみた
  • 『保育士ママへの質問』答えてみた!【ママブロガー対談企画】
  • 噛みつき・引っかき等のトラブルを考える~「保育園で起きたことは保育園の責任」の意味~
  • 保育士かーちゃんが思う『保育園見学のポイント』
  • 保育士が子どもに暴言?!我が子を守るためにできること
  • 保育園の給食~人気メニューはこれ!~