こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

もともと他人だった人間が一緒に暮らしているので、どうしても避けられないのが夫婦喧嘩。

なんでそんな言い方するの!イライラ!そんな瞬間は日常茶飯事です。

この記事では、そんな時に考えた「脳内チャートでケンカを回避する方法」について書いてみました。

夫婦喧嘩未遂の経緯

朝はゆっくり自分時間?オムツ替えくらいできるはず!

それはある平日、朝のできごと。

夫はいつもどおりパソコンを見ながらゆっくり朝食タイム。私は眠い目をこすりながら息子のオムツを替えていて・・・そしてふと思ったんですよね。

いつも私より夫のほうが先に起きるんだから、息子のオムツくらい替えといてくれても良くない?

私は夜中ずっと授乳したり抱っこしたりで限界なのに!夫だけグッスリ寝て朝もパソコン見てゆっくりして、息子のお世話は何もしないなんてありえない!

夫は独身時代から『朝はゆっくりしたい』タイプ。わざわざそのために早起きをして時間を作っています。

それは夫の自由だし、むしろすごいと思う。ただ、ただね。

ゆっくり自分時間をエンジョイする前に、まずは息子のこと考えない?体冷えてないかな、おしっこパンパンで気持ち悪くないかなって思わないかね?息子が起きてるのにろくに「おはよう」も言わずひとりでのんびりパソコン時間はさすがにどうなの?

ゆっくりしたい気持ちはわかるよ、でもせめてオムツ替えくらいしてあげたいと思わない?!

結局私がやるからいいと思ってるよね?自分は「自分の時間軸」で動いていたい、そういうことだよね?いやいやありえないっしょ!!

すさまじいイライラでしたが、夫が出勤前だったのもあり、この場ではなんとか爆発を抑えました。

冷静に伝え、ケンカ回避に成功

数日が経ち、冷静に伝えられる状態になってから夫に話をしました。

あのさ、朝はなにかと大変だと思うんだけど、息子のオムツ替えだけはお願いしていい?毎朝パンパンになってるから、できるだけ早く替えてあげたいかなって

あ、うん、やらなきゃなーとは思ってた。ゴメン

えー・・・うん。

やらなきゃなーと思ってたって、なんかすごく納得いかない。

そう思いつつ、このときは「じゃあ今度からよろしくね」ということで、表向きは平和に話を終えました。

今回の夫婦喧嘩を脳内チャートで振り返る

今回はとりあえず「未遂」に終わった夫婦喧嘩。でもその中には、いろいろな爆発ニアミスをはらんでいたのを感じます。

もやもやしているうちに、ふと今回のケンカがチャート式で見えてきました。

今回は「一応」右端の平和ENDにたどりつきました。

はじめの「オムツくらい替えてあげてよ!」という怒りのままに感情をぶつけていたら、左ルートで即ケンカです。

仮に私が冷静に伝えたとしても、夫が「は?仕事前なのになんでオレがやらなきゃいけないの?」と突っぱねてきたらこれまたケンカ。

今回のチャートには書いていないけれど、もし夫の「あ、ごめんね」の後に、

「やらないとって思ってた」って、思った時点でやってよ!ていうかやっぱり自分のこと優先やんけ!

と私が爆発したら、やっぱりケンカに向かう矢印が伸びていくことになります。

平和ENDに向かうのってものすごく難しい。限られたルートなのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ケンカパターンをチャート化したところで、イライラがすぐに収まるわけではありません。

でも、「こうしたらこうなる、このルートだとこうなって失敗」なんてたどって考えている間に、ほんの少し自分を客観的に見られそうな気がします。

怒りに身を任せず、自分と相手と状況と、いろんな角度から考えながらベストを探っていける自分でありたいです。

感情のままにぶつけた方がいいときもあるし、難しいけどね!

そもそも今回は完全に、私の気分がキッカケ。「今までは気にならなかったことが急に気になって爆発する」って、夫からしたらものすごく理不尽です。申し訳ない。

一緒に暮らしているといろんなことがあるけれど、いろんなやり方を試しながら、私たちなりに楽しい家庭を築けるよう頑張っていきたいと思います。

夫ブログに後日談があります:『夜はママ、朝はパパ』が我が家のルール!妻の負担軽減と子供との密な関わり

スポンサーリンク