こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(fa-twitterhinamama_cm)です。

この間、夫婦ゲンカについての記事を書きました。

その時はなんとか平和エンドに落ち着いたのですが、結局私はその後、ほぼ同じ内容で大・爆・発してしまったんです・・・

今回は久しぶりの夫婦ゲンカと、最終的に私が猛省し、考えたことを書いてみます。

久しぶりのドデカイ夫婦喧嘩、そのいきさつ

モヤモヤしていた「朝」の件

前回記事に書いたのは、

朝起きたら、息子のオムツくらい替えてあげてよ!!

という件でした。

この時もそうだったのですが、ここ最近私のモヤモヤポイントとして溜まっていたのは

「朝」

のことでした。

  • 朝、息子に合わせて起きる
  • オムツ替え・着替え
  • 遊びスペースに連れて行く

という流れは、平日も休日もひたすら私の仕事で。

はじめのうちは自然とやってしまっていたのですが、一週間・一ヶ月・二ヶ月・・・と積もり積もるうち、少しずつ「なんか変だな」と思い始めてしまって。

夜中起きるのはいいんです。

夫に夜中担当をしてもらうとミルクを作る手間もあるし、寝かしつけも私と比べて大変になるし。

私がやればサッと授乳で寝てくれるのでスムーズ。

だから基本は私がやるので問題ない。

でも、朝はなんか違くないか。

代わってくれてもいいはずでしょ。

モヤモヤダークサイドの私と、平和に優しく過ごしたい私の脳内バトルが始まりました。

・・・いやいや、でも起きてから家事してくれてるじゃん。
平日仕事がんばってくれてるのに、休日も家事してくれるってすごいことやで。それだけで感謝しないと

私だって毎日頑張って家事育児してるよ。
「朝ゆっくり寝る」
それだけのことなのに、夫だけしか認められない権利なの?

休日、「昼寝していいよ」って言ってくれたりするやん

「昼寝」じゃなくて、「朝」寝たいのよ私は

モヤモヤモヤ。

この気持ちは、うまく言葉にできずにいました。

代わってくれた!感謝とお願いをしてみた・・のだが

・・・こんな私の思いが伝わったのかどうかはわかりませんが、

この頃、夫が朝を代わってくれたことが2回ありました。

もー、すごい開放感でした。

息子が隣にいない、夫が見てくれている、その安心感たるや。

爆睡しました。

で、めっちゃ感謝すると共に、やっぱりこれはちゃんと夫にも、自分の思いを伝えるべきだと思ったんです。

代わってくれてありがとう、助かる、めっちゃ嬉しい

しょっちゅうじゃなくていい、たまにでいいから、こうやって代わってもらえると嬉しい

これだけで「日中の家事とか全部私がやるから!ゆっくりしてて!」って言いたくなるくらい。
朝代わってもらうのって、それくらいのパワーがあるの

こんなかんじで必死で伝えてみました。

・・・すごく頑張って伝えていますが、本音を言えば、

「私が寝られたのたった2回やで!!」

「むしろもっと頼むよ!お願いだから!!」

というかんじです。そりゃ。

でもそこはやっぱり善意でやってくれたわけだし、

ありがたいと思ってるし、

ここからそういう機会を少しでもいいから増やしてもらえれば!って思いで。

そんな私に夫が返した言葉は、

うん、そうしようと思ってたよ

でした。

・・・・・

・・・・・じゃあもっとやってよ。

いやいやいやいや、それを言ったらおしまいよ私!!!耐えて!!!

心の声がなんとか私を止めてくれました。

うん、ありがとう!よろしくお願いします!

笑顔で答えた!頑張ったぞ私!!

とまぁこんな出来事があったんです。

大爆発

その日から、私はずっと待っていました。

今週は寝られるかな、どうかな、どうかな、どうかな・・・・

・・・・・待てど暮らせど、その日は来ませんでした。

二ヶ月ほど経って、さすがに、もうしんどくて。夫に言ってみたのです。

あの・・・朝なんやけど。たまにでいいから・・代わってほしい

・・・え?朝?何、起きればいいの?

・・・・えええええええーー?!!!!

ウソやん。何その反応。

なんで私イラッとされたん?

困惑しつつ、食い下がってみる私。

なんでちょっとイラッとしとんの?私なんか言った?

・・・え、だって・・そんなん言われてなかったし。
先にちゃんと言うのが俺らのルールのはずでしょ

はあああああ??!?!

パニック&キレ始める私。

言ったわ!!前に話したやん!!!
お願いだから代わってほしいって!言ったよ!!覚えてないの?!

覚えとるよ。
俺は代わってほしい日にお願いされると思ってた

まぁひどい言い方かもしれんけどさ。
ちゃんと言われたわけじゃないやん

言われたら起きるけどさ

代わってほしい日にお願い、だと・・・???

ここで私、完全にプッツンしました。

結婚してからも数えるくらいしかしたことがない、マジなプッツンです。

へーーーーー。そういうこと、言うんですね

息子はかわいいよ、でも。
毎日夜中に起きて息子のお世話して、そんで早起きもして!
しんどくないわけないやろ?
たまには寝たいに決まっとるやろ!!
ていうか、だからお願いしたんやろ!!!!!

あの時「やろうとしてる」って言ったよね?!
でもその後やってくれたこと一回もなかったやん!!
ずっと待っとったのに!!!
週一、いやせめて月一でもいいから寝かせてよ!!!

てか、何?
私に言われなかったら起きなくていいと思ってたんだ??は??マジ、大層な父親ですこと!
ふざけんな!!!!!

本当に、抑えられない怒りと苛立ちでした。

私が一切譲る気がなかった(というか完全にブチ切れていた)せいもあり、この件は夫が謝ってくれて終了となりました。

大ゲンカを経て、変化した我が家の朝

と、その時の怒りを込めてずいぶん長々と書いてしまったのですが、問題はその後どうなったか、です。

今の我が家はというと・・・

夫、ちゃんと起きて動いてくれるようになりました。

週末は息子が騒ぎ出せば起き、

着替えなど一通りのお世話を終えた後に食洗機と洗濯機を回してくれています。

あーゴメン、おはようございます

おー、おはよー

ありがたや。じゃあ明日は夫を寝かせてあげなくちゃな。

・・・ところが日曜日も、

あーゴメン、起きれやんかった

うん、いいよー

・・・・・

そうなんです。今度は私が起きられなくなってしまったんです・・・

最近夜中に息子が起きる回数が増え、疲れているというのもあります。

でもそれだけじゃない。

「夫がやってくれる」

その意識がどこかであって、緊張感が薄れてしまったというかなんというか・・・

息子が起きていることを感じても、どこか夢の中のようなフワフワしたかんじで、起きられない。

衝撃でした。

あんなに怒ったくせに、気付けば自分も同じように夫に任せようとしている。

情けないけれど、それが事実でした。

スポンサーリンク

そんなある日の出来事

また、起きられなかった私

夫変化後の、ある休日の朝。

7時頃に息子の声と気配で目を開けてみると、夫がまたオムツを替えてリビングに連れて行ってくれようとしているところでした。

ありがたや、あとちょっとだけ・・10分くらいなら夫に任せていいかな・・・

と思った瞬間また爆睡。

気がつくと、もう9時を過ぎていました。

や、やばい!!さすがに寝すぎた!!!

夫は、息子のお世話と朝の家事を一通り済ませ、洗濯を干し終わるところでした。

ご、ゴメン!!ありがとう・・!!!

焦ってともかく謝り、お礼を言ったのですが・・・あれ。

夫、なんか不機嫌?

もしかして、怒ってる・・・?

私が寝すぎたから・・・家事とか全部任せちゃったから・・・??

申し訳なく、起きられなかった自分を情けなく思うと共に、少しモヤモヤした気持ちも湧いてきました。

不機嫌になるくらいなら、やってくれなくても良かったのに・・・

それくらいなら、起こしてくれたら良かったのに・・・・

言ってくれたら起きたのに・・・

不機嫌になられるくらいなら、やらないでくれた方がいい・・・

・・・・・・・・・・

ここまで考えて、ハッとしたんです。

この考え方、これこそが、今まで逆の立場だったやつなんじゃないの??って。

「不機嫌になられるくらいなら、やらないでくれた方がいい」

今まで私は、何度もこういう状況を作ってきてるんじゃ?

例えば掃除。

「こんなに必死でやってるのに、夫はちっともやろうとしない!!」

とか思ってたけど、夫からしたらまさにこういう思いなのかも・・!?

そう思い当たった時、頭をガツンと殴られたようなショックを受けました。

夫は不機嫌ではなかった、それどころか・・・

結果的に、夫は別に不機嫌ではありませんでした。

その時のTwitterがこれです。

不機嫌ではなかったどころか・・・です。

夫、疑ってゴメン。本当にゴメン。

ホッとしたのと、ありがたいのと申し訳ないのと。いろんな気持ちが混ざって、号泣しました。

「朝くらい、元気な方がやればいい」

私は、数週間前「休ませてよ!!しんどい!!!!」と大暴れしていた。

そのくせさっきは「起こしてくれればいいのに」なんて思ってしまっていた。

「不機嫌になるくらいならやらないでくれた方がいいのに」なんて思いかけていた。

そしてそれは、そのまま自分にブーメランとして返ってくるひどい言い分だった。

私はなんて身勝手なんだろう。

夫の言葉はいろんな意味でグッサリ刺さりました。

夫は毎日仕事にいって、休日も私を休ませようとしてくれている。

私は。私には何ができるだろう。

最後に

「父親が起きられないのは仕方がない」?

よく「子どもが泣いても父親が起きられないのは、生物的に仕方がないこと」とか聞いたりします。

データ的にも示されてることなんだとか。

もちろん、それはそれで事実なんだと思います。

でも、私はやっぱり『意識の違い』が大きいように思うんです。

私は母親だけど、「夫が息子を見てくれる」と思ったら、起きられなくなりました。

「息子が泣いている」というのはわかるんです。

遠い意識の中で、泣き声を感じるイメージ。

今まではここで「泣いてる・・・私が起きなきゃ泣き続ける・・起きなきゃ・・・起きなきゃ!!!!」と、遠くにあった意識を引っ張って掴んで奮い立たせて起きていたような。

「夫がいるから大丈夫」となるとこの意識が働かなくなり、「息子が泣いている」という事実ごとフワ~ッと手放してしまうかんじです。

よく言う「父親が起きられない」っていうのも、こういうことなんじゃないのかなぁ。

・・・なんて、あくまで私の体験だけで言っている話なので、他の方がどうかはわからないのですが。

改めて我が身を振り返って・・・

毎日、仕事だったり家事だったり育児だったりやっていることはそれぞれいろいろだけど、頑張っているのはお互い様です。

相手の大変さ・しんどさにきちんと気付いて、お互い譲り合って助け合っていかないと、バランスって簡単に崩れてしまうものですよね・・・

どちらかが「やってくれてしまう」と、余計にそうかもしれない。

やってくれていて、相手はそれを心地よく受け入れていて、それである日突然「なんで自分ばっかり!!」って爆発されたら。

「いやいやいや、爆発するくらいなら先に言ってよ!」

・・・って、思ってしまうかもしれない。

「いやいや、心地よく受け入れるとかじゃなくて、相手がやってくれてることにちゃんと気付きなさいよ!」

って思いが、私もどこかあったのですが・・・

今回、ちゃっかり甘えかけていた自分に気付いて、考えを改めざるを得なくなりました。

相手に甘えすぎず、思いやりと感謝を忘れずに生きていかねば。

他人同士の共同生活なんだもんな。

今回の一連の出来事で、いろんなことを考えた私なのでした・・・

いや、まぁあのケンカの時の夫の言い分には納得してないけどさ(←そこは譲れない

いやでも、その後めっちゃ朝やってくれてるから全然いい。感謝です本当に。

さ、今日一日の感謝を込めて、夫の肩でも揉んでこようかな。笑

以上、「不機嫌になるくらいなら家事しないで」久しぶりの夫婦大喧嘩で、私が猛省した話でした。

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. くるみ より:

    初めまして。3週間ほど前に見つけて、遡って読ませてもらっています。妊婦期から知りたかったー!(笑)

    私も7ヶ月の息子がいるので、ちょうど気になるな~ということを書いて下さっていて、痒いところに手が届く的なブログです。とても有り難く楽しく読ませてもらっています。(特に手作り玩具や歌遊びは息子も喜んでくれます♪)

    そしてこの記事!自分のことかと思いました(泣)
    理性と感情がぐちゃぐちゃになりながら、一人でモヤモヤしてしまう気持ちを書いて下さっていて、何だかスーっと楽になりました。勝手にモヤモヤしてるだけなんですよね、大抵の場合(>_<)
    あぁ…人として、成長したいです。

    ヒナさんの言葉から伝わる優しさ、息子さんや旦那様を思う気持ちに、憧れながらいつも元気をもらっています!いつもありがとうございます。無理されず、頑張って下さい!

    • HINA より:

      はじめまして!
      めちゃめちゃ嬉しいコメント、ありがとうございます・・・!!!
      嬉しすぎて何回も読み直してしまいました。

      ちょうど同じくらいのお子さんがいらっしゃるのですね。
      「痒いところに手が届く」
      まさにそれを目指して作っているようなブログです(笑)嬉しいーーおもちゃや手遊びも試していただいてありがとうございます!!

      この時は本当に感情ぐっちゃぐちゃでやばかったですが、共感いただけたり、結果くるみさんの感情を整理するお助け?になれたのなら良かったです^^

      私もまだまだまだまだ未熟でダメダメなので、憧れなんてとんでもない!ですが、そのお気持ちを糧に今晩のグズグズ対応も頑張れそうな気がします。笑
      本当にありがとうございます。
      くるみさんもご自愛なさってください!
      そしてまた、どうぞ気軽に絡んでください!お待ちしています♡

コメントを残す

夫婦の関連記事