息子も9ヶ月半をこえ、おすわりの姿勢で遊ぶことが増えてきました。

おすわりで遊ぶようになると、今まではできなかった「両手を自由に使って遊ぶ」ことができるようになります。

今の息子が楽しく遊べるおもちゃをもっと増やしたい!

ということで、『牛乳パック積み木』を作ってみました😄

作り方・・というほど大したものでもないのですが、まとめておこうと思います!

今までに作った手作りおもちゃはこちらからどうぞ!

材料

まずは材料です。

必須になるのは、

  • 牛乳パック(作りたい積み木の数×2本分)
  • 透明テープ

の2つ。

透明テープはこれを使いました↓

今回はこの2つにプラスして、

  • 中に入れるもの(ペットボトルの蓋、米)
  • 色画用紙
  • 絵本カバー
  • 両面テープ(セロテープでも可)

を使います!

牛乳パック積み木の作り方

ではでは、早速作っていきます!

牛乳パックを切る

まず、牛乳パックを底から7cmのところで切ります。

2本分、同じように用意します。

2つを組み合わせる

2つの牛乳パックを組み合わせ、立方体を作ります。

組み合わせる時に、中に何か入れておくと振った時に音がして楽しいです。

鈴などがあればちょうどいいのですが、今回はペットボトルの蓋で代用!

これを中に入れて・・・

ギュギュッと突っ込みます。

じゃん!

かなり強引に突っ込みましたが、なんとかなりました。

2つをギュギュッと奥までしっかり奥まではめ込めば、そう簡単には抜けてこないと思います。

大人がきちんと横で見ていれば、このままでも十分積み木として遊べますよー😄

(誤飲の恐れなどもあるので、絶対に目を離さず遊べる時限定ですが!)

また、中に入れるものに色々変化をつけると、さらに楽しいと思います。

写真を撮るのを忘れましたが、今回はお米を少し入れたバージョンも作りました。

(息子はお米バージョンのほうが気に入ったようです!)

装飾する

色画用紙絵本カバーなどを使って、自由に装飾していきます。

正直ここが一番面倒なので、早く遊びたい時は省略して下さい。笑

色画用紙で包む時は、グルッと巻きつけて・・・

こんなかんじで、テキトーに切込みを入れて、上下を折りたたみます。

ちょこちょこ両面テープ(セロテープ)で固定しておくとやりやすいです。

あとは、シールを貼ったりイラストを描いたりとご自由に!

今回は、余っていた絵本カバーを切り抜いて、両面テープで貼り付けました。

絵本カバーを使うと、簡単・かわいい・無駄がない!

オススメです(*^^*)

絵本カバー活用については前にも書いているので、よろしければぜひそちらもどうぞ!

透明テープでコーティングする

このままだとヨダレでべちょべちょ、一瞬で破壊されてしまうので、透明テープでコーティングしていきます。

息子が剥がせないように端までしっかり留めたら、完成です!!

サイズ感はこんなかんじです↓

牛乳パックの側面は完全な平面ではないので、積み上げた時ちょっとグラグラしますが・・・

3,4個積み上げる程度なら大丈夫です!

スポンサーリンク

まとめ

久しぶりの手作りおもちゃ記事でした!

とにかく簡単、材料費もほぼかからない!ということで、ぜひぜひお試しいただけたら嬉しいです(*^^*)

早速息子の前で積み上げてみたところ、ものすごい早さと笑顔でガシャーン!と倒されました。

当分の間は、

私&夫:積み上げ担当

息子:壊す担当

として楽しんでいきたいと思います。笑

いずれは息子が自分で積んだり、並べたり、知っている絵本と同じ絵が貼ってあることに気付いたり・・・

そんな遊び方もしてくれるようになるかなーと楽しみにしています!

余談ですが、おすわりができるようになったということでクリスマスに買ったくるくるチャイムも活躍中です!

そしてそして、

おすわり・ハイハイ・つかまり立ち・伝い歩きなどいろんな動きがスムーズにできるようになり、もうベビーサークルの中だけじゃ物足りない!!

ということで、今回の楽天お買い物マラソンでついに滑り台を購入しました。

逆から斜面のぼりも楽しめるようにということで、斜面がまっすぐ且つ緩やかなこの商品を選んでみたのですが・・どうかなー?!

明日到着予定なので、使ったらまたレビュー記事を書く予定です。

以上、【手作りおもちゃ】牛乳パックで簡単!積み木の作り方でした!

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク