こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

今回は「入院するまでにやっておくこと」についてです。

私自身がやっておいて良かったことや、逆に「やっておけば良かった!」と後悔したことなど、振り返ってまとめていこうと思います。

出産入院用の荷物について

まずは入院用の荷物についてです。

カバンは2つに分けて用意

スーツケース、トートバックなどどんなものに入れていくのが良いのか悩みましたが、今の自分からアドバイスをするなら、

カバンの種類は何でも良いから、「最低限必要な物」と「あとからでも良いもの」に分けて準備しておけ!ということです。

出産がどうやって始まるかは、その時までわかりません。

よく耳にする「陣痛が等間隔になってくる」パターンなのか、破水からなのか、はたまたもっと違う始まり方か。家に一人でいる時なのか、夫がいる時なのか、などなど。

例えば一人で家にいる時に破水した場合、着替えなどすべてが入った荷物を持っていくのは不可能に近いです・・・

なので、そういった時にサッと持っていける最低限バッグと、その他の必要物一式が入った大きな荷物の2つに分けておくのをオススメします。

最低限バッグには、財布・母子手帳・保険証など必須アイテムを。大きな荷物は後から誰かに持ってきてもらえばOK!

私は肩掛けカバン+スーツケースの2つに分けて持っていきました。

夫にも荷物の中身を把握してもらう

できればパートナーにも荷物の中身を把握しておいてもらうことをオススメします。

我が家の場合、まず産院についた時点で私が診察室(モニター)へ。

その間に、

看護師
赤ちゃん用の服と肌着、今のうちにお預かりします。

え、あ、ハイ!すぐ出します!

なんてことがあったらしいです。

あとは私が陣痛で動けない時に、

ちょっとあのタオル取って!カバンの中に入ってるから・・!!

というかんじで、スーツケースの中身を出してもらったりもしました。

ザックリと「このカバンにこれが入ってるらしい」くらいの感覚でも良いので把握しておいてもらうと、何かと助かります。

最後に追加する物リストを、荷物の上に置いておく

「最後に追加するものリストを、荷物の上に置いておく」のもオススメ。

入院荷物を準備したとき、家を出る直前まで入れられないものってあると思うんです。

たとえば、

  • メガネ
  • 財布
  • 母子手帳
  • 保険証

などなど。

私はそれを紙にリストアップして荷物の上に置いていました。何気なくやっていたのですが、これがいざその時に大活躍!

破水?どうしよう病院?タクシー呼ばなきゃ、荷物持たなきゃ、えーと何をどこからどうしたら!?

パニックの中でとにかくメモを見ながら荷物の準備をし、その間に少しずつ冷静になることができました。

陣痛タクシーの手配

「出産が近くなってきたら、陣痛専用のタクシーを申し込んでおくと良い」というのは、よく耳にしますが、ここには落とし穴があります。

事前に登録しておいても、いざその時に「今近くにいないので配車できません」なんてこともあり得るんです・・・(うちは実際そうでした)

どこか一社に登録したらOKと思わず、範囲内すべてのタクシー会社を調べておくことをオススメします。

スポンサーリンク

ベビー用品・部屋などの準備

出産前、産後の生活はあまりイメージできませんでした。

準備をしながらもどこか他人事のような・・・その頃の気持ちは今もよく覚えています。

でも、今の自分から何かアドバイスできるなら、

「もっと退院後の生活をイメージして準備しておいて!」

って教えてあげたいかも。

例えば、

  • ミルクを実際に作ってみる
  • オムツやおしり拭きは開封してすぐ使えるところに置いておく
  • ベビー布団を敷いてみる

などなど。

産院から帰ってきた時には赤ちゃんがいます。もう自由に動けないんです!

産後すぐの体でフニャフニャ泣く赤ちゃんを抱っこしながら、哺乳瓶を開封したり消毒したり、保湿剤を出したり・・・これ、身体的にも精神的にもかなりしんどいです。

なので、

「入院前にすべての準備を整えておく」か、もしくは「すべてやってもらえるようにパートナーと情報共有しておく」のをオススメ!

我が家は準備不足はあったものの、夫との情報共有を意識していたことで助かった部分が大きかったです。

まとめ

出産を控える方に少しでも参考になれば嬉しく思います。

もし「ここが気になる」「もうちょっと詳しく」などなどあれば声をかけて下さいね😊

スポンサーリンク
コメントを残す