出産準備について、第3弾。

今回は「入院するまでにやっておくこと」についてです!

私自身がやっておいて良かったことや、逆に「やっておけば良かった!」と後悔したこと・・・

などなど、振り返ってまとめていこうと思います。

出産入院用の荷物について

まずは入院用の荷物についてです。

カバンは2つに分けて用意

スーツケース、トートバックなどどんなものに入れていくのが良いのか色々悩みましたが、今の自分からアドバイスをするなら、

カバンの種類は何でも良いから、「最低限必要物」と「着替えなど後からでも良いもの」に分けて準備しておけ!!

ということです。

出産がどうやって始まるかは、その時までわかりません。

よく耳にする「陣痛が等間隔になってくる」パターンなのか、破水からなのか、はたまたもっと違う始まり方か。

家に一人でいる時なのか、夫がいる時なのか・・・などなど。

例えば一人で家にいる時に破水した場合、着替えなどすべてが入った荷物を持っていくのは不可能に近いです・・・

なので、そういった時にサッと持っていける最低限バッグと、その他必要物一式が入った大きな荷物の2つに分けておくのをオススメします。

最低限バッグには、財布・母子手帳・保険証など必須アイテムを。

大きな荷物は後から誰かに持ってきてもらえばOK!

私は肩掛けカバン+スーツケースの2つに分けて持っていきました。

夫にも荷物の中身を把握してもらう

何かと物が多くて大変なのですが、できれば旦那様にも入院荷物の中身を把握しておいてもらうのをオススメします。

我が家の場合、まず産院についた時点で私が診察室(モニター)へ。

その間に、

看護師
赤ちゃん用の服と肌着、今のうちにお預かりします。

え、あ、ハイ!すぐ出します!

なんてことがあったらしいです。

あとは私が陣痛で動けない時に、

ちょっとあのタオル取って!カバンの中に入ってるから・・!!

というかんじで、スーツケースの中身を出してもらったりもしました。

ザックリと、「このカバンにこれが入ってるらしい」くらいの感覚でも良いので把握しておいてもらうと、何かと助かるように思います。

最後に追加する物リストを、荷物の上に置いておく

これは個人的にやっておいて良かったことなのですが・・・

「最後に追加するものリストを、荷物の上に置いておく」というのをオススメしたいと思います。

入院荷物を準備したとき、実際に出発する直前まで入れられないものってあると思うんです。

たとえば、

  • メガネ
  • 財布
  • 母子手帳
  • 保険証

などなど。

私はそれを紙にリストアップして、入院荷物の上のわかりやすいところに置いておきました。

何気なくやっていたのですが、これがいざその時に大活躍!!

破水?え?どうする?病院?タクシー呼ばなきゃ、荷物持たなきゃ、あ、あーえーと何をどこからどうしたら

ってパニックの中で、とにかくメモに書いてあるものを順番にしまっていくことで冷静になれたんです。

あのメモがなかったら、たぶん無駄に部屋の中をウロウロしてたと思います。笑

小さなことですが、ぜひぜひ。オススメです。

陣痛タクシーの手配

「出産が近くなってきたら、陣痛・破水時に産院まで連れてって行ってもらえる陣痛タクシーを申し込んでおくと良い!」

・・・というのは、妊娠雑誌やアプリなどでもオススメされることかと思うのですが、

ここには落とし穴が。

「○○タクシーさんにお願いしたから大丈夫!」

と思っていても、いざその時に「今近くにいないので配車できませんゴメンナサイ」ってこともあったりするんです。

うちが実際そうでした・・・😣

陣痛タクシーは、使える限り何社か申し込んでおくことをオススメします。

うちは家が県境で微妙な位置だったのもあり、陣痛タクシーが使える所が一社しかなかったんです・・・

最終的にはそのタクシー会社がなんとか来てくれることになったものの・・・本当にパニックでした。

徒歩ですぐに行ける距離に産院がある方はもちろん心配いらないかと思うのですが、そうでない場合は万全に準備しておいて損はないと思います。

ちなみに私が陣痛タクシーを手配し始めたのは32週頃↓

タクシー会社に薦められてリハーサルをするも、うまくいかなかった話も書いています↓

スポンサーリンク

ベビー用品・部屋などの準備

出産前はとにかく、

本当に出産なんてできるの?私が?ほんとに??

というかんじで、産後の生活はいまいちイメージできていませんでした。

とりあえずベビー服の水通しをして、必要と言われているものを揃えて・・・

そうやって準備をしながらもどこか他人事のような、そんな感覚でした。

その頃の気持ちは今もよく覚えています。

でも、今の自分から何かアドバイスをできるなら・・

「もっと退院後の生活をイメージして準備しとくと良いよ!あとでしんどいよ!!」

って教えてあげたいかも。

例えば、

  • 粉ミルクを、リハーサルとして一度作ってみる
  • オムツやおしり拭きは開封して、すぐ使えるところに置いておく
  • ベビー布団を実際に敷いてみる

などなど。

産院から帰ってきた時は、当たり前ですが赤ちゃんがいます。

そうすると、とにかく自由に動けないんです!!

産後すぐの体でフニャフニャ泣く赤ちゃんを抱っこしながら、

哺乳瓶を開封したり消毒したり、しまってあったベビーローション(保湿剤)を開封したり・・

・・・・これ、身体的にも精神的にもかなりしんどいです、しんどかったです。

なので、

「入院前にすべての準備を整えておく」

or

「入院中に旦那様に全てやってもらえるように、情報共有しておく」

というのをぜひ!

我が家は準備不足はあったものの、夫との情報共有を意識していたことで助かった部分が大きかったです。

そうすると退院して帰った時に、

息子
フェーーー

息子抱っこしとくから、ミルク作って!

わかった!ちょっと待ってて!

みたいなかんじで、即協力体制が取れます!!

私は帰宅後とにかく余裕がなくて・・・

夫自身パニックだったろうに、一生懸命動いてくれたことに感謝しましたし惚れ直しました。笑

当時の状況について、詳しくはコチラ↓

まとめ

妊婦さんにフォローしていただくことが増えてきたことから、10ヶ月前を思い出しながらの出産準備シリーズでした。

すべて私の主観での記事にはなりますが、出産を控える方に少しでも参考になれば嬉しく思います。

またもし「ここが気になる」「もうちょっと詳しく」などなどあれば声をかけて下さい(*^^*)

当時産院で聞いた情報は、過去記事に箇条書きしています。

よろしければそちらもどうぞ!↓

以上、【出産準備】いよいよその瞬間に向けて~入院するまでにやっておくこと編~でした!

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク