【『夫婦は他人』対談補足】「うまくいかないのは頑張りが足りないから」ばかりではない。

先日メリラボさんで、旦那との対談企画をやらせていただきました。

【夫婦対談】新婚で離婚危機!?修復のきっかけになった妻の言葉「夫婦は他人」の意味とは?

反応いただくことも多くて、とてもうれしく思っています。
ただ、少し言葉足らずだった点があったので、この記事で補足させてください。

しんどい時は逃げたっていい

私は記事の中で、

  • ひたすら傷つけられる毎日の辛さ
  • 旦那と話し合いをする中で『教育』(という言葉が適切かわかりませんが)をして、普通の会話・やり取りができるようになっていったこと
  • そこまでに自分が頑張ったこと

を話しています。

実際、すごく頑張りました。それは事実です。
でも、結果旦那が変わったのは、たまたまです。

『自己中モラハラ旦那』が『子煩悩パパ』になった話の最後にも書いたのですが、

プライドが高かったり、いつでも自分が正しいと思っていたり・・というタイプ、Twitterを見ていると結構いるようです。
そういう人が子育てを始めるって・・なかなか大変ですよね。
誰が大変ってそのパートナーなわけですが・・・

本当にどうにもならない時もあると思うんです。
そういう時は、遠慮なく周りに助け求めたり、本当にいざというときは相手と離れるのも有りだと思っています。
私の場合はたまたま成功しただけ。そんな気もしてるんです。

どうにもならない時、しんどい時は、『頑張らなくていい』と思います。
しんどい時は逃げていいんです。

私や旦那が発信している内容を見て、

あの二人はその状態から脱却して楽しそう
そうできないのは自分の頑張りが足りないのかもしれない

もしそんな風に思っている方がいるとしたら、ごめんなさい。
そういうことではないんです。

例えば私だったらどんな人でも変えることができるか、頑張って粘ればどんな人も変わるのか。そんなこと、あるわけないです。

変わらない人もいます。どうか自分を責めないでください。



『モラハラ』によって自分の価値観が狂っていく恐怖

私が限界状態だった時苦しかったのは、

仮にも自分が好きになった人なのに、こんなはずじゃなかったのに
好きだから信じたいのに
でもひたすらこちらが傷つけられる、憔悴していく

という感覚でした。

自分が我慢すればいいんじゃないか
自分が悪いんじゃないか
そもそも自分が今まで生きてきた価値観すべて間違っていたんじゃないか?

『モラハラ』という定義が厳密にどこまでを指すのか詳しくは知りませんが、周りを見ているとそういうタイプは『口が立つ』ように思います。

言いくるめられているうちに、自分の感覚が狂っていきます。それは本当に恐ろしいことです。

『自分が悪い』と思うと、抵抗する気力がなくなります。逃げ出すパワーもなくなってしまいます。

そうなる前に、誰かに助けを求めてほしい。逃げてほしいです。

じゃあどうして私たち夫婦は発信しているのか

今回、いろいろな意見をいただいたりする中で改めて考えていました。私たちはどうして発信しているのか。
『たまたま』うまくいっただけなら、これはただの自慢なのか?いや、そうじゃない。

私の中の結論?は、

「こんなやり方もあるよ」
「もしかしたら有効かも、試してみる価値はあるかも」

そう思っていただけたら、もしかしたら誰かの役に立つかもしれない。そこに尽きます。

私は限界の頃、よく『2ちゃんまとめ』を見ていました。それまで全く興味がなかったけれど、あの状態の私にとっては役立つ情報の宝庫でした。

実際にモラハラをしている側の考えを知ることができたり、それに対する『世間一般の目』を知ることができたこと。

2ちゃんなんて創作が多いと言われていますし、みんなそういうキャラを演じているだけかもしれない、『世間一般の目』といっても『2ちゃん内の目』でしかないかもしれない。それでも。

自分一人では考えが及ばないような発想がそこにはあり、また「自分は間違ってない」と立て直すためにもずいぶん有効でした。

叩かれまくって変わっていく人もいましたし、変わらないまま逃げていく人もいました。

いろんな人・いろんなパターンをあそこで知ったことは、私にとって大きな体験だったと思います。

私たちが今発信しているのは、そういうことなんだと思っています。

私たちが、ひっどい状況から立て直した。その過程には何か、ヒントがあるかもしれない。

まとまらないまとめ

ただ、自分の相手が今後変わるかどうかなんてわかりません。

何度も言うようですが『変わらないから自分の頑張りが足りない』なんてそんなことは絶対にありません。
そもそも、自分を傷つけてくる人からは逃げていいんです。

向こうは自分の思うように生きているのに、こちらが必死になって疲れていく、憔悴していくのも本来おかしなことだと思います。

歩み寄るために『頑張る』かどうかも、自由です。頑張らなくたって、いい。

ただ、どうせならやれるだけやってみようとか。
やるだけやって無理ならマジで逃げよう、とか。

そういう時、もしかして「あぁ、なんかHINAとかいうのが色々言ってたな」「このやり方ちょっと使ってみるか」って、そんなかんじでお役に立てたら。

何言ってるんだかわからなくなってきました。スミマセン。
とにかく、自分が一番大事です。みんな。

しんどい時は、頑張らないで。
もし似たような状況で苦しんでいるなら、私で良ければ話聞きます。

私は何も、すごくないです。
たまたま成功しただけです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「俺が優しくしたら嫁も優しくなるのか!ある日気付いた当たり前のこと」

妊娠中に旦那がしてくれて嬉しかったこと~我が家の神対応まとめ~

困った旦那を良いパパに育てる方法

「不機嫌になるくらいなら家事しないで」久しぶりの夫婦大喧嘩で、私が猛省した話

結婚生活のリアルとヒントの必読本「子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法」

妊娠中の喧嘩~世の旦那たちに告ぐ「ダメ絶対!」~