こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

先日Twitterで、生協の「たすけあいの会」という家事援助サービスを知りました。

「生協を使っている組合員同士で気軽に助け合おう!」という趣旨で、全国それぞれに活動しているそうです。

掃除、洗濯、調理、買い物などの家事援助を、リーズナブルな金額で頼むことができます

今回はこの「たすけあいの会」を実際に利用した体験レポートです😊



★妊娠中の方、赤ちゃんのいる家庭のお買い物をサポート
まずは資料請求!

「たすけあいの会」とは

体験レポート本題に入る前に、まず「たすけあいの会」について簡単にまとめてみます。

「たすけあいの会」とは
  • 高齢、障がい、病気・けが、産前産後、子育て中などの方へ、くらしの中のちょっとしたお手伝い(助け合い活動)を会員どうしで行う
  • 「たすけあいの会」の名称・料金・時間設定は、各組合によって異なる

「たすけあいの会」は、生協の各組合がそれぞれで行っている事業です。

この記事では「たすけあいの会」とまとめていますが、サービスの呼び方は各組合によってバラバラなのでご注意ください。

etc...

調べる際は、「組合名 助け合いの会」もしくは「県名 生協 助け合いの会」で検索すると出てきます。

 

料金は様々で、利用した時間分の料金+交通費のみのところもあれば、別で年会費が必要なところもあります。

ざっくり調べてみると、

  • 利用料金:1時間あたり650~900円程度
  • 年会費:1000円程度(必要ないところもあり)

というかんじ。

各組合によってバラつきはありますが、一般的な家事代行サービスよりかなりリーズナブルです。

基本は1時間単位の利用で、1時間から使えるところもあれば、2時間以上から受け付けているところもあります。

申し込み~利用の流れ

前置きが長くなってしまいました。

「たすけあいの会」良いかも!と思った時はどうしたらいいかというと・・・

「たすけあいの会」を使いたい時は、まず担当窓口に電話してみよう!

加入している組合に電話すれば教えてくれると思いますが、私はネットで検索し、案内ページに書かれている電話番号に直接かけてみました。

そこからはスタッフの指示に従って申し込み手続きを進めます。

各組合によって申し込みの流れは違うと思いますが、参考までに・・私の場合はこちらです↓

「たすけあいの会」利用の流れ

1.担当窓口に電話

何を頼みたいか・名前・住所・電話番号・子どもの人数と年齢などを聞かれる

2.担当スタッフから電話

利用前に登録が必要ということで、コーディネーターが訪問し登録する日を決定

3.コーディネーター訪問

利用についての案内、登録手続き、利用する日時の決定

4.サービス利用当日

終了後、利用料+交通費を現金で支払い

見ていただいてわかるように、実際に利用するまでの手続きがかなり面倒でした😅

特にコーディネーターさんが自宅に来て登録というのは、なんともレトロなシステム・・・他の組合だとまた違うのかもしれませんが。

申込みが面倒な割に、いざ利用する時は「近所のおばちゃんが手伝いに来てくれた」かんじで、料金も直接手渡し。

なんだか不思議なサービスです(笑

今回は1時間、水回り掃除を依頼。利用料金700円+往復交通費440円、合計1140円でした!
スポンサーリンク

「たすけあいの会」を利用してわかったこと

実際に「たすけあいの会」を利用し、担当コーディネーターさん・実際に業務を担当してくれた方にいろいろと話を聞くことができました。

地域差などはあるかもしれませんが、今回わかったことをまとめてみます。

子育て世代の利用も多い

コーディネーターさん曰く、私のようにネットで「たすけあいの会」の存在を知ったという問い合わせは多いんだとか。

年配の方の利用が多いものの、子育て世代からの依頼も増えてきているそう。

あくまで「組合員同士の助け合い」

「たすけあいの会」はプロに仕事を頼むサービスではなく、あくまで『組合員同士の助け合い』

来てくれるのは、ご近所のおばちゃん・おばあちゃんがほとんどです。

たとえば掃除を頼んだからといって、ピッカピカに磨き上げてくれるわけではないのでご注意を。少しお金を払って、自分の作業を手伝ってもらう感覚です。

掃除用品など必要物はこちらで用意

掃除・食事作りなど、「家にあるものを使ってお手伝いしてくれる」のがこのサービスです。

私は今回水回りの掃除を依頼しましたが、洗剤・ブラシ・ティッシュなどすべて我が家にあるものを使いました(来てくれた方のエプロン・タオルなどは持参してきて下さいました)

また、繰り返すようですがプロではなく「ご近所さんが助けに来てくれている感覚」なので、

お風呂はどこをどう掃除しますか?使う洗剤の指定はありますか?

など聞かれることも多く、ある程度こちらから指示してやっていただく形でした。

来てくださる方のタイプによって、やり方も違うと思います。手際が良い方に当たればラッキー!くらいの感覚でお願いすると良いかも

依頼したいことを決めたら、まずは一度相談を

依頼する内容は、

  • 掃除・洗濯等の簡単な家事
  • 食事作り
  • 話し相手
  • 散歩や通院などの付き添い
  • 布団干しや草取りなどの雑務

などなど、かなり自由です。

ただあくまで「助け合い」なので、近くにその作業を請け負ってくれる方がいればやってもらえるし、無理な場合もあります。

近隣にどれくらい登録者がいるかもわからないので、とにかく一度問い合わせてみるのがいいかも。

継続依頼もOK

組合によって違いはあるかもしれませんが、私の加入しているところでは継続依頼も可能とのことでした。

依頼内容・日程の希望など、条件に合う方がいればお願いできます

うまくいけば「産前産後、週一回掃除に来てもらう」なんて使い方もできるかも。これはありがたいです。

「住民参加型在宅福祉サービス」について

今回我が家にお手伝いに来てくれた方から、「住民参加型在宅福祉サービス」というものを教えていただきました。

自分たちの住むまちを 自分たちの手で 住み続けられるようにしたい!
住民参加型在宅福祉サービスは、こうした住民の思いを形にした住民自身による地域福祉活動です。サービスを利用する人も提供する人も同じ地域に住む住民同士。

“みんなで互いに助け合っていこう”という趣旨で行われています。

「住民参加型在宅福祉サービス」の中に「たすけあいの会」も含まれる・・・みたいです。私もまだよくわかっていないのですが・・・

検索してみると、各地のいろいろなサービスが出てきました。

利用例に「家事援助」「産前産後のお手伝い」などが書かれているところも😊

サービスの有無、利用条件など地域差はありそうですが、一度調べてみる価値はありそうです!

生協を使っている方はぜひ一度お試しを!

今回は生協「たすけあいの会」について書いてみました。

利用手続きはちょっと面倒ですが、使ってみるととっても便利!

実際に利用するかはともかくとして、一旦調べてみるのは大いにありだと思います

「たすけあいの会」は生協加入者のみのサービスなので、この機会に始めてみるのもいいかも。

私は元々「生協ってなんだかよくわかんない」「高そう」と思っていたのですが、妊娠前に加入してみたらその便利さの虜に・・・😂

毎週、牛乳や冷凍野菜など自分で買い出しに行くのは大変なものを中心に注文しています。

「たすけあいの会」以外にもいろいろとお得なサービスがあるので、私もこれからさらに活用していくつもりです!



★妊娠中の方、赤ちゃんのいる家庭のお買い物をサポート
まずは資料請求!

スポンサーリンク