こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

突然ですが、赤ちゃんと遊ぶのって意外と難しいですよね。

「まだうつ伏せもハイハイも出来ないし・・・」

「ネンネばっかりで遊び方がわからない・・・」

私も保育士をやってなかったら絶対困っていたはず!!

ということでこの記事では、0歳からできる【ふれあいあそび】を紹介してみたいと思います(*^^*)

今すぐ簡単にできて、ネンネの赤ちゃんはもちろん、ハイハイやアンヨの子、もっと大きい幼児さんも楽しめる遊びばかりです。

それではどうぞ♪

「ハンカチふわふわ」

まずは「ハンカチふわふわ」です。

赤ちゃんの顔の上で、ハンカチをふわふわと揺らして遊びます。

最後は顔の上にフワッと落として「いないいない、ばぁ!」

白いハンカチが ふわーふわー
白いハンカチが ふわーふわー
誰の上に落ちるかな ふわ ふわー

 

  • 動画内では「白いハンカチ」ですが、「白いガーゼ」「黄色いタオル」など自由に変えて遊びます♪
  • 顔の上にハンカチを乗せると嫌がる子には、そっと顔を隠して、すぐどけてあげるといいかも。笑顔で「ばぁ!」と繰り返しているうちに、少しずつ「楽しい遊びなんだなー」とわかってきます。
  • 顔の上に乗せた布を自分で取れる子は、自分でハンカチを取るのを待ってあげるのがオススメ。できた瞬間を笑顔で「ばぁー!」と迎えてあげると、お互い楽しいです😄
  • オムツ替えや着替えの時、服を使ってフワフワするのも楽しいですよー!

「大きなタイコ」

次は「大きなタイコ」です。

赤ちゃんの手を持って、お腹をタイコにして遊びます。

大きなタイコ どーんどーん
小さなタイコ とんとんとん
大きなタイコ 小さなタイコ
どーんどーん とんとんとん

 

  • 大人の親指を握らせ、赤ちゃんの手首を優しく包むように持つとやりやすいです。
  • 息子がまだ無反応な頃からやっていたのですが、4か月ごろからキャッキャと声を出して笑ってくれるようになって感動したあそび。最後の「トコトコトコー」は、たまたまやった時に息子が喜んだことから、我が家のお決まりに。
  • 「ゾウさんのタイコ」「アリさんのタイコ」というようにアレンジするのも楽しい!大きい子なら「ウサギさんのタイコ・・え?ウサギさん?ウサギさんのタイコってどんなのかなぁ?」なんて、そこから遊びが広がっていったりもします😄
スポンサーリンク

「ぞうきんチクチク」

最後は「ぞうきんチクチク」

ねんねの頃~お兄ちゃんお姉ちゃんまで、みんな大好きな遊びです。

子どもの体をぞうきんに見たてて遊びます。(そこだけ聞くとなんかひどい遊びみたいですが、かわいい遊びなのでご安心を(笑))

針に糸を通して
チクチクチクチク縫いましょう
洗って洗って
絞って絞って
ぞうきんがけ シューッ!!

 

  • 「針に糸を通して」で、子どもの足指の間に、大人の指を通します。大きい子だと、これだけで大笑いしてくれることも多いです😄
  • 「絞って」のところでは、足を持ち上げて少し体を横に傾けます。寝返りの練習にもなります!無理のない範囲で楽しんで下さい。

最後の「ぞうきんがけ シューッ!」について。動画では体を滑らせていますが、これは大きい子の場合です。

赤ちゃんの時は、体の上に手を滑らせる・口で「シューッ」と言うなど、その子に合わせて調節してあげて下さい。

ある程度大きくなってきたら、「シューッ」で、大人の手を蹴って滑るととっても楽しいです。

夫の足でやってみるとこんなかんじ↓

子どもに膝を曲げてもらって、その足の裏に大人の手の平を当てるイメージ。手で壁を作ってあげるかんじです。

ジャンプするみたいに足を伸ばして!

と声をかけ、子どもが足を伸ばすタイミングで前に押し出します。

うまく滑れると、すごーく楽しい!!年長さんくらいになると、数メートルレベルで飛んでいきます。床など滑りがいいところで、広いスペースがある時はぜひ!

赤ちゃんと一緒に、気軽に楽しもう!

3つの歌あそびを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか😄

『ふれあいあそび』なんて呼び方をするとなんだか身構えてしまいそうですが、楽しければオールOKです!

歌詞とかメロディとか、全部テキトーで問題なし!間違えたーとかオンチだからーとか、そんなこと気にしない!!

パパママのオリジナルで適当に遊ぶだけで、じゅうぶん立派な『ふれあいあそび』だと私は思います。

 

ちなみに、動画を見直していて「歌のテンポが早い・・」と反省しました。小さい子だと、ゆったりスローペースの方が楽しみやすいように思います。

と言ってもお子さんの好みもあるので、その辺りは楽しみながら調節してみて下さい♡

 

繰り返し遊んでいるうちに、赤ちゃんも歌を覚えていきます。

ギャーンと泣いている時に歌うと、

「あ、これ知ってる」

「楽しい時の歌だ!」

と思い出すのか、ピタッと泣き止んでくれることも多いですよ!

以上、保育士直伝!0歳児から幼児まで楽しい『ふれあい遊び』でした!

ちなみに、今回のパートナーはこの子が務めてくれました。

ブリトーちゃんありがとうー!!

スポンサーリンク