こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(fa-twitter@hinamama_cm)です。

 

 

ふれあい歌あそび記事も3回目となりました!

 

 

1回目2回目、どちらもたくさんの方に見ていただき、

 

「こんなふうに遊んでるよー」なんて感想も頂いたりしています。

 

嬉しいです!!

 

 

今回は、今まで一番感想をいただくことが多かった「布あそび」のバリエーションをご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

「いないいないばぁ は誰でしょね」

赤ちゃんの上で布をフワフワ。

 

 

いないいないばぁ は誰でしょね
いないいないばぁ は誰でしょね
お顔を隠したお友だち
いないいない ばぁ!

◆「お顔を隠したお友だち」のところで赤ちゃんに布をかぶせ、

 

「いないいないばぁ!」で布をとってあげる(or自分で取るのを待つ)遊びです。

 

 

◆前に紹介した「ハンカチふわふわ」と、遊び方は全く同じ!

 

「いないいないばぁ」を題材にした絵本を読む時、この歌をうたいながら読むのも楽しいです。

「上から下から」

これも、やることは同じです。笑

 

赤ちゃんの上で布をフワフワー。

 

 

上から 下から 大風来い
来い来い来いったら 来い来い来い

◆赤ちゃんの上で布をふわふわ。

 

「ハンカチふわふわ」や「いないいないばぁは誰でしょね」と同じように、

 

最後に顔の上に布を落として「いないいないばぁ!」をするのもいいと思います!

 

結局やることは全部同じですね。笑

 

 

◆これは「わらべ唄」としての印象が強いかも。

 

検索すると色んな人のバージョンが出てきます。

 

 

◆タオルなどを使ってブワッと風を起こすのも楽しいです。

「上から下から」大布バージョン

大人が2人以上いるときには、こちらもオススメ!

 

◆大人2人で布の両側を持ち、曲に合わせて上げ下げします。

 

(反対側はお兄ちゃんお姉ちゃんでもいいかも!)

 

 

◆今回はバスタオルだったので、あまりフワフワしなかったのですが・・・

 

本来は薄手のタオルケットやシーツなどの軽くて大きめの布で、ブワッ!!と空気をはらんで布が膨らむように遊びます。

 

下にいる子どもの髪の毛が上に引っ張られるイメージです!

 

 

◆ダイナミックに楽しめるので、お兄ちゃんお姉ちゃんたちにも人気です。

 

大人も子どもと一緒に布の下に入ると、さらに楽しい!

 

大人が3人以上いる時はぜひやってみて下さい(*^^*)

 

 

◆しばらく遊んだ後、

 

  • 布の上に子どもを乗せて引っ張るソリ遊び
  • 布の上に子どもを乗せて両側を持ち、ハンモックのようにユラユラ

 

などなど、色んな遊び方につなげていくのも楽しいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ふれあい歌あそび第3弾、いかがだったでしょうか。

 

また感想などいただければ嬉しいです😄

 

 

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク