こんにちは、アラサーかーちゃん(保育士お休み中)のヒナです。

急に寒くなってきましたね!!

秋服買わなきゃ!冬ってどうする?何着たら外出られる?!と焦っていろいろと調達する毎日です。

そんなわけで今回は『抱っこひもの冬用ケープ』について書いてみました!

暖かいケープにも色々ありました

元々、夏の間はUVカット機能付きのユグノー シャダンケープを使っていました。

抱っこひもの時はほぼ必ず付け、真夏を過ぎてからも風や小雨の対応に活躍してくれていました。

しかし!ここ最近の急な冷え込みで、やはり暖かいケープを買わなくては!ということに。

調べてみると「秋冬用ケープ」にもかなりいろんな商品がありまして・・・今回は、私が比較検討した商品とその特徴を挙げてみます。

(記事中の値段は2017年10月時点でのものです)

ダウンやボアなど、真冬に対応できるもの

冬用のケープを調べるとまず出てくるのが「ガッツリ暖かい!モコモコしたタイプ」だと思います。

Buddy Buddy ダウン3wayフィットケープ

  • レビュー数が多く、評価も高い
  • ダウン製・裾の足入れポケットも深いので暖かそう
  • 撥水
  • 480g(やや重い)
  • 約6,000円
  • 洗濯不可

ロスク キャリアーパウチ

  • 裾に足入れポケットあり
  • つける部分がリボン(他の商品はスナップやクリップが多い)→レビューでは「どこにでも結べて便利」「結ぶのが面倒」どちらの意見も出ていた
  • 上部がめくれているデザインが珍しい。その部分は二重になるので暖かいらしい(レビューより)
  • ガンガン洗えるしすぐ乾くらしい(レビューより)
  • 撥水
  • 450g
  • 約6,000円

ユグノー FTボアケープ

夏に使っていたユグノーUVケープのボアバージョン。

  • 足部分はポケット状になっているが、深さがあまりないため風は入ってきそう
  • 今使っているものと同じ型という安心感はある(エルゴに留めるクリップはやや外れやすいけど)
  • 撥水
  • 約5000円
  • 330gとボアタイプのものにしては軽め

2017.11.15追記:キューズベリー ローゲージ&ボア抱っこカバー

『雪国仕様の抱っこひもカバー』というのを見つけたので、追記です!!

商品リンクを直接貼ることができないのですが・・・

キューズベリーさんで扱っている「ローゲージ&ボア抱っこカバー」という商品です。



キューズベリー

雪国の、とても寒い地域にお住いのママたちからいただいた、「もっと暖かい抱っこカバーがほしいです!」とのお声。

従来の抱っこカバーは、持ち運びを考え、薄くてあたたかい素材を選んでいました。

そのため、寒さが厳しい地域では物足りない生地感になってしまっていました。

いただいたお声を反映し、従来の抱っこカバーに改良を重ね、驚くほど暖かい抱っこカバーが完成しました!

出典元:キューズベリー

表は厚手のニット生地、裏はボア素材ということでこれはかなり暖かそう・・私が羽織りたい。笑

コンパクトさと軽さも重視して作っているとのことでした。

8424円ということで値段は少しお高いですが、その分こだわって作られているようです。

フリース製など、ちょっと寒い時に便利そうなもの

調べていくと、上に挙げたようなガッツリ暖かいものではなく、少し薄手でコンパクト、秋口にも使いやすそうなものも出てきました。

ユグノー FTケープ+はっ水

こちらも上に挙げた「ユグノーFTボアケープ」と同じく、今まで使っていた夏のケープと同じ形です。

  • 撥水
  • 250gと軽量
  • しまう時にコンパクトになるので持ち運びに便利らしい(レビューより)
  • 約3500円

BOBO 2wayママケープ

  • デザインが凝ってる
  • 足元は軽く内側に折れてるかんじ?ポケット状ではなさそう
  • 撥水
  • クリップ部分は分厚いものも挟めるように改良、アジャスター付きのベルトになっているらしい
  • 331g
  • 約6000円

2枚組、オールシーズン対応のもの

ガッツリ冬に対応していくタイプか、秋から使えそうで持ち運びやすいコンパクトタイプ。

さてどちらを買おうか?・・・と悩んでいたところで、新たな選択肢を見つけてしまいました。

くまさんのあったか防寒ケープ&レインカバー

  • 外側のレインケープと内側のボアケープを取り外せる便利仕様!
  • 「これ一枚でいいんです」が売り。ベビーカーにも抱っこひもにも付けられて、外側だけで使えばレインケープになる。雨の時は外側だけ、寒い時は内側のボアケープ、雪の時やすごく寒いときは2重に。ほぼオールシーズン使いまわせる
  • ボアケープには丸いシッポ付。かわいい
  • クリップ部分は、付けにくい場所にも付けられるよう改良済。ゴムになっているらしい
  • 他にも先輩ママの声を組み込んだこだわり仕様がいろいろ
  • 重さは不明
  • 約12000円とお値段は高め

秋と真冬、両方に対応するにはどうしたらいい?

さて、商品はいっぱいあるけどどうやって選ぼう・・と悩んでいて、私の中で問題だったのはココです。

秋と真冬、両方に対応するにはどうしたらいいのか?

それを中心に値段なども含めて検討した結果、選択肢を2つに絞りました。

1、くまさんのあったか防寒ケープを買う

選択肢その1は、ボアケープとレインケープの2枚合わせになっている「くまさんのあったか防寒ケープ&レインカバー」の購入。

これなら、風よけ用とか雨用なら外側だけ使えばいいし、真冬になったら2重にすればいいし。

ただ大きな問題として、高い。

2、秋用と冬用で2枚買う

選択肢その2は、用途別でそれぞれ分けちゃうパターン。

秋用は持ち運びが便利で軽めなコレ↓

で、冬用は足のポケットが深くて寒い風が入らないようにガードできそうなコレ↓
もったいないかなぁ?と思ったのですが、よく考えたら選択肢1のくまさんを買うよりこっちの方が安いという衝撃。

スポンサーリンク

最終的にこうなりました

一旦、2枚を買う方向で

で、悩みに悩んで夫とも相談した結果・・・

2枚買う方向でいけば?でもとりあえず真冬用のだけ買って、まずは本人の服とかで調整してみようよ

ということに。

というわけで我が家が買ってみたのはコレです。

裏側はこんなかんじ↓

かーなり足部分のポケットが深いのがわかります!スッポリ!

この足部分に手を入れてみると、めっちゃ暖かい&気持ちいいー!!

ダウンなので保温性もバッチリです。

抱っこひもに留める部分はこんなかんじ↓

スナップとクリップ、両方ついています。

使いやすい方を使ってもいいし、ダブルでしっかり付けてもOK。

エルゴアダプトに付けてみると、こんなかんじです↓

クリップを使わなくても、スナップでバッチリ留まります。

内側に巻き込むように留められるので、外の空気が入りにくくてとても良い!!

使ってみた、その結果

先週、肌寒い&小雨の日に外出する用がありまして。

本来このケープを使うほどの寒さではないのですが、あえて息子に着せる服は軽装にして、建物の中外など温度に合わせてケープで調節してみようということで試してみました。

結果、

めっちゃ便利ー!!

ずいぶん体がしっかりしてきたとは言っても、本人にジャンパーなどの服を着せるのは大変です。

抱っこひもに入ってしまうと、降ろして服着せてまた抱っこして・・っていうのも大変だし。

それがこのケープの暖かさなら!家の中の格好にケープを被せるだけで安心暖かい!!

暑くなりすぎてしまうのではないかと心配しましたが、中に着る服を軽装にしておけばそこまで気にならないように思いました。

室内だけどちょっと肌寒いかも?くらいの時は、足をポケット部分から出して背中側からケープがかかるだけにするとちょうど良いかんじでしたよ!

中に着る服を暖かくしていけば真冬もポカポカしてそう。

雨もしっかり表面が弾いてくれて、息子は濡れることもなくバッチリでした。

ということで、秋用のケープは買わずにこのまま乗り切っていくことになりそうです!

洗濯ができないのだけネックですが、それを加味してもかなり良い買い物ができたのではないかと!

何よりフワフワでほんと気持ちいいんですー

【おまけ】後から見つけたお気に入り

というわけで我が家の冬物ケープ検討は無事終わったのですが、あとから見つけたお気に入り商品も紹介しておきます。

マルチプルカバー

最近知った世界中の便利なベビーグッズ!コントリビュート ショップで見つけました。




柄が個性的!日本のベビーグッズではあまり見ないようなカラフルな色合いが目を引きます!

ポイントは画像でまとめられていました↓




防水機能もあり、なかなか使いやすそうです。

ただ何より私が惹かれたのはこのデザイン↓



かわいいー!!このクマさんめっちゃいい!!

このためだけに買いたくなってしまいました。

ソレイアード 2wayベビーウォーマー

えぇええーー!これめちゃいいやんーーー!

まぁ値段は高めだけど・・・丸洗いできるしフード外せる・・うわぁこれ、悩んでる時に知ったらこっちにしてたかもなぁ・・

2017.10.19 追記:買ったお友達に見せてもらいました!

「このケープ買ったよ!」というお友達を発見!

商品の写真を撮らせてもらってきました。

カラーはベージュ。

新色らしいです。かわいい!!

足のポケット部分はかなり深めです。

私が買ったBuddy Buddyのケープと同じくらいの深さかな。

ちょっとわかりにくいですが、フワフワ側にもスナップの留める場所があるのがわかります。

『フードの向きを変えられる』というのがコレですね!

留めるところはこんなかんじ↓

抱っこひも肩紐をグルッと巻いて、ケープ本体を挟んで留めるようになっています。

BuddyBuddyのダウンケープと比べると、

  • BuddyBuddyダウンケープは「羽毛布団」
  • ソレイアードのケープは「毛布」

というかんじ。

暖かさ重視!という方はBuddyBuddy。

少しでもコンパクトにしたい、家で洗濯したいという方はソレイアードがオススメかと!

2017.11.14 追記:ベビーカーで使う時はこんなかんじ

買って下さった読者さんに、使っている時の写真を見せていただきました!

ベビーカー乗せるときもフードの向き変えられるのがとても便利でした!

スッポリってかんじで、これなら真冬以外は帽子被らなくても大丈夫かなってくらい^^

とのことでした。

フードの向きを変えるとこんな風になるんですねー、便利!

ちなみに、ゾウさんもブログを読んで買ってくださったそうです♡

おそろ!

ゾウさんについてはこちら!

スポンサーリンク