こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

突然ですが、「夜間断乳」始めました。

つい先ほど、初日の夜が明けたところです。眠い。

今回は、

  • 私が夜間断乳をしようと思った理由
  • 初日の経過
  • お助けアイテム

などを書いてみます。

眠い!!

そもそも「夜間断乳」とは?

夜間断乳って何?

そもそも「夜間断乳」って何?
なんか聞いたことあるけど・・・

という方もいらっしゃるかと思います。私もよくわかっていませんでした(笑

詳しくは検索すると出てきますが、ザックリ言うと「夜中の授乳をやめる」に尽きます。「夜間断乳」だから当たり前なんですけど。

「断乳に向けての第一歩」なんて表現をしているところもあったりします。

夜間断乳をするとどうなるの?

夜間断乳をすると、どうなるの?

調べたところ、一応「夜、起きなくなる」と言われています。

「夜泣きがなくなり、母も子もぐっすり眠れて生活がしやすくなる」なんて、理想すぎる!

また、本格的な断乳に向けて段階的に授乳回数を減らしていくことで、乳腺炎のリスクを減らすという意味もあるんだとか。

「朝まで起きない」って、ホント?
本当にそうなったら、ありがたすぎる!

いつ始めればいいの?

夜間断乳って、いつするの?

私が調べた情報によると、どうやら6~8ヶ月頃がいいらしいです。

「一晩持つ量の母乳(ミルク)を飲めるようになっている」というのが最低条件なので、早すぎるのはダメ。

ゆっくりすぎると子どもが『賢く』なってしまうので、「なんでおっぱいくれないの!?」となってやめづらいんだとか。

私が夜間断乳をしようと思った理由

私が夜間断乳を考え始めたのは、Twitterで夜間断乳をしている方を見かけたのがキッカケでした。

あー、そういえばそんなやり方もあるんだっけー。いつからだっけ?あぁ、6~8ヶ月頃ねー

え?それ、今やん?

「今がまさにその時かー」と思いつつ、

でもなぁ、わざわざ今やらなくてもなぁ・・・とりあえず1歳まではこのままユルユル飲ませててもいいかなぁ・・・なんて思っていた私。

なのですが。

ここ最近その考えが揺らぎ始めたんです。なぜなら、「夜中起きるのがしんどすぎるから」

ただ単純にそれでした。

もっと月齢が小さい頃は、朝まで寝てくれることもあった息子。ところが最近、夜中2,3回起きるのが当たり前になってしまいました。

しかも、飲ませた後しばらく寝ない。かーちゃん眠い。しんどい。やばい、眠い、しかも冬が近づいてきて寒い・・・

あまりのしんどさに、頭の片隅に追いやっていた「夜間断乳」の存在がリアルになったのでした

改めて調べてみると、今の息子は「夜間断乳を始めるといいタイミング」に大体当てはまっていて、

  • 生活リズムが整ってきている
  • 一度にグッと飲むことができ、授乳時間が空く
  • 授乳以外の方法で入眠できる

まさに、でした。これはもう逃げられない。

いつ始めようか、夫の休みに合わせようか・・・と考えていたのですが、はじまりは突然やってきました。

スポンサーリンク

初日レポート

1:10 起きる

いつから始めようかなぁ、近々かなぁ・・とタイミングを悩んでいた私。

1:10に息子が目覚めた時、ふと思ったんです。

いつも起きたらすぐ授乳しちゃうけど、しなかったらどうなるんだろう?

とりあえず抱き上げ、座ったまま揺れてみました。

息子
ギャァアアアン!

うん、そうだよね。

諦める前に、ヒップシート抱っこを試してみよう。

装着、上に息子を乗せて、と。

・・・

あれ。泣き止んだ・・・むしろ寝る態勢に入ってる!?

こ、これは、もしかしてこのまま夜間断乳に突入するべきタイミングなのでは?!

1:25 寝る

しばらくポルバンの上でユラユラして、しっかり寝入ったところで布団へ。

目が覚めてから寝るまでにかかった時間は15分でした。

これ、今まで安易に授乳しすぎやったんちゃうん・・・・

抱っこでスッと寝付けるということは、お腹が空いているわけではないんだなぁと実感しました。

この後またすぐに起きることも考え、腰にポルバンを着けたまま私もウトウト。

腰のマジックテープを剥がす音で起きたら悲しすぎるしね。ヒップシートの弱点はこの「バリバリバリ」って音です・・・(改善策は後述)

2:40 起きる

スムーズにお布団でねんねしてから1時間15分、また泣いて起きてきた息子さん。

手強かったのは、ここからでした

ヒップシートで立って揺れる。バランスボールに座って揺れる。

このやり方ならウトウトしてくれるので、そのまま熟睡するのを待ったのですが・・・まぁ寝ない。むしろ徐々に覚醒。

座ると泣く。布団に降ろすのはもちろんもっと泣く。オムツを替えてみるも、状況は変わらず。

うーんどうしようか・・・目覚めてから30分。寝ない。

3:20 湯冷ましを飲む

よし、湯冷ましを飲ませてみよう

お湯を沸かし、ほ乳瓶で湯冷ましを60mlあげてみました。

息子
ゴキュゴキュ・・・
なんかコレジャナイ感あるけど、まぁいいか

とりあえず、飲んでくれました。

4:00 寝る

湯冷ましを飲んだ後、落ち着いているようなので布団に降ろしてみると・・・

おぉ、寝る体勢入った!
指をチュパチュパしながら目をつぶったらねんねは近い!よっしゃ添い寝や!!

ということで、そこからはひたすら添い寝。

いつもより時間はかかりましたが、4時頃に寝付いてくれたようです(私もウトウトしてたので不確かです😅)

6:15 起きる

6:15、ご起床!

6時過ぎたからもう朝でしょ!
よし、授乳!!

ということで、とりあえず「夜間断乳」第一夜が終了です!

いつもどおりの一日がスタート

6:15の授乳後、「そうそうこれこれー」と言うようにスーッと寝ていった息子。

本当はそのまま寝てくれるだけ寝てほしい・・・かーちゃん眠い・・・

と思ったのですが、めちゃめちゃ頑張って7時半に起こしました

せっかく今まで作ってきた生活リズム!ここで崩すのはあまりにもったいないからね!!😭

その甲斐あってか、そこからしばらく元気に遊びタイム。9時過ぎからいつも通り朝寝をして今に至ります。

母は眠いですが、息子は特に変わりなく元気。眠い・・・

ともかく、この調子で今晩も頑張ってみたいと思います。

果たしてどうなるのか。

朝までぐっすり眠るのが普通になる日は来るのか?

来るとしたらそこまでにどれくらい時間がかかるのか?

またレポートしていきたいと思います。がんばります。

あって良かった!夜間断乳お助けアイテム

ここからは、私の夜間断乳お助けアイテムをご紹介します。

ヒップシート

とにかくこれがなくては始まらない。夜間断乳のみならず、常に必須です。

夜間断乳中は、どれくらい長時間泣き続けるのか、いつまで抱っこしていればいいのか、まったく見当がつきません。

でも長時間抱っこは疲れますし、体がやられます。腱鞘炎はもう嫌!

ヒップシートを使って抱っこをすれば負担が激減!
体にも精神にも少し余裕ができます

エルゴなど普通の抱っこ紐を使うのもありですが、装着するのが面倒&子どもを降ろすのも大変です。

ヒップシートはとにかく簡単に抱っこできるので、夜間断乳中は大きな支えになってくれそう。

座って抱っこでは泣き止まなくても、ヒップシートの上なら座ってユラユラでOKな時もありました。本当にありがたい!

さらにシングルショルダーを併用することで抱っこが安定し、湯冷ましを哺乳瓶に入れたり冷やしたりという作業をスムーズに進めることができました(危険なので十分気をつけて、自己責任で!)

初日レポートの中で「ヒップシートは腰のマジックテープを剥がす音がうるさくて子どもが起きる」と書いたのですが、そこを解消するヒップシートも出ています。

後日レンタルして使ってみましたが、とっっても便利です!

バランスボール

このブログではもはや定番のバランスボール。今回も活躍してくれました!!

「ヒップシートに乗せ、尚且つ立って揺れないと泣きやまない」という時はバランスボールの出番!

そのままバランスボールの上に座ってユラユラしていれば泣き止み、自然にウトウトしてくれました。

こんなかんじです↓

立ったまま長時間ゆれ続けるのはしんどいので、本当にありがたい。

スリーパー

「なかなか寝ない抱っこユラユラ!これいつまで続くの!?」となっている時、あって良かったーと思ったのがスリーパーでした。


【子供パジャマと合わせてあったか】あったか両面フリーススリーパー

ベルメゾンの「あったか両面フリーススリーパー」、最近手に入れたアイテムです。

「まるで毛布に包まれているような暖かさ」と商品説明にあったのですが、本当に暖かい。

夜中は冷えるので「布団から出ていると寒いのでは?」と心配になりますが、スリーパーのまま抱っこすれば全然大丈夫!

長時間抱っこでも安心して付き合うことができます(こちらの体はしんどいけど!)

※寝かせている時に厚着をさせすぎると、うつ熱の原因になると言われています。「とにかく暖かくすれば安心」ということではないので、ご注意下さい。

以上、【夜間断乳】やり方は?効果は?本当に朝まで眠れる日は来るのか?でした!

スポンサーリンク