こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

今回は、Combiから2019年4月に発売されたばかりのベビーマグ「LakuMug(ラクマグ)」を試してみました。

これまで、使いやすく洗いやすい理想の商品を探して、

といろいろ試してきましたが、ラクマグには「これはすごい!」となる便利機能がいっぱい!

実際に使ったからこそわかるマイナスポイントも含め、がっつりレポートしていきます😊

ラクマグってこんな商品
  • 飲み口・パッキン一体型で「お手入れが簡単」
  • ラクピタマークで「漏れにくい」
  • ななめストローで「飲みやすい」

追記(2019.8.22)

2019年9月下旬、ディズニーデザインが仲間入り!

ラクマグのここが使いやすい

ではさっそく、実際の商品を見ながら紹介していきます。

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

飲み口・パッキン一体型でお手入れ簡単

まず、私がラクマグに惹かれた一番のポイントがここです。

飲み口とパッキンが一体になっているので、付け外しがしやすい!そして漏れにくい!

今まで使っていたストローマグと比べてパーツ数が少ないので、とにかくお手入れがラクです
LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

ラクマグ(全5パーツ)

 

ベビーストローマグ NPA-340 食洗機

サーモス ベビーストローマグ(全7パーツ)

 

上記のサーモス ベビーストローマグは全パーツ食洗機OKが魅力だったのですが、ラクマグはそこもクリア。

ラクマグは「食洗機OK、煮沸・電子レンジ・薬液消毒もすべてOK」です。すばらしい。

小さいパーツがないので、食洗機の中で迷子になる可能性もありません!

飲み口パーツを実際に手にとってみるとこんなかんじ↓

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

付け方は簡単、ギュギュッと押し込むだけです。

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

裏から見るとこんなかんじ↓

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

これだけでもう「ラクマグ、サイコー!」と言いたくなるくらい良くできてます。すごい。

ラクピタマークで漏れにくい

ラクマグには他にも漏れにくい『Wラクピタ構造』という工夫があります。

私が感動したのは、①のラクピタマーク!

この部分です↓

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

ベビーマグのフタを閉める時「ちゃんと閉まっているかわからない」ことって多くないですか?

最後までギュッと閉めたつもりが閉まっていなかったり、フタがちょっとずれていて漏れてきたり・・・

それがこの『ラクピタマーク』があれば解決するのです!✨

ボトルとハンドルのラクピタマークを合わせてセットして・・・

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

マークが合うところまでフタをひねればOK!

これでフタがしっかり閉まりました。漏れる心配はありません!

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

ハンドルを外しても大丈夫。マークの位置はちゃんとわかるので問題なしです😊

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない

ちなみに「teteoマグバルーンNeo」シリーズも同じ工夫がされているそうです(ラクマグと同じCombiから発売されています)


>>teteoマグ バルーン Neo│Combi

ななめストローで飲みやすい

ラクマグの素晴らしいポイントがもうひとつ、『ナナメのインナーストロー』です。

ラクマグのフタを横から見ると、ストローをいれる部分がナナメになっています。

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない ストロー

ストローを挿すと、こうなります。

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない ストロー

飲み口とストローが「くの字」に!

このナナメストローのおかげで、飲みものが少なくなっても最後まで飲みやすいんです!

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 漏れない ストロー

ちなみに、マンチキンのストローボトルには「重り」を付けて最後まで飲めるよう工夫されていました。

これもまたアイディアだな、すごいなーと思うのですが、個人的にはお手入れのしやすさでラクマグに一票!

※ナナメストローは『はじめてストロー』『漏れないストロー』のみ。『はじめてコップ』にはストローは付属しません。

温かい飲み物もOK

ラクマグ便利ポイント、最後は「温かい飲み物も入れられる」という点です。

公式サイトではあまり注目されていなかったのですが、他のストローマグにはない部分だったので軽くご紹介。

私が持っている他のストローマグは「飲み物は冷ましてから入れてください」もしくは「保冷専用」ですが、ラクマグは「5℃~40℃」までOKです!

飲みものの温度は目安として、5℃~40℃の範囲内でお使いください。漏れやふき出しによりヤケドのおそれがあります。

使用上のご注意│LAKUMug取扱説明書

極端に熱いものを入れるのはもちろんNGですが、40℃までならOK!

保温機能はないので時間が経てば冷めてしまいますが、軽い外出くらいなら温かい飲み物を飲ませてあげられるかもしれません。

ラクマグのここを直してほしい

と、ここまでラクマグの魅力を語ってきたわけですが、直してほしいポイントもありました。

フタの開閉がしにくい

我が家にとって何よりの問題は「息子が自分で開け閉めできない」ということ。

子ども向けボトルはプッシュボタン式が多い中、ラクマグはフタを上に引き上げるタイプなんです。

LAKUMug ラクマグ ベビーマグ Combi コンビ ストローマグ 比較 サーモス ベビーストローマグ 真空断熱ストローボトル

サーモス真空断熱ボトル、ベビーストローマグ、ラクマグ

ラクマグはフタがとにかく固い!
大人でも開閉にちょっと力がいります。2才の息子にはもちろん無理・・・

我が家はいつもストローマグに水を入れてあり、好きな時に自分で水分補給できるようにしています。

それが毎回「開けてー」「閉めてー」になってしまい、これはダメだと。致命的な問題でした。

デザインが選べない

ラクマグに直してほしいポイントがもうひとつ。

デザインを好きに選べるようにしてほしい!

ラクマグは「豊富なデザインから選べる」のを魅力としていて、もともと私が興味を持ったのも「らいおんデザイン」に一目惚れしたからでした。

が、ラクマグは月齢に合わせて3商品あり、デザインがそれぞれ違います。

私が欲しい商品にはらいおんがなかった!ていうかどれがどのデザインなのかが分かりづらい!😭

悔しかったのでここでまとめておきます。良かったら参考にしてください。

ボトルの形状はすべて同じですが、飲み口・ストロー・デザインがそれぞれ違います

※2019年9月にディズニーデザインが仲間入り!そちらも追記してあります。

はじめてストロー

まず、4ヶ月頃から使える『はじめてストロー』

こちらは240mlのみの販売です。マリン・ボーダー・チップ&デールの三種類。

はじめてコップ

次に、5ヶ月頃から使える『はじめてコップ』

小さい方の240mlは、フラワー・らいおん・ボーダー・くまのプーさんの四種類。

大きめの340mlは、アクア一種類のみです。

漏れないストロー

最後に、6ヶ月頃から使える『漏れないストロー』

私が今回購入したのはこの340mlです。

240mlは、しろくま・さんかくの二種類。

340mlは、アクア・ボーダー・ドナルドダックの三種類です。

私もドナルドが良かったー!購入時はディズニーデザインがなかったので選べませんでした、残念!

セット販売について

お子さんの月齢が小さい場合、セットで買って少しずつレベルアップしていく方法も。


それぞれ単体で買うより少しお得なのと、単体販売のない『はじめてコップ』240mlのアクアデザインが使えたりするメリットがあります。

スポンサーリンク

ラクマグ、さらなる改良に期待します

お手入れがしやすく漏れにくいラクマグ。

我が家のメインマグとして活躍してほしかったのですが、「息子が自分で開けられない」点だけが本当に残念!

他の性能には大満足なので、二人目が生まれたらまた使ってみようと思います。

2019年9月30日までラクマグデビューキャンペーンをやっているそうなので、気になっている方はぜひ!

>>Instagramラクマグデビューキャンペーン│Combi

>>LAKUMug(ラクマグ)スペシャルサイト│Combi

【おまけ】おすすめストローマグ(2019年5月現在)

「自分でフタを開け閉めでき、お手入れがしやすい」という条件で考えると、今のところベストは『リッチェル おでかけストローマグ』です。

ラクマグに比べるとパーツ数が多くなってしまいますが、食洗機で全パーツ丸洗いOK。

ポケモン・スヌーピーなどデザインも豊富で、最近450mlサイズも発売されました。素晴らしい!

暑い季節、保冷を重視する場合は『サーモス まほうびんのストローマグ』か『サーモス 真空断熱ストローマグ』をおすすめします。

お子さんが小さいうちは『まほうびんのストローマグ』の方が使いやすいかも。底に取外し可能なシリコンカバーがあり、交換用ストローセットも付いています

ストロー飲み・コップ飲み練習については以前まとめていたので、よろしければこちらもどうぞ👇

スポンサーリンク
コメントを残す