こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

この記事では、保育園で人気の「ボタンつなぎおもちゃ」の作り方を紹介します😃

裁縫が苦手な方でもカンタン!手早く作れるコツを伝授しちゃいます(*^^*)

材料

まずは材料から。

ボタンおもちゃの材料

  • ボタン(今回は25mmサイズを使用)
  • フェルト

ボタンの大きさによって難易度が変わります。お子さんの年齢・手先の器用さによって調節してみて下さい。

難易度を低めに作る場合、25~28mmサイズがオススメ。

ボタンは意外と高いので、ネットで安くまとめ買いすると便利です。

「大きくて安くていっぱい入ってるもの」を必死で探して、見つけた商品です。よろしければぜひ!

フェルトは100均など安いものでOKですが、

  • 洗濯して清潔に使いたい!
  • 毛玉になったり縮んだりするのは避けたい!

という方には、ウォッシャブルタイプをオススメします。

ボタンつなぎおもちゃの作り方

型紙を作る

さっそく、型紙作りに入ります。今回は「さかな」をモチーフに作ってみました🐟

resized_01.jpg

サイズはお子さんに合わせて適当に。今回は約12cmで作りました。

電車・お花などをモチーフに作るのもオススメです!市販品を見るとイメージがつかみやすいかと思います(*^^*)

フェルトに印をつける

フェルトの上に型紙を乗せ、ペンで印をつけます。

resized_01 (2).jpg

フェルトは印をつけにくいので、油性マジックでがっつり描いてしまって大丈夫です😁

効率よく作るポイント

本やネットによくある作り方は「フェルトを切り取り、2枚を重ねて手縫いで縫い合わせていく」ものが多いのですが・・・

時間かかりすぎ!面倒!!

ボタンおもちゃは「繋いで」遊ぶので、最低でも3~5個、できればたくさんあった方が楽しいです。

1個ずつかがり縫いなんて、時間かかりすぎでムリ!

ということで、効率がいい作り方を考えました!

効率アップPOINT
  • 「切ってから縫う」ではなく「縫ってから切る」
  • 何個か並べて印をつけ、まとめて縫う

特に「縫ってから切る」が大きなポイント!

効率が良いだけでなく、ずれにくく仕上がりもキレイです!今回のボタンおもちゃだけでなく、抱っこひもカバーやスタイにも応用できますよ😄

油性ペンの線は後で切り落とすので、テキトーに描いてOK!今回は4つ並べて、一気に作っていきます。

new_resized_03.jpg

間はあけなくてOK。ピッタリ並べて印をつけます。フェルトが2枚重なるよう、半分に折っておきます。

ボタンを縫い付ける

目の位置にボタンを縫い付けていきます。

resized_04.jpg

上の1枚のみに縫い付けます。「見た目より丈夫さ重視」の場合は、下のフェルトまで貫通するように付けて下さい👍

 

誤飲を防ぐため、ボタンはしっかり縫い付けて下さい。口に入れないよう注意し、 保護者様の目の届くところで遊ばせて下さい。

ミシンで縫い、まわりを切り取る

ミシンで、マジック線の内側を縫います。グルッと一周。

resized_05.jpg

糸を切らず、一気に続けて縫ってしまうと楽ちんです。

手縫いでもOK!その場合は、子どもが引っ張っても壊れないようにしっかり縫って下さい。本返し縫いで縫うのがオススメです。

縫い終わったらマジック線の内側を切り取ります。縫ったところを切らないよう注意して下さいね!

resized_07.jpg

余談ですが・・・
もしミシン選びにお悩みの方がいらしたら、ぜひモナミヌウプラスSC217を!
  • 静音設計
  • 自動糸切り
  • 自動糸通し
  • コード巻取り

どこをとっても最高の使いやすさです!

このミシンに買い替えてから、一気に作業効率が上がりました。ぜひぜひご検討下さい^^

ボタンホールを作る

最後にボタンホールを作ります。ミシンにボタンホール機能が付いていると簡単!

resized_08.jpg

手縫いの場合・ボタンホール作りが面倒な場合は、穴のまわりを囲うように縫います↓

赤線の部分を返し縫いしておくと、簡易的なボタンホールになります(*^^*)

ボタンホールに穴をあけたら、完成です!

resized_10.jpg

色違いでたくさん作ると楽しいですよ😁

resized_12.jpg

スポンサーリンク

ボタンつなぎおもちゃを楽しもう!

保育園では、1歳児(2歳前後)あたりからボタン練習をすることが多いです。「指先は第二の脳」と言われており、指先をしっかり使うことは脳の刺激にもなるそう😲

ボタンを付けたり外したりして楽しく遊ぶことが、

  • 集中力を養う
  • 脳を刺激する
  • 「できた!」という達成感を味わう

などなど、たくさんの力につながります(*^^*)

遊び方はいろいろ!

  • 何個か繋げて
  • たくさん繋げてネックレス
  • もっと繋げて電車ごっこ

などなど、お子さんの発想でどんどん広げて楽しんじゃって下さい♡以上、ボタンつなぎおもちゃの作り方でした!

読者様の作品

この記事を見て、読者さんが作って下さいました!

私が作ったものより、はるかにキレイです!!ぜひぜひ皆様も試してみて下さいね。

スポンサーリンク