こんにちは、アラサーかーちゃん(保育士お休み中)のヒナです。

息子も10ヶ月半になりました。

最近は、いろんなものを引っ張り出して遊ぶのが大好き!ティッシュ・収納ケースに入れてあったスタイ・タオル・オムツなどなど・・・

そんな息子に好きなだけ楽しんでもらうため、ミルク缶でおもちゃを作ってみました!

保育園でも人気の「ミルク缶ひっぱりボックス」

今回はその簡単な作り方をご紹介します!

ミルク缶ひっぱりボックスの材料

まずは材料です。

  • ミルク缶
  • 布40×32cmくらい(ミルク缶の高さ+約13cm)
  • ゴム50cmくらい

今回は「ほほえみ」のミルク缶を使っています。

ミルク缶のサイズが物によって違うかどうかわからないのですが、とりあえず

◆横幅:ミルク缶の円周+約2cm(縫い代)

◆縦幅:ミルク缶の高さ+約13cm(ゴム通し分)

の長さがあればOKです!

使った生地は見つけられなかったので、似たものをペタリ↓

ゴムは100均に売っているものでOK!

作り方

ではさっそく作っていきます!まず、布を中表におります。

端から1cmくらいのところを縫います。

縫い終わったら、ミルク缶が入るか確認します。

ブカブカだったら、少しずらしてもう一本縫えばOKです!入らない場合はやり直しになってしまうので、心配な場合は大きめに作っておくのがいいかも。

スポッと入るのを確認したら、布端をジグザグ縫い!ほどけてこないように処理しておきます。

少しくらい曲がっても問題なし!とにかくほどけてこなければOKです!

次にこの布の上下それぞれを三つ折りし、ゴムを通せるようにします。

こんなかんじで折って↓

縫います。

ゴム通し用に、縫い始めと縫い終わりの間を少し開けておくのをお忘れなく。

ちょっとくらい曲がっても気にしません!問題なし!

アイロンをかけてしっかり跡をつけておくときれいに縫えますが、面倒なので省略。手でギュギュッとしとけば縫えます大丈夫。

反対側も同じように、三つ折りして縫います。

(中間がなんか変なことになってるのは見ないで下さい。長さが足りず、無理やり布を足した跡です・・・笑)

あとは、上下それぞれにゴムを通します。

上の手を入れる方は、こんなかんじでクシュッと短めに↓

下は長めにしておくと、簡単に取り外して洗えるので便利です↓

完成です!!

スポンサーリンク

ひっぱりボックスの遊び方

ひっぱりボックスの中に息子が好きなものを入れて、引っ張り出して遊びます。

こんなかんじ↓

↑これはひよこクラブ付録の布絵本です😄

地味に息子のお気に入り。

ガーゼやハンカチを何枚も繋げたものを入れておくと、ティッシュのように次々に出てくるのが楽しいです♡

我が家は、余っていたミニタオルの角をミシンで縫って繋げてみました!

ガーゼハンカチの角を結ぶだけでもOKです!

さっそく息子に渡してみました。

「なんだこれ?」ゴソゴソ・・

なんか出てきたー!!

シュルシュルシュルー!!!

どうやら気に入ってくれたようです、よかった😄

ちなみに、こんな風に売っているものもあります↓

「お出かけ用ティッシュ」もありましたよー。外でも遊べるのは便利かも😄

まとめ

今回はミシンで作りましたが、手縫いでも作れます!直線縫いだけですぐに作れるので、ぜひぜひ試してみて下さい😄

以上【手作りおもちゃ】ミルク缶ひっぱりボックスの作り方でした!

おまけ。

「オススメのミシンはありますか?」と聞かれることが多いのですが、悩んでいる方はぜひぜひこちらを!↓

自動糸切り機能がめちゃめちゃ便利!

静かなので息子が寝てからも使える!

私はこれに買い替えて、圧倒的に作業効率が上がりました。

ちょっぴりお値段はしますが、間違いなく後悔しない買い物です!初心者さんこそオススメしたい・・・!

スポンサーリンク