こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(@hinamama_cm)です。

 

 

出産して2ヶ月。

我が子は本当にかわいいです。

 

だけど、子育てって大変な瞬間も多いですよね。

 

 

私は最近、息子のグズグズモードに困っていました。

 

一度ダメなモードにハマってしまうと、

 

息子
立って抱っこじゃないとイヤーー!!!

息子
座ったらダメ!ユラユラし続けてないとイヤ!!!

 

という激しい要求が始まります。

 

 

ずっと抱っこし続けてあげたいけれど、まだ産後間もない体はボロボロ。

 

腰は痛いし、腱鞘炎はズキズキするし・・・

 

 

そんな私の生活は、バランスボールを使って抱っこすることで激変しました!

 

バランスボールを使えば・・・
  • 座ったまま、立って抱っこしている状態を再現できる!
  • 長時間抱っこでもツラくない!
  • 子どもをあやす時にも便利!

 

本当に本当に、助かりました・・・!!

 

 

この思い、これから赤ちゃんを迎える妊婦さん・初めてママパパさんたちに伝えたい!

 

 

というわけでこの記事では、

 

バランスボールを実際に使ってみた感想や効果・選び方などをお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

どうやってバランスボールを使うの?

「赤ちゃんを抱っこするのにバランスボールが便利」

 

と聞いても、ピンと来ない方も多いと思います。

 

どうやって使うの?ただ抱っこして座るだけ?

 

そうなんです。

 

抱っこして座るだけ。

 

 

私も妊娠中に聞いた時は「それだけで赤ちゃんが寝る?泣き止む?ホントにー??」と実はちょっぴり疑っていました。笑

 

バランスボールを使ってみた

私が実感したバランスボールの効果

 

本当に効果ある?

 

若干疑いつつ、興味半分で購入したバランスボールがこちらです↓

IMG_8936.JPG

購入の決め手は『固定リング』でした。

 

詳しくは「バランスボールの選び方」で後述しますね。

 

 

使い方は先ほど書いたとおり、抱っこして座るだけです。

 

こんなかんじ↓

IMG_8934.JPG

 

このままの体勢でボヨンボヨンと揺れること数分。

 

その効果はすぐに現れました!!!!

 

 

「立って抱っこじゃなきゃイヤ!」と泣いていた息子が、バランスボールに座れば泣かない!嫌がらない!!

 

 

これはすごいぞ!?

 

 

その後も使い続けていると、効果は次々と現れてきました。

 

  • グズグズしている時も、座って揺れているうちにご機嫌になる
  • 膝の上で支えながら抱っこできるので、首肩腰の負担が少ない!

 

「首肩腰の負担が少ない」ことで長時間抱っこが苦にならなくなり、

 

今までならイライラしていた場面が難なく乗り越えられるようになります。

 

 

たとえば、

 

あと少しで寝てくれそう!なのに寝ない!もう抱っこするの疲れた!!

 

という場面。

 

 

立って抱っこしたままユラユラ、終わりが見えないひたすらユラユラ・・・

 

それがものすごくしんどくて、「もう早く寝てよ!!」なんて内心イライラしてしまうこともありました。

 

 

 

そんな時、バランスボールがあれば『座れる』

 

 

 

立ったまま抱っこするのと、バランスボールに座って体を休めた状態で揺れるのでは、体の負担が全く違います。

 

 

バランスボールを使うようになってからは、ちょっとくらい息子が寝なくても、

 

ハイハイ、揺れてればそのうち寝れるでしょー

 

なんてゆったりした気持ちで構えていられるようになりました。

 

 

また、そもそもバランスボールを使うことで、寝つくのがめちゃめちゃ早くなりました!

 

今まではエルゴアダプトで抱っこした時だけ即寝だったのですが・・・同じくらいスゥッと寝てくれます。

 

寝かしつけについては、バランスボールの販売ページにも宣伝されていました!

バランスボールのすごいところは「揺れを自由に調節できる」というところです。

 

なにせ自分で揺れているだけなので、揺れの早さも大きさも自由自在!

 

寝かしつけ・グズグズしている時の泣き止ませなど、その時々の子どもの様子に合わせて揺れ方を変えることができます。

 

 

もちろん、遊びにも使えます!

 

バランスボールで揺れながら「でんしゃがでんでん♪」「バスに乗って揺られてる♪」など、歌あそびをするのも楽しいですよ!

 

息子もお気に入りの遊びです(*^^*)

 

バランスボールを使っても泣き止んでくれない時

「とにかくバランスボールはすごい!」

 

とお伝えしてきたわけですが、もちろんうまく泣き止んでくれない時もありました。

 

 

そんな時は、

 

  • ギュッと体に密着させて抱っこをする
  • 息子の頭が揺れないように首をしっかり固定し、大きめにボヨンボヨン揺れる

 

 

息子の場合、しばらくこうしていると泣き止むことが多かったです。

 

落ち着いたら少しずつ揺れを小さく・・・で、寝ます。

 

 

もちろんみんなに通用するものではないと思いますが、参考になれば幸いです。

 

首が痛くなってしまった時

バランスボールを使うことで普通の抱っこより子どもの位置が少し低くなり、首が痛くなってしまうことがあります。

 

そんな時にオススメなのが、

 

授乳クッションの併用です。

 

 

バランスボールの上に座ったら腰に授乳クッションを装着し、その上に子どもを乗せて抱っこをします。

 

これだと息子も落ち着きますし、私自身も楽に支えることが出来ました。

 

 

ちなみに、授乳クッションビーズが入ってるタイプを使っています。

 

長く使ってもへたっていかないと口コミでも人気の商品です。

 

カバーが洗えるのもお気に入り!

 

追記

 

ヒップシートとの併用を試してみたところ、かなり快適でした!

 

こんなかんじになります↓

授乳クッション併用と同じような感覚で使えると思います。

 

息子がある程度大きくなってからは、このスタイルで過ごすことが多かったです!

スポンサーリンク

抱っこ用バランスボールの選び方

安全第一!固定リング付がオススメ

「バランスボール、なんだかいいかも?」

 

となると、次に気になるのは「バランスボールの選び方」ですよね。

 

 

バランスボールにも色々あるのですが、

 

オススメは、私も購入した『固定リング付』のバランスボールです。

バランスボールは元々トレーニング用なので、ただ上に座るだけではとても不安定です。

 

大人一人で座るだけでも、結構グラグラします。

(夫は上手くバランスを取れずにひっくり返りました😂)

 

 

産後ただでさえボロボロの体で、小さな赤ちゃんを抱っこして、そのうえ寝不足だったりもして・・・・

 

 

そんな時、固定リングが付いていないバランスボールに座るのは危険です!!

 

 

特に座る瞬間は本当に不安定なので・・・

 

もし固定リングなしで試してみようという方がいらっしゃるようなら、十分に注意して下さいね!!

 

 

 

赤ちゃんと一緒に使うことを考えると、何より大事なのは安全面。

 

付属の固定リングは高さもありますし、座ったままグリグリとおしりを動かしても早々はずれることはありません。

 

値段もそう高いものではないので、ぜひぜひ検討してみて下さい!

 

固定リングは自作できる?

調べてみると、バランスボールの固定リングを「自作した」という方もいらっしゃいました。

 

市販のホースを丸くつなげて使っていらっしゃるようです。

 

 

私は実際に試したわけではないのでわかりませんが・・・

 

固定リングと比べると細くなると思いますし、安定感がなくなるように思います。

 

赤ちゃんを抱っこして使うのには、ちょっと心配です・・・

サイズ選びも忘れずに

バランスボールは、物によってサイズがいくつか用意されています。

 

たとえば先ほど紹介した固定リング付きバランスボールの場合、

 

  • 55cm
  • 65cm
  • 75cm

 

の3種類が用意されています!

 

主に使う方の身長に合わせて選ぶのが良いと思います。

 

我が家の場合、私165cm夫176cmなので、バランスボールは65cmを選びました!

まとめ

我が家の産後必須アイテム「バランスボール」

 

本当に本当に便利だったので、この記事を読んで少しでも気になった方は、是非試していただけたらと思います。

 

 

バランスボールは、私が初めての育児において買って良かったものNo.2です!必須!!

 

ちなみにNo.1は何かといえば「スヌーザヒーロー」という体動センサーだったりします↓

 

 

今後もいろいろなアイテムを試してレビューしていきたいと思います!

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

以上、【長時間抱っこでも疲れない!産後人気の「バランスボール」使ってみた】でした(*^^*)

 

 

他のオススメグッズはこちらから↓

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク