【ハロウィン衣装】ミシンいらず!30分あればできる子供用かぼちゃパンツの作り方!

もうすぐハロウィンですね!!
ハロウィンといえば仮装!いやむしろコスプレ!
自分のコスプレには興味なかったですが、我が子の可愛い姿を見るためならガンガン投資してしまいそうで怖い今日この頃です。

というわけで今回は、お金も手間もできるだけかけずに、我が子の可愛い衣装作っちゃおう企画です!!
手順を細かく書いたらやたらややこしくなってしまいましたが、実際にやってみるとものすごい簡単です。パンツ自体は慣れれば20分かからず完成しますよ!!

準備

材料

  • オレンジの不織布(もしくは端がほつれにくい布)
  • ゴム(細さとかはテキトーでOK。ウエストと両足に入れる分)
  • 【飾り】のフェルト(もしくは色画用紙)

不織布は端がほつれにくく、加工がしやすいので簡単衣装作りにはもってこい!!

こういうのです↓

カラー不織布ロール 100cm巾×1m切売(2枚までメール便可能)〜13色からお選びください カット販売 アーテック/生地/素材/衣装

なのですが、今回はちょうどオレンジの布が余っていたので、それで作っております。

フェルトはそれぞれちょこっとあればOK。こういう色んな色のセットとか持ってると何かと便利!私がほしい!!(笑)

用意するもの

  • ゴム通し
  • グルーガン(ない場合はミシンや手縫いでもちろんOK)

グルーガンってなんやねん、というと『プラスチックを溶かしてくっつける瞬間接着剤みたいなやつ』です。

右の本体はダイソーで300円かな?左のプラスチック(100円)を差し込んで、溶かして使います。

ちゃんとしたのもこんなかんじで↓売ってますが、使ったことないのでダイソーとの差はよくわかりません(笑)液垂れがしにくいとか書いてあるから、それは羨ましいけどね・・・

寸法図

4ヶ月半・体重約8kgの我が子に合わせて作ると、ざっくりこんなかんじです(斜線部分は使いません)

とりあえず必要サイズの長方形を用意すればOK。曲線部分を切るところから、後述の作り方で説明しています。

長方形横

本来ノーマルなズボンを作る時は【ヒップ÷2+15cm】くらいが目安なようです。が、今回はかぼちゃのぽってりしたかんじが出したかったので、あえて長めにとってあります。
息子のヒップサイズは約46cmだったので、それを考えると【ヒップ÷2+32cm】かな。かなり大きくとりました。

長方形縦

ほしい丈プラス5cmくらいで作るといいかな。今回は33cmで作ってみました。
着せてみるとこんなかんじです。

作りは単純なので、わかりにくければ広告なんかで一度作ってみるとイメージが掴めるかと思います。サイズはお子さんに合わせて調節してみて下さい。

作り方

1.布を切る

寸法図を参考に、布を切っていきます。

長方形に切った2枚を重ねて半分に折って

印をつけて・・・

4枚まとめてチョキチョキ!!カーブは雰囲気です!!

広げるとこんなかんじになります。

2.曲線部分をくっつける

ここでグルーガンの出番です!

この部分を

ペラリとめくって、ペタペターっとくっつけていきます。

この時、細くスーッと出していきながら、固まる前にどんどん布の上から押さえてギュッと付けちゃうといいです。

火傷に気をつけて下さいね!!私は何回も「ぅわっちっ!!!あちっ!!!」って言ってます。

ギュギュッとつけるとこんなかんじ

できたら、反対側も同じようにギュギュッと。

見た目だとよくわかんないけど、両方くっつきました。

3.股下をくっつける

曲線部分を付けたら、上の生地をこんなかんじで持ち上げて・・・

こんな風に折り変えます!!

あら、急にズボンの形!!

初めて作った時どういう風にできていくのかちっともわからなくて、この段階でちょっと感動したのを覚えています(笑)

そしたらこの股下部分を

揃えて、線の部分をくっつけていきます。

ペタペター

くっつきました!

最後の方ずれました。気にしない気にしない。

全体で見るとこんなかんじ。これでもうほぼ完成と言っても過言ではない。

4.裾を折ってくっつける

足の裾の部分を2cmくらい折り返して、くっつけやすいようにギュギュッと折り線付けてー

ここもまたペタペタ。

※一周全部ベターっと付けてしまうとゴムが通せなくなってしまうので、どこか一箇所はあけておいて下さいね!(私は忘れてて無理やり剥がしたけどね!)

もう片方の足も同じように裾をグルッと。

5.ウエストを折ってくっつける

裾と同じように、ウエストも折ってぺたり。

ひっくり返すとこんなかんじ!!

6.ゴムを通す

足、ウエストにそれぞれゴムを通します。

長さはお子さんに合わせてテキトーに。

ゴム入れてたら「あ、ここちゃんとくっついてなかった」とかあったりします↓

グイーって伸ばして、ちょちょっと付ければOKです。とりあえずゴムが飛び出してこなくて、それっぽくなればいいのです。うん、大丈夫たぶん。

7.飾りを作って付けたら完成!!

かぼちゃのヘタをイメージして、フェルトで緑のリボンを作ることにしました。

9×6cmくらいに切って(大きさはバランス見てテキトーに)

もう一枚5×1cmくらいに切って

大きい方をこんなかんじで折ります。

横から見るとこんなかんじ

で、細い方で真ん中をグルッと巻いて、裏をグルーガンでちょちょっと留めたらできあがり!

これをパンツのええかんじのところに、これまたグルーガンでペタッと!

黒のフェルトでハロウィンぽい顔を作ったら、グルーガンで貼り付けて・・・

完成ー!!

履いてみました!

じゃじゃーんっ!!

・・・うん、ちょっとおっきかったね!!(笑)

でも、アップで撮るとこんなかんじ↓なので、

足の動かし方というか・・写真のタイミングとかもあるかも・・・

周りのハロウィン製作は前書いた「壁面装飾の作り方!自己流ポイント&コツまとめ」と同じやり方で作りました!

黒い布の上で撮ったり、帽子なんかもかぶせてみるとさらにハロウィンムードが高まりそうです☆

ポイントっぽいこと

  • グルーガンで貼る時は、細く出して、固まる前に布の上からギュギュッと押さえてくっつけていくこと!
  • ウエストと裾を折ってくっつける時は、特にグルーガンを多く付けすぎないように注意!ゴムを入れた時にクシュクシュならなくなってしまいます
  • ミシンや手縫いでももちろんOK!

あくまで衣装用、写真撮るのに誤魔化せればいいかなレベルです(笑)洗濯したい!ちゃんと服として着たい!という場合は、布とミシンで作る、ウエストと裾を三つ折りするなどして下さいね。

※さすがにこんなテキトーな作り方のものを販売しようという方は少ない気がするのですが・・もしお考えの方がいらっしゃいましたら、商用利用についてへどうぞ。

作ってみたよーとか、ここどういうことなのさ?!とかあれば、コメントでもTwitterでも声かけてください(^o^)

フォロワーさんが作ってくれたよ!

フォロワーさんが、このブログを見て作ってくださいました!

ミシンの練習用だそうです。

「初心者の私にはわかりやすくホェーー!って感心でしたww」

とのこと(笑)嬉しいーー(●´ω`●)ゞ

続けてなんともう一枚、アレンジもしてくださいました!!

こちらはゴムを通す部分を二段にして(真ん中に一本縫い目を入れて)、クシュッとフリル状にしてみたとのこと。この作り方もかわいいですよね!

ツヤ感のある生地で作ってくださった方も!

これもまた雰囲気が出ますねーステキ!!イベント感ありますね( ̄▽ ̄)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【壁面装飾】見本通りキレイに仕上げるためのコツ

【手作りおもちゃ】フェルトのボタンかけお魚さんの作り方

【ミシン】ヘタクソだけど綺麗なステッチが縫いたい!だけどお金はかけたくない!

【手作り】洛中高岡屋せんべい座布団カバーの作り方

保育士かーちゃんの絵本カバー活用②100均ファイルに入れるだけ!簡単シールあそび

抱っこひも用【ショルダー&コーナーカバー】型紙&作り方!(よだれ対策)