こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

今回は、便利なチェアベルトの作り方をご紹介します!

チェアベルト 手作り 作り方 簡単

大人用の椅子に簡単につけることができ、外出先でベビーチェアがなくても安心!

くるくるっと丸めればかさばらず、持ち運びも簡単です。

この記事では、いろいろな作り方を見比べて私なりに考えた「一番簡単なチェアベルトの作り方」をご紹介します😊

私はマチ針すら使わず、1時間ほどで完成しました!

簡単チェアベルトの材料

ではまず、材料から。

簡単チェアベルトの材料

本体用:【90×70cm】×2

ひも用:【80×10cm】×2

  • マジックテープ

布は、少しくらい足りなくてもなんとかなります(詳しくは後述)

あまり伸びやすい生地だと危険なので、帆布など丈夫なものがオススメです。

マジックテープはお子さんの体型に合わせて付けます。

今回は、

  • メス(フワフワ面):30cm
  • オス(チクチク面):16cm

を使いました。

簡単チェアベルトの型紙

まず、下図を参考に型紙を作ります(クリックすると別タブが開きます)

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

新聞紙やチラシなど大きな紙に描き、切り取ればOK。

私は生協チラシを貼り合わせて作りました。

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

寸法図には細かく長さを記載していますが、大体で大丈夫です!

スポンサーリンク

簡単チェアベルトの作り方

ミシンを用意し、さっそく縫っていきます!

厚いところを縫うので、パワーのあるミシンだと安心です👍
私の愛用品はこちら↓

チェアベルト本体を縫う

まず、布の裏面に型紙を乗せ、まわりをなぞって印をつけます。

(表地・裏地どちらでもOK)

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

右上が少し足りなかったので継ぎ接ぎしています。多少見た目は悪くなりますが、チェアベルトとして使う上では問題なし!

「ちょっとだけ布が足りない、どうしよう」なんて時は、こんなやり方もありです😁

布に印をつけたら、表地と裏地を中表に重ね、ミシンで縫い合わせていきます。

縫う場所は、下図の赤線部分です↓

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

簡単POINT①

ここで、簡単ポイントその1!

  • 返し口
  • 紐を付ける部分

この2ヶ所以外は、この段階ですべて縫い合わせてしまいます!

ひっくり返してから縫うやり方もありますが、先に縫ってしまう方が簡単!!

紐を付けるところは、下を少しはみ出すように縫っておくのがオススメ↓

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

ひっくり返した後、紐をつける時にやりやすくなります。

赤線部分をすべて縫ったら、縫い代を1cmくらい残し、まわりを切り落とします。

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

真ん中は、縫い代に切り込みを入れておくとキレイに仕上がります(写真赤線のあたり)

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

こうすることで、ひっくり返した時に縫い代がごわつくのを防ぐことができます。

簡単POINT②

簡単ポイントその2!

「型紙通りの形に切ってから、縫う」ではなく、

「型紙通りに縫ってから、切る」

その方が布がズレにくく、作業効率が一気に上がります!

スタイ・抱っこひもカバーなど、私が手作りする時はほぼこのやり方です。

 →抱っこひもカバーの作り方はこちら

縫い代に切込みを入れたら、返し口からひっくり返します。

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

一気にそれっぽくなってきました。この段階でアイロンをかけておくと、キレイに仕上がります。

紐を付けるところは、縫い代を中に押し込んでおきます。

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

わざとはみ出すように縫っておくと、中に入れる時にラクです。

紐を作る

次に、ひもを作ります。

10×80の布を中表に折り、端から1cmのところをまっすぐ縫います(写真がないので、タオルで説明します)

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

端まで縫ったらひっくり返して、

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

片方を中に折り込みます。

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

周りをぐるっと縫います。

折り込んだほうを含む3方向を縫ったら、ひもは完成です!

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

左側はそのままにしておいてOKです。

今回は余っていたガーゼストールでひもを作りました。

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

布で作る時と同様に、中表にして半分に縫ってひっくり返せばOK。まわりを縫うのは省略。

ストールの端をそのまま使ったので、中に折り込んで縫う部分も省略できました!

本体とひもを縫い合わせる

ひもの折り込んで縫っていない側を本体に入れ、ミシンでしっかり縫います。

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

そのまま、チェアベルト本体の端を縫っていきます(赤線参照)

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

写真には一部しか写っていませんが、全体をグルッと一周するように縫います。

マジックテープをつける

最後に、マジックテープを付けます。付け方はこのとおり↓

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

写真上が、マジックテープのメス(フワフワ面)

30cmに切ったものを、チェアベルト真ん中に縫い付けています。

下が、オス(トゲトゲ面)

こちらは8cmに切ったものを左右それぞれに縫い付けました。

実際に使うときをイメージするとわかりやすくなります。

手前部分の左右を内側に折り込んで↓

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

真ん中の輪に子どもが入る形です。

マジックテープの位置・長さは、お子さんの体型に合わせて調節してみてください😄

マジックテープを縫い付ければ、完成です!

完成!

さっそく、できあがったチェアベルトを使って大人用のイスに座ってみました。

チェアベルト 簡単 手作り

うしろから見るとこうなります↓

感動するくらいしっかり座れます😆

息子も嫌がることなく、落ち着いて離乳食を食べることができました。

椅子に付けるだけじゃなく、大人の膝の上に座らせるときにも使えます!

チェアベルト 簡単 作り方 型紙

安定して座れるので、息子を手で支えなくてOK!

うしろで結ぶだけなのでサイズ調整も簡単。夫も使えます。

両手がフリーになるから、離乳食を食べさせやすい!

簡単チェアベルトの作り方まとめ

ひとつ作っておくととっても便利なチェアベルト。

本当に簡単なので、手芸初心者さんもぜひ挑戦してみてくださいね。

ちょっとくらい失敗しても縫い目がぐちゃぐちゃでも、使う時はほとんど見えないのも良いところ♡

細かいことは気にせず、ぜひお気軽に😁

ちなみに、今回作ったのは「キャリフリー」という子どもを中に座らせるタイプ。

他に、上からかぶせるタイプの商品もあるそうです。

キャリフリータイプだと立ち上がったり脱出したりして危ない場合、こちらの商品のほうが合っているかも。

2way仕様なのでハーネスとしても使えるようです。お子さんに合わせてご検討ください😊

スポンサーリンク