こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(fa-twitterhinamama_cm)です。

突然ですが、抱っこひもの『胸カバー』ってご存知ですか?

こんな商品です↓

抱っこひも「胸カバー」とは

  • 子どもの顔に大人の服の装飾(ボタン・ビーズ等)が当たったり、誤飲したりするのを防ぐ
  • よだれや吐き戻しで、大人の服が汚れるのを防ぐ

これは、赤ちゃんにとっても大人にとっても素晴らしいアイテム!!✨

ということで今回は、この抱っこひも『胸カバー』の作り方をご紹介します!

材料

ではまず、材料はこちらです。

材料
  • 表地・裏地・芯地用の布

それぞれ70cm✕25cmくらい

  • プラスナップボタン

凹凸共に2個ずつ

  • 防水シート

70×25cmくらい

今回は、

  • 表地・裏地:ダブルガーゼ
  • 芯地:薄手のキルティング

で作りました。

表地と裏地は、同じ布or似た色の布を使うのがオススメ。理由は後述します。

防水シートは、湿気を通して水を通さない「透湿性防水シート」がオススメです。

もっと安く済ませたい時は、透湿性でない防水シートを使うのもありです。

手持ちの抱っこひもカバーに縫い付けることで、防水加工にすることもできます😊

だっこひも胸カバーの型紙(寸法図)

ではさっそく、抱っこひも胸カバーの型紙(寸法図)を作ってみましょう!できあがりサイズ(縫い代抜き)です。

※クリックすると別タブで大きく表示されます

ちょっとややこしい形なので、型紙の作り方も書いておきます。

まず20cm✕66cmの長方形を作り、写真のように印を付けていきます。チラシでもなんでもOK。

(写真は説明用に小さい紙で作っています)

赤の線と●の印を付けたら、半分に折って、

ふたつの●をつなぐように、2枚重ねて切っていきます。

あとは、赤の線に沿って切ればできあがり。

作り方見本で縮尺が合っていないので、だいぶ縦長になってしまいました。実際は寸法図を見ながら作ってくださいね😊

 

形は適当にアレンジOKです!

一番ラクなのは直線のまま↓(赤線)

横幅を広げるのもありです↓(緑線)

使う時は赤ちゃんで隠れて見えませんし、適当で大丈夫!

スナップ位置を調整すれば各メーカーの抱っこひもに対応できるかと思います。今回はエルゴアダプトに合わせて作っていきます。

スポンサーリンク

作り方

さてここからがようやく本題、胸カバーの作り方です!

前に書いた「首カバー」とほぼ同じ作り方なので、よろしければそちらも参考にしてみて下さい(*^^*)

布に印をつける

まず、表地の裏に型紙を乗せて、形を書きます。

ちょっとわかりにくいですが、ボールペンで型紙の周りにグルッと線を書きました。

返し口をお忘れなく!

布を重ねる

今回、一番ややこしいのがココ!

『布を重ねる』作業です!!それぞれの布に裏表があってややこしい・・・・

まずは、表地と裏地を中表に合わせます。

その下に防水シート、芯地と重ねていくのですが・・・

わかりにくいので、折り紙で説明します。

よくわからなくなったら、一旦重ねて表地が出るようにして持ち上げてみるとイメージがしやすいと思います↓

布を重ねて固定する際、まち針の使い方にはご注意ください!

防水シートに穴を開けると、そこから染みる元になります!

まち針を使う時は、さっき描いた線の外側に刺せばOKです↓(赤ラインのあたり)

縫って、縫い代を切り落とす

返し口以外を、グルリと一周縫っていきます。ミシンを使えば楽ちん!

手縫いの場合は、本返し縫いでしっかり縫うのがオススメです。

縫い終わったら、縫い代を1cmくらい残して周りを切り落とします。

これだと、切り方が雑すぎです😂この後ちゃんと切りました。

縫い代に切込みを入れる

ひっくり返しやすくするため、縫い代に切込みを入れます。

緑が縫い代だとすると、赤の部分にハサミを入れるイメージです。

今回はこの作業をするのを忘れていました。笑

やらなくても完成しますが、きちんと切った方が仕上がりが綺麗です。

ひっくり返して、まわりを縫う

返し口から、表地と裏地の間を出すようにひっくり返し、形を整えます。

細いところはちょっと大変ですが、なんとか気合で。

全部表に返すとこんなかんじです。

4枚重なっているので、だいぶボコボコします。

気になる方はここでアイロンがけを!私は面倒だったので、手でぎゅぎゅっと押さえました。笑

しっかり跡をつけたら、端から2,3mmあたりのところをグルリと一周縫います。

返し口の部分は折り込んで整えながら、そのまま縫います。

キレイに仕上げるコツ
4枚の生地を重ねて縫うので、とてもズレやすいです!
「表地と裏地で同じ布を使う」もしくは「似た色の布を選ぶ」と、少しくらいズレてもばれません。

スナップを付ける

最後に、スナップを付けます。

お使いの抱っこひもに合わせてスナップ位置を調整してください。

エルゴアダプトに合わせると、10.5~11cm程度を内側に折るのが良さそうです。

写真左側が凸、右側(穴を開けている部分)に凹のスナップを付けます。

前回の首カバー記事にも書きましたが、プラスナップはハンディプレス」を使うと楽ちんです!

スナップを両側に付けたら、完成!

よく見ると布が引き攣れています・・・気にしない気にしない💦

抱っこひも胸カバーの使い方

さっそく息子と一緒に使ってみました。

こんなかんじで、胸元をガードすることができます!!

装着する時は、こんな風に・・・

子どもと自分の間にカバーを挟んで、スナップを留めるだけ。簡単です。

首カバーと一緒につけてみると、こんなかんじ↓

○●模様が首カバーです。同じ布で作ってお揃いにするのもいいですね!

読者さん作品紹介

リルベビーを使っている読者さんが、首カバーとお揃いで作って下さいました!

リルベビーでも問題なく使えるそうです!

首カバーは縦幅を伸ばした改良版も作って下さいました。

→首カバーの作り方

気軽に手作りを楽しもう!

抱っこひも胸カバーの作り方、いかがだったでしょうか。

かなりテキトーに作ってもなんとかなるのが、この胸カバーの良いところ!どうぞお気軽に、手作りライフを楽しんでみて下さいね(*^^*)

「作ってみたよー」

「ここがよくわかんない!」

等ありましたら、お気軽に声をかけて下さい♡

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク