こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

Twitterではちょくちょく書いていたのですが、私は「エホバの証人」と呼ばれている宗教の「元・2世信者」です。


物心ついた頃~中学2年の時に自分で抜け出すまで、それはもうマジメな優等生信者として活動していました。

今回は、私とよく似た環境で育った2世信者ママさんの今野さん(@bijin_ya)とお会いして、初対面とは思えないくらい語りまくった話。

今野さんのお店>>母子手帳と育児用品の通販ショップ「美人家」

「エホバの証人」ってなんなのさ

そもそも「エホバの証人」ってなんなの?というのをちょっとだけ。

たぶん皆さんに一番なじみがあるのは、急にチャイムを鳴らして「こんにちは、聖書のお話をしませんか」とやってくる人たちです。

最近はマンガやテレビで取り上げられることも多くなってきました。

輸血禁止が有名なのかな。北野武さん主演で映画になったこともあるそうです。

誕生日・クリスマス・お正月・七夕など、一般的な行事はすべて禁止。

小学校の頃、君が代や校歌を歌わずにじっとしていた子がいた・・という方は、それもおそらく信者です。

主な教義としては、

  • 近いうちに神様が信者以外をすべて滅ぼす
  • それまでに一人でも多くの人を入信させ、命を救わなくてはいけない
  • 滅びのあと世界は“楽園”になり、信者には永遠の命が約束される(それまでに亡くなった信者も復活する)

こんなかんじです。改めて書き出してみるとぶっ飛んでますね。

争い事や暴力は禁止されているので、基本的にはニコニコ平和的で「良い人」たちです。

自分で入信して楽しむぶんにはいいと思う。ひとりで信じているだけなら基本的に無害。

なのですが・・・

とにかく禁止事項が多いので、二世信者(子ども)は大変です。
信者以外の友達と遊んではダメ、宗教の集まりには絶対参加、決まりが守れなければ体罰。
フツウでは考えられない生活がアタリマエでした。

二世信者の幼少期

信者の中にも、ド真面目にすべての決まりを守っている人もいれば、そこそこでテキトーにやっている人もいます。

私と今野さんの親は、ガッツリマジメにやっていたタイプ。

そのため、ほぼ同じルールで同じ育てられ方をしていました。

※元二世にもいろんな方がいらっしゃいます。あくまで一例としてお読みいただければと思います

ゲームもマンガも禁止、とにかく暇な子ども時代

エホバの証人の子どもには楽しみが少ないです。

基本的に「この世のもの(宗教外のもの)」と触れ合うのは良くないとされているので、テレビもゲームもマンガもアニメもほぼ禁止。

特に、戦いや恋愛要素があるもの、お行儀が悪いものは見せてもらえませんでした。

今野さん
セーラームーンとか絶対ダメだったよね

ドラゴンボールとかね。
うちはクレヨンしんちゃんもダメだった

今野さん
うちも!学校で話が通じなくて困るんだよねぇ。
流行りの音楽とかも全然知らなかった

そうそう。アニソンとかJ-POPとか、学校の放送でしか聞く機会なかったよね

今野さん
争い事はダメってことで、運動会の騎馬戦とか応援合戦もやれなかったし

先生に「宗教上の理由で出来ません」って言いに行くやつね

今野さん
そうそう、親から「ちゃんと自分で説明しなさい」って言われるの

行事に参加しないことが多いから何かと浮いちゃうし、流行りの話は通じないし、そもそも「この世の子たち」と遊ぶのは良くないって言われるし。

信者の子ども同士で会うことはあっても、勉強会か布教活動中なので遊ぶ時間はほとんどなし。

勉強会の前に手あそびをしたり文房具を見せ合ったりするのが、数少ない楽しみでした。

とにかく楽しみがなかったよね。ひとりっ子だったせいもあって、家ではホント暇だったし

今野さん
私もひとりっ子!
兄弟いないし娯楽は禁止だし、することないよね。ひたすら妄想とかしてた(笑

ちょっとデリケートな話題だけど、私は“性の目覚め”が早かったんだよね。
この頃の影響あるのかなって思ってる

あ、それも同じ…
ヒマだから妄想ばっかしてるし、「性的なものは絶対ダメ」って禁止されてるから余計に意識しちゃったんじゃないかな

よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話」著者のいしいさやさんも、同じ感覚だったようです。

とにかく「子どもらしい生活」ができませんでした。

本来なら楽しいはずのことが禁止、情報が制限されて、「禁止の理由を知るため」に、大人向けの本でリアルな知識を教え込まれる。

勉強会で読む本には、心臓をくり抜かれて血だらけのイラストや「婚前交渉の禁止」について書かれていました。

知識の偏りがすごかったよね

今野さん
どう考えてもまわりから浮いてたよね…自分で振り返ってみても“変な子”だったと思うもん

子どもから「ムチ打ち」を「お願いする」異常さ

エホバ二世の子にとって特にツライ思い出として残りがちなのが「ムチ」

親の言うことを聞かなかった時・悪いことをした時は、自分から体罰をお願いするのが決まりでした。

親に「ムチを持ってきなさい」って言われたら、自分で取りに行かなきゃいけなかったな…
自分で下着までおろしておしり出して「お願いします」って叩いてもらうの

今野さん
うちは「定規とベルトどっちか自分で選びなさい」とかあったよ(苦笑
どっちも痛いし、嫌に決まってるのに!

うちはガスホースがお決まりだったよ。痛いし屈辱的だし、ほんとなんだったのよあれ

私たちの親はあれが「子どものため」だと信じていたようです。

宗教内ではムチは当たり前のことでしたし、子どもをきちんと懲らしめることができるのが素晴らしい親だと言われていました。

今野さん
集まり中に静かにしていられなくて、怒られて隣の部屋に連れて行かれる子とかよくいたよね

いたいた。叩かれるんだろうな、私も同じ目にあいたくないからちゃんとしなきゃ…って、姿勢正したりしてね

集まりは週3回、ほぼ2時間座りっぱなし。小さい子どもが静かにしていられるわけがないんです。

それでもそうしなければいけない、良い子でいなければいけない、それが私たちの幼少期でした。

つらかったなぁ、ほんと。

ムチで叩かれる前には、何がどうしてダメだったのかを自分で反省させてから、「お願いします」と、自分が納得していることを示します。叩かれた後には「ありがとうございました」と言わなければいけない。でもその行為の後、母は私を抱きしめて、こう言いました。「あなたが嫌いだからじゃないのよ」――。

スポンサーリンク

元二世信者が母親になって思うこと

今野さんは3姉妹のお母さん。私ももうすぐ二児の母親です。

ふたりとも、元二世信者として親になるには大きな葛藤がありました。

「自分は親になってはいけない」という強い思い

今野さん
高校に入る前に宗教を抜けて、特に引きずることなく生活できてたんだけど。
一人目を妊娠する前、急に怖くなったんだよね。「私は親になんてなれない」って。

それ、私もほぼ同じこと思ってた!
母親みたいに我が子を束縛しちゃうんじゃないかとか、自分みたいな苦しい思いをさせたらどうしようって怖くて…

同じ悩みを抱える方は多いんじゃないかと思います。

以前Twitterで「妊娠中だけどこれから先が不安」と不安を打ち明けてくれた元二世さんもいらっしゃいました。

自分の親は信者だから頼れないし、我が子のためのイベントやお祝い事の知識もないし、そもそも自分なんかが親になっていいのだろうか・・・考え始めるとキリがありません。

実際、妊娠・出産を経験してみてどうだった?

今野さん
私の場合は、産んでからは吹っ切れたよ(笑
というか、忙しすぎて考える暇がなくて。

なるほど(笑
我が子と向き合っているうちに、気持ちも変わってきたりするしね

宗教から離れてからの期間・親との関係など、それぞれの状況によって感じ方が違うとは思います。

でも少なくとも私と今野さんは「子どもとの生活が楽しい」

それが何より、嬉しいです。

我が子には「子どもの時間」を楽しんでほしい

我が子を見ててふと、子どもの頃の自分を思い出すことってない?

今野さん
思い出すっていうか、あの頃の私みたいにはならないでねって思ってるかな。
姉妹でケンカしたりワガママ言ったりしてると、なんか安心するの。「あぁ、ちゃんと子どもだ!」って(笑

わかる!「いや」とか「やりたくない」とか泣き叫ぶとかしたことなくて、ずっと我慢してたから…
息子が暴れてると、「やってるやってる!ちゃんと表現できて良かった!」ってなる(笑

私自身は全然“できた親”ではないし、息子にイライラしてしまう時もあります。

でもやっぱりどこかで「ワガママに安心する」

自分が子どもだった頃のしさを、我が子には味わわせたくない。そんな思いがあるのを改めて感じました。

大人になってから気づいたけど、我慢しすぎて『強迫性障害』になってたんだよね。
鍵が閉まってるか、ガスの元栓が閉まってるか何回見ても不安で不安で。

今野さん
私は潔癖!何回も手を洗ってそれでも不安で、ドアの取手とか触れなくて大変だったなー

自分で言うのもなんですが、ふたりともここまでよく頑張った。本当にそう思います。

反骨精神に火を付けて

記事中にも書きましたが、これはあくまで「私たちの場合」です。

元二世さんにもいろんな方がいらっしゃいます。過去を隠していたり、トラウマを抱えて苦しい思いをしていたり。

本当はみんなが心穏やかに過ごせるようになってほしいけれど、それはなかなか難しい。

 

ただ私たちは「反骨精神」で生きてやろう。ふたりでそんな話をしました。

元二世として感じたことも、しんどかったことも、ガンガン燃料にして楽しく生きる。

そもそも今野さんと出会ったのは、私がおむつポーチの記事を書いたのがキッカケでした。

ご自身の経験を生かして、育児便利グッズを作っている今野さん。

自分の育児と夫婦のことをブログに書いている私。

全然知らないところで生きてきたのにほぼ同じ悩みを抱えてきて、今こうやって出会ったなんて不思議です。

今野さんのおむつポーチはほんと便利なので、ご存じない方はぜひこちらを↓笑

なんだかんだ、生きるっておもしろい。

そう思える今の自分が、私は結構好きだったりします。

この記事が、どこかの誰かに少しでも優しく届くといいな。

>>「エホバの証人」元信者女性が自分の体験を漫画にした理由│いしいさや

オススメ本・映画など

本文中に紹介した以外にも、エホバの証人を題材にした(と言われている)本や映画はいろいろあります。

興味がある方はぜひ。

スポンサーリンク
コメントを残す

雑記の関連記事