赤ちゃんはゆらゆら揺れるものが大好き。

ベッドメリーなど電動で揺れるものもありますが、自然にゆらゆら・自由に動くモビールはそれとはまた違った魅力がありますよね。

そこで今回は、

  • 色画用紙
  • 竹ひご
  • ミシン糸

というお安い材料でモビールを手作りしてみました!

かなりざっくりですが、作り方をご紹介します!

(竹ひごじゃなくてワイヤーでやるとそれっぽいです。でもこの為だけに買うのもったいなかったんだもん笑)

作り方

今回ははらぺこあおむしモチーフということで、まずは果物を作ります。

大体のサイズで描いた後、それぞれ半分に折って左右対称にするとそれっぽくなります。

その辺のチラシとかで型を取り・・・

s_IMG_5870.JPG
色画用紙を型通りに切っていきます。

s_IMG_5871.JPG
イチゴはヘタをつけ、種を描いて、ミシン糸を挟んでペタリ。

後からカッターで、あおむしさんが食べた穴開けてみました。

s_IMG_6026.JPG
リンゴ・ナシなど立体的に作るものは、同じ形を4枚用意。

片面ずつ貼り合わせて立体にします。

上から見るとこんなかんじーー

s_IMG_6030.JPG
ぶら下げるものは何でも何個でも良いのですが、そのうち幾つか(もちろん全部でも)は立体的に作るのがおススメ!

風を受けやすく、平面の物より揺れやすいです。クルクルーとなる動きもきれい。

あ、4面全部を貼り合わせちゃう前に、真ん中に糸を付けておくのを忘れないように!!

ということでそれぞれ4枚貼り合わせました。

(完成してから写真を撮ったので、竹ひごに付いた状態になっています。この状態では糸さえ付けてあればOKです!)

s_IMG_6034.JPGs_IMG_6028.JPGs_IMG_6029.JPGs_IMG_6032.JPG
(本当はイチゴも立体にしたかったのですが、ヘタの形が複雑なので普通に貼り合わせました)

葉っぱとかも作ってみる。

s_IMG_6025.JPG

主役のあおむしさんはこんなかんじで。

s_IMG_5872.JPG
s_IMG_6035.JPG
できてきましたよー

s_IMG_5950.JPG
もうちょっと色が欲しいなーってことで、テキトーなサイズで水玉作りました。

ピンク・黄色・水色で両面色違いで貼り合わせ。

テキトーに作りすぎて裏とずれてる・・・けど(゚ε゚)キニシナイ!!

s_IMG_6033.JPG
あとはそれぞれを竹ひごの両側にミシン糸で結び、位置をボンドで固定。

中心(バランスが取れる地点)を探し、そこにも糸を結んで固定。

繰り返していくとこんなかんじになります。

s_IMG_6036.JPG
あまりにもモチーフ同士が近いと、絡まります!

その関係で一番上の竹ひごを長くしたかったのですが、足りない・・・

ミシン糸でグルグル巻いて、ボンドで固めて無理やり長くしちゃいました。

見た目が悪い!

自宅用なので気にしません!!

完成ー!!!

s_IMG_5964.JPG
(あ・・はみ出た糸切ってないまま・・・まぁいいか)

足りなかった色画用紙を買い足した以外、家にある材料だけでできたベビーモビール。

我ながらなかなか満足な出来です!

今回はちょっと張り切って色んなモチーフで作ってみましたが、リンゴとあおむしさんだけとかでもかなり可愛いのができます!

前に保育園で作った時はリンゴ2色(赤と黄緑)とあおむしさんで、竹ひごもなかったので代わりに割り箸で作りました。

お部屋の一角でモビールがユラユラ。

なんだかそこだけ赤ちゃんが来る準備ができているようで・・不思議な感覚です。

以上、【赤ちゃんおもちゃ】はらぺこあおむしモビールの作り方!でした!

活用していただいてます♡

『ほいくらいふ』さんで紹介していただきました!

保育士向けの情報サイト「ほいくらいふ」さんで紹介していただきました!

読者さんが作ってくださいました!

この記事を読んだ読者さんが作って下さいました!

じゃじゃーん!

かわいいぃー!!

息子さんの食いつきがすごいとのことです!

お役に立ててるようで嬉しいですー!!

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク