こんにちは、アラサーかーちゃんのヒナです。

今回は、Twitterや口コミで大人気のベビービョルンハイチェア を徹底レビュー!

「値段相応の価値がある」「もっと早く買っておけば良かった」という声がとにかく多いこちらの商品。何がそんなに人気なのか、写真多めでレポートしていきます😊

POINT
  • 子どもが自分で立ち上がれない安全設計
  • 掃除が簡単
  • コンパクトに収納できる
  • 子どもの乗せ降ろしがラク

はじめに:商品リニューアルについて(2018.9)

ベビービョルンハイチェアは2018年9月1日にリニューアルし、腰にハーネスが付きました。

メーカーに問い合わせてみたところ「旧タイプ(ハーネスなし)も十分安全ではあるが、さらに厳しい海外の安全基準に合わせることになった」とのこと。

ハーネス以外はまったく同じ商品です。

記事内の写真は旧タイプが多く出てきますが、変更点に関しては訂正・追記してありますのでご安心ください😊

ベビービョルン BabyBjorn ハイチェア 離乳食

ベビービョルンハイチェア人気の理由

ではさっそく、人気の理由を4つのポイントに分けて紹介していきます😊

自分で立ち上がれない安全設計

ベビービョルンハイチェアの一番の特徴は「子どもが自分で立ち上がれない安全設計」です。

「立ち上がれない」といっても、無理に押さえつけるわけではありません。開閉式のテーブルがベルト代わりになって子どもをガードしてくれるんです。

ハイチェアに関わる事故・ケガの原因の90%は「ハイチェアの上で立ち上がった」ことでした。

座面の大きなイスでは立ち上がれてしまい転落の危険があります。ベビービョルンは立ち上がれない安心設計で、安心してお食事の時間をお楽しみいただけます。

転落防止はもちろんのこと、「立ち歩かずに座ってご飯が食べられる!」ここが他の椅子との大きな違いです。

「何度も座るよう言っても椅子から立ち上がり、歩き回る」「座って食べるにはテレビを見せるしかない」という保護者さんの悩みを解決する、神アイテム!

さらに、口コミでは

  • 『ご飯は座って食べるもの』と習慣づけることができた
  • 外出時、他の椅子でも座っていてくれるようになった

という体験談も見かけました。

使い方もとってもカンタン。テーブルを下げるときは、下のつまみを操作。

赤いボタンを押しながら左右どちらかにひねると、テーブルを前に倒せます。

ベビービョルン BabyBjorn ハイチェア 離乳食

ベビービョルン BabyBjorn ハイチェア 離乳食

片手で操作できるから便利!

ボタンを押さえながらひねるダブルロック形式なので、上のお子さんのいたずら防止にもなるそうです。

旧タイプはこのまま子どもを座らせてテーブルを上げればOK!だったのですが、リニューアル後はここでハーネスを使います

ベビービョルン BabyBjorn ハイチェア 離乳食 リニューアル ハーネス

真ん中でバックルを留め、長さを調整。

ベビービョルン BabyBjorn ハイチェア 離乳食 リニューアル ハーネス

あとは今までどおりテーブルを上げればOK!

ちなみに、自己責任にはなりますが、ハーネスを付けず横に垂らした状態でも座れます。

ベビービョルン BabyBjorn ハイチェア 離乳食 リニューアル ハーネス

座ったら、テーブル下のレバーを押さえて位置調節をします。

お腹とテーブルが離れているとこんなかんじ↓

お腹とテーブルをピッタリ寄せるとこうなります↓

3段階に変えられるので、子どものお腹にピッタリ合う位置に調節します。

「立ち上がれないはずなのに立ってる!」という場合は、お腹とテーブルの距離をチェックしてみてください

掃除が簡単

次の便利ポイントは「掃除のしやすさ」

一番汚れるテーブルトレイは、外して丸洗いすることができます。

食洗機もOK!パナソニックのビルトインタイプにすっぽり入ります。

ベビービョルン ハイチェア 食器洗い洗浄機 食洗機

台拭きで拭き取るのは面倒な、ご飯粒のベタベタ・納豆のネバネバ・油のギトギトも、丸洗いすればすっきり!こびりついて取れない時も、水に浸けておけばツルッとピカピカです✨

使わないときは折りたたんでコンパクトに

さらにさらに、簡単に折りたためるのもベビービョルンハイチェアの魅力。

テーブル位置調整に使ったレバーを操作しながらテーブルを引き上げると・・・

こんな状態になります。

あとは、座面下の矢印の部分を押さえながら脚をたためばOK!

たたんだ状態の幅は26cm、とってもスリムです。

本当に簡単なので、サッとたたんで移動できます。我が家では、来客時や掃除中はたたんで壁に立てかけていることが多いです。

さらにコンパクトにしまっておきたい時は、脚を外すこともできます。こちらも簡単につけ外し可能です😊

子どもを座らせたり降ろしたりしやすい

もうひとつの魅力は、子どもを座らせたり降ろしたりしやすいところ。

テーブルを前に倒せるぶん子どもを抱き上げる高さが低くなり、腕や腰の負担が軽減されます!

些細な違いに思えますが、離乳食のたびにこの動きを繰り返すことを考えるととってもありがたいです。

スポンサーリンク

ベビービョルンハイチェアのデメリット

ここからは、私が思うベビービョルン ハイチェアのデメリットを書いてみようと思います。

安くはない買い物ですし、デメリットも把握しておきたいですよね!

高さの調節ができない

まずひとつめのデメリットは「高さ調節ができない」という点。

たとえば、人気のトリップトラップの場合、座面と足置きそれぞれを成長に合わせて調整することができます。


食べ物をしっかり噛むためには、足裏を床につけて姿勢を安定させることが大切。保育園でも、牛乳パックやお風呂マットで作った足置きを使って調整していることが多いです。

ベビービョルンハイチェアは、月齢が低いうちはどうしても足が浮いてしまいます。

自分で座れない

もう一点あえてデメリットを挙げるとすれば「自分で座れない」というところ。

これはベビービョルンに限らず、低月齢から使えるイスはどれも同じだと思います。

ある程度大きくなってきたら「自分の意思で食事の椅子に座る」ことを重視する保育園もあります

自分でしっかり座れるようになった頃に買い替えるのもありです。

ベビービョルンハイチェアのココが気になる

ベビービョルンハイチェアについて、よくある質問をまとめました。

対象月齢は?何才まで使える?

まずは使える期間について。結構なお値段がするので、できるだけ長く使いたいですよね😂

公式には「一人でお座りができるようになった生後約6ヶ月から3歳頃(身長95cm未満)まで」となっています。

我が家は息子が7ヶ月の頃から使い始めました。1才2ヶ月だとこんなかんじ↓

離乳食 ベビービョルン ハイチェア highchair

お腹まわりが苦しくなったり本人が嫌がったりしたら、卒業を考えようと思います。

追記(2019.4.15)

ツイッターを見ていると、2才前後から買い替えを検討する方が多いようです。

我が家は主に「ダイニングテーブルで大人と一緒に食事がしたい」という理由から、1才後半に木製ハイチェアに買い替えました。

    ベビービョルンハイチェアにおすすめの食器は?

    類似商品と比べると、ベビービョルンハイチェアはテーブルが小さめ。お皿によっては入らなかったり置きにくかったりします。

    オススメはezpzのミニマットです!

    ¥3,240 (2019/06/18 11:13:02時点 楽天市場調べ-詳細)

    食べ終わったら、テーブルトレイと一緒に食洗機にポイッ!片付けがとっても楽になります。

    新色のホワイトも出てました!私もそっちが欲しかった😂

    本当に立ち上がったりひっくり返ったりしない?

    ベビービョルン ハイチェアの一番の特徴は「子どもが自分で立ち上がれない安全仕様」ですが、

    本当に立ち上がれない?実は抜け出せちゃうんじゃないの?

    と思う方は多いと思います。私も疑っていました!

    結論から言うと、

    「使い始めて一年近く経ちましたが、今のところ一度も立ち上がったり抜け出したりすることはありません」

    遠くの皿に無理やり手を伸ばしたり、体を思い切りのけぞらせたり・・・激しく体を動かしても大丈夫。

    離乳食 ベビービョルン ハイチェア highchair

    テーブルとお腹の隙間があると抜け出せてしまうので、その点は十分に注意が必要です。

    また、近くに柱などつかめる場所があると、そこにつかまってハイチェアごとひっくり返る可能性があります。

    お風呂に入るまでハイチェアで待っていてもらった時、洗面所のドアをつかんで引き寄せ、そのまま倒れそうになったことがありました

    基本的には立ち上がれない抜け出せない安全設計ですが、使っている時は目は離さないように注意です!

    ベビービョルンハイチェアまとめ

    ベビービョルンハイチェア、本当に便利です!

    もっともっと広まって、みんなが少しでも気楽に離乳食を楽しめるようになりますように😊

    POINT
    • 子どもが自分で立ち上がれない安全設計
    • 掃除が簡単
    • コンパクトに収納できる
    • 子どもの乗せ降ろしがラク

    スポンサーリンク
    コメント一覧
    1. ヤマナカ より:

      はじめまして。
      生後5ヶ月の子供がいます。
      離乳食をはじめ椅子の早急に購入を考えています。
      様々検討した結果、ベビービョルンのハイチェアにたどり着いたのですが、いざ購入しようとするとハーネス付きになっていました。ベルトが無く掃除のしやすさにも魅力を感じていたのですが、ベルト付きになり、サイトを確認しても以前のハーネス無しは今販売しているところが見つかりません。
      ハーネス付きの体験をされていましたら、ぜひ使用感をお聞かせいただけないでしょうか。
      よろしくお願いします。

      • ヒナ より:

        はじめまして。
        記事にも追記をしているのですが、ベビービョルンハイチェアは2018年9月1日からリニューアルし、ハーネス付きに切り替わったそうです
        メーカーさんにも問い合わせたのですが、海外の安全基準に合わせるためしかたなかったとのこと・・・

        フォロワーさんから聞いたところによると「足を通して真ん中をカチッと留めるだけなのでラク、むしろ安定感があって良い」「使いたくなければ垂らしておいてそのまま座らせることもできる」とのことでした。
        私は今レンタル待ちで、届き次第追記する予定ですが・・・早急に購入を検討されているとのことでしたので、参考にしていただければ幸いです。

    コメントを残す