先日、FastDOCTOR(ファストドクター)という夜間往診サービスについての記事を書きました。

この記事がファストドクターの事務局長さんの目に留まり、なんと実際にお会いしてインタビューをさせていただくことが出来ました!!

今回は、ファストドクターについて事務局長の小石さんに色々聞きまくってみたインタビュー記事です。

ファストドクターの考え方や、どんなところを大切にされているのか。

本来ちょっと聞きづらいけれど気になる実際の運営について、それに関わるお金の話・・・

などなど、赤裸々に話していただきました!

【保険適応】東京,埼玉,千葉の夜間診療ならファストドクター

今回の経緯

ということで、まずは今回お話を聞かせていただく小石さんにご登場いただきます!

小石さん、今日はよろしくお願いいたします!

小石さん
こちらこそ、よろしくお願いします!

まず、今回ご連絡を頂いた経緯についてお聞きしてもいいですか?ビックリしました・・・笑

小石さん
驚かせてしまってスミマセン。
どんな風に使っていただいているのか知りたくて、ちょくちょく「ファストドクター」で検索をしているんです。

小石さん
その中でヒナさんのブログを見つけ、嬉しくなって思わずメールをしてしまいました。笑

なんと、小石さんのフェイスブックにも書いていただいていました!

ファストドクターは立ち上げからまだ日が浅いため、こういったリアルな声を中心に広めていきたいとのこと。

せっかくの機会なので、今回は遠慮なくどんどんお話聞かせていただきたいと思います!

ファストドクターについてQ&A

ファストドクターってそもそも何なの?

ということで、早速インタビュースタートです。

『ファストドクター』というのは、そもそもどういう風にできたものなのでしょうか?

元々往診をメインに行っている「四ツ谷ホームクリニック」が主体となって行っています。

インフルエンザなどの高熱・お子さんの体調不良などの緊急時に『往診』という選択肢を提供できたら良いのでは?という思いから生まれたサービスとなります。

元々は四ツ谷ホームクリニックの先生が中心になって立ち上げた「Fast DOCTOR(ファストドクター)」

現在は他の病院とも連携を組み、より多くの患者さんに対応できるようサービスを広げている最中なんだそう。

小石さん
救急外来は、24時間体制で重症患者の受け入れのため体制を作ってますが、
軽症患者の受診が増えると、全ての方への対応が難しくなっています。
また救急病院に電話をしても「小児科医がいない」という理由で子どもは断られてしまうこともあります。

あぁ、うちも前に断られました!

小石さん
子どもの様子が普段と違うと、親としてはとにかく不安ですよね。
どの程度緊急性がある状況なのかもわからないですし。

小石さん
ファストドクターはそういった不安に少しでも寄り添っていきたいと思っています。

そう、本当にそうなんですよね・・・

今すぐ病院にかかるべきなのか、明日の朝まで様子を見ていいのかがわからないのは本当に不安です。

また救急病院に行けたとしても、長時間待たされるのは大人も子どもも負担が大きく、他の病気に感染するリスクも・・・

そう考えると、「家で待っているだけでお医者さんが来てくれる」という安心感はかなり大きいです!!

小石さん
実際に往診が必要かはこちらで判断しますし、心配な状況であればとりあえず電話かメールを頂ければお力になれるかと思います。

え?『相談だけ』ということもあるんですか!?

小石さん
往診に至らないケースは多いですよ。
電話かメールで状況をご説明いただいて、必要があれば往診に向かいます。

なんとありがたすぎるお言葉・・!!

子どもの様子がいつもと違うとパニックになりがち。

さらに救急に断られたりすると、本当に気持ちが追い詰められます・・・

そんな中「相談だけでもOK」と言っていただいていると、かなり気持ちが楽になります!!

実際どの程度利用されているの?

私はTwitterでファストドクターの存在を教えていただいたのですが、まだまだ知名度は低いように思います。

そこで次の質問。

実際のところ、ファストドクターはどのくらい利用されているんですか?
平日は大体15~20件程度です。昨日(12/16)は土曜だったのでやや多く、都内30件・埼玉2件の往診を行いました。

思ったより多い!

ちなみに利用者は、大人6割・子ども4割という割合だそう。

先程「相談だけでもOK」と仰っておられましたが、それだけの件数を受けるのはかなり大変なのでは?

小石さん
電話やメールを受けるオペレーターは常時4人ほど待機し、迅速に返信できるように心がけています。

ファストドクターのサイトには、

「電話が混み合っている場合は、メールでご連絡ください。15分以内に返信いたします」

と書いてあります。

ちなみに私の時はメールから6分で電話が来ました。すごすぎる。

一刻も早く専門家に話を聞いてほしい!という時、本当にありがたいです。

「15分以内に連絡」は、業務時間内(平日20~24時、土日祝16~24時)の場合です。
平日は19時までにメールした場合、19時より順次連絡
土日祝に15時までにメールした場合、15時より順次連絡
となります。
(ファストドクター「よくある質問」より)

ファストドクターではどんなことがしてもらえるの?

ではここから、もう少し掘り下げて聞いてみます。

ファストドクターは「往診」ということで自宅で診察・処置をしていただくことになりますが、実際どのようなことができるのでしょう?
通常の診察・薬処方はもちろん、レントゲン撮影も可能ですし、麻酔を使って傷口の縫合をすることもありますよ。

これは正直、めちゃめちゃビックリしました。

てっきり診察&薬処方のみ、それ以上の処置が必要な場合は他の病院へ・・・という形になるのかと。

小型のレントゲン機材を使ったり、その場で道具を消毒したりと、安全に処置ができるよう考えられているんだそうです。

小石さん
緊急時など、必要に応じて他の病院とも連携を取っていきますので、ご安心下さい!

ありがたすぎます、ファストドクター!!!

ファストドクターを利用する際にかかる金額は?

あまり馴染みのない往診サービス。

「金額」も気になりますよね。

「往診の分、高い金額を請求されるのでは?」と不安な方もいらっしゃるかと思うのですが・・・
小児なら自治体が発行している医療証が利用出来る為、交通費のみというケースが多いです。
自治体の負担額に沿ったご請求となります。

息子がファストドクターさんにお世話になった時も、かかったのは交通費の1,400円のみでした。

ちなみに、大人は大体いくらくらいが目安なのでしょう?

小石さん
大人は「救急病院にかかった場合の料金+2000~3000円」が目安かと思います。
救急病院は薬は1日分ですが、ファストドクターではその場で数日分お渡しをします。

小石さん
処方や処置の有無によっても変動するので、ご相談の際にお問合せいただければ事前に目安金額をお伝えします。

事前に目安の金額を教えてもらえるというのはありがたい。

それなら大人も安心して利用できますね。

医師の負担・費用など、成り立っているのか?!

ここまでの話を聞いてきて、患者側としては本当にありがたい『ファストドクター』なのですが、実際運営は成り立っているの?!というのは気になるところです。

ちょっと聞きづらい質問ですが、せっかくの機会なのでぶつけてみることにしました。

夜間往診ってすごく大変そうだけど、お医者さんの負担は大丈夫なの?
「運転は専門ドライバーが行い、医師は診療に専念できるようにする」など、医師の負担を最小限にできるよう工夫しています。

主に大学病院勤務の先生方が「ファストドクター」として活躍されているとのこと。

夜間対応かつ往診ということで医師の負担が大きくなってしまいがちなので、そこを少しでも軽減できるよう色々と工夫なさっているそうです。

では続けてもう一つ、金銭面について・・・

往診費としてかかるのが「交通費一律1,400円」のみ。患者側としてはありがたいですが、運営は成り立つんですか?
事業継続は出来ますが、
正直なところ、贅沢は全くできないですね。笑

ですよねーーー!!!!

小石さん
皆さまから頂いた医療費の多くはポータブルレントゲンや処方薬の拡充など設備投資に充てています。
医療費は保険、つまり税金で賄われている部分が多いので、
三方よしの考え方のもと(「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」)売り手と買い手が共に満足し、
また社会貢献もできるのがよい商売であると信じ事業運営をしています。

電話やメールの受付オペレーター、医師、ドライバー・・・人件費だけでもとんでもないことになりそうです!!

小石さん
往診はあくまで選択肢の一つです。
往診だけで解決できることは少ないです。
ただこのサービスを続けることで患者さんが痛みや不安から解放されたり、
不適切な救急車、救急病院の利用が抑制できたりと
社会に対していいインパクトを与えられるようにチーム一同頑張っています。
スポンサーリンク

まとめ

聞きたいことを遠慮なくどんどんぶつけさせていただいたこのインタビュー、いかがだったでしょうか。

今現在は、

  • 平日20~24時、土日祝16~24時
  • 東京・埼玉・千葉のみ

に対応しているファストドクターですが、業務時間・対応エリア共に拡大に向けて動いている真っ最中とのこと。

今後に期待です・・!!

小石さん、今回は色々とありがとうございました!

小石さん
こちらこそ、ありがとうございました!

最後は、息子を抱っこしてもらいました😄

小石さん、本当にありがとうございました!!

ということで、以上【ファストドクターとは?ファストドクター運営事務局にインタビュー!】でした!

【保険適応】東京,埼玉,千葉の夜間診療ならファストドクター

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク