こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(fa-twitterhinamama_cm)です。

今回は、私が妊娠中に大変お世話になったアロマオイル【AMOMAマタニティリフレッシュ】について。購入したのは、私が妊娠9週の頃でした。

とにかく苦しかったつわり。あまりのしんどさに「もういっそ消えたい」とすら思っていた私を救ってくれたのが、このマタニティリフレッシュでした。

今まさにつわりに苦しんでいる方・これから妊娠をお考えの方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

「マタニティリフレッシュ」のPOINT

  • 香りは「グレープフルーツを剥いた瞬間」そのもの!
  • ハンカチに数滴垂らしておくだけでお守りに
  • ムカムカ・吐き気・まわりの匂いに耐えられない瞬間の救世主!
※アロマオイルの種類によって、妊娠中は使用禁止の物もありますのでご注意ください。この記事ではマタニティ専用アロマオイルを紹介しています。

当時のつわり症状について

つわりの有無や程度・症状の現れ方は、個人差がものすごく大きいです。

ということでまず、簡単に私のつわり症状をまとめておきます。

  • 「二日酔い」と同じ感覚
  • 寝ても覚めてもとにかくムカムカする
  • 食べないと気持ちが悪い、食べると吐く
  • 頭痛・腹痛もあり、上からも下からも出る

今思い出しても涙が出そうになります・・・本当に、苦しかった。

ムカムカするけどお腹は空くし、食べないと余計に気持ちが悪い。

食べたくないのにお腹はグーグー鳴って、必死で食べたら気持ちが悪くなって吐く。吐き気だけでもキツイのに、頭も痛いしお腹も痛い。

凄まじい腹痛に襲われてトイレに駆け込み、座っているうちに今度は吐き気に襲われ、夫にビニール袋を持ってきてもらった瞬間に嘔吐・・・・

なんてこともありました。

あまりの苦しさに体が震え、「なんでこんなに苦しい思いをしなきゃいけないの」と涙が出ました・・・

でも、何があってもとにかく耐えるしかなくて。ひたすら泣いて、吐いていました。

つわり対策アロマの活用法

「何かつわりに有効なものはないか?!」

毎日スマホ検索しているうちに見つけたのが、マタニティリフレッシュでした。

本当に、何度お世話になったか数え切れません・・・大げさでなく、私にとっては本当に『救世主』でした😭

使い方はいろいろあるのですが、私は「ハンカチにアロマオイルを染み込ませ、直接匂いをかぐ」という、一番ラクな方法で使っていました。

つわり対策アロマの使い方いろいろ
  • ハンカチ・マスクに垂らし、直接かぐ
  • アロマディヒューザーやアロマポットを使う
  • お湯を入れたボウルやマグカップに入れ、香りを広げる
  • アロマスプレーを作り、部屋やハンカチなどにスプレーする

参考記事AMOMA 妊婦さん専用リフレッシュエッセンシャルオイル「妊娠初期からの不快な気分に」

※「ハーブティーで母乳が出るようになる」など、AMOMAの商品にはオススメできないものもあります(医学的に効果がないと言われているものが多いです)つわり対策アロマは純粋に『匂い』として効果があったので、当ブログでは「マタニティリフレッシュ」のみをご紹介しています。

匂いは「グレープフルーツの皮をブシュッと剝いた瞬間」そのものです。よくある香料っぽい匂いではなく、本当にリアルに爽やかな匂い。この爽やか感が、つわりのムカムカを軽減してくれます😭

ハンカチに直接染み込ませるだけなら簡単ですし、何滴か垂らしておけば、数日間は匂いが持続します(オイルが直接肌につかないように、そこだけはご注意下さいね)

私は常に、このハンカチを持ち歩いていました。

  • 妊婦健診の待ち時間
  • バスや電車の中
  • スーパー

など外出時はもちろんのこと、家の中でも大活躍!

  • 夫が飲んで帰ってきた日のニオイ対策
  • 気持ちが悪くて眠れない時は、ハンカチを顔に当てて寝る

ハンカチを顔に当てて何度も深呼吸を繰り返して・・・ひたすらそんな毎日を繰り返して、つわりを耐え忍んでいました。

後日Twitterでフォロワーさんにオススメしたところ、その方にも効果があったそうです。

スポンサーリンク

つわりを振り返って思うこと

つわりの頃を振り返ると、私が何より辛かったのは 孤独 でした。

夫も友だちも、誰もこの辛さをわかってくれない

そんな私を助けてくれたのは、つわりや妊娠出産の体験を綴った本やブログでした。

体調も状況も違うけれど「同じように頑張っている人がいる」その感覚が、私の孤独感を和らげてくれたんです。

 

そしてその体験から生まれたのが、このブログです。

私も、誰かの役に立てるかもしれない。

自分の体験を記録することで、もしかしたらどこかの誰かが少し、楽になるかもしれない。

自分が言ってほしかったことを、掛けてほしかった言葉を、誰かに届けたい。

出産を終えた今も、その気持ちは変わりません。初心を忘れず、これからも読者の方のお役に立てるようなブログを続けていきたいと思っています😊

スポンサーリンク