壁面装飾の作り方!自己流ポイント&コツまとめ

保育園や幼稚園でよく見かける『壁面装飾』
保育雑誌なんかで図案をコピーし、それを鉛筆でトレースしたり、型紙を作ったりと丁寧なやり方はよく描いてあるのですが・・・

現実問題そんなに手間も時間もかけられない!!

ということで、今回は私流のできるだけ手間を省いた作り方・コツなんかを書いてみたいと思います!!
(完全なる自己流なので、そこはどうかご了承くださいw)

作り始めるその前に

今回作るのはこれです!(保育雑誌PriPriさんをお手本にさせていただいています)

resized_20.jpg
個人的に、壁面装飾を作るときに一番頭を使うのが作り始めの瞬間です。

『どこをどう重ねたら綺麗にできるか』

見本があるときはいいのですが・・・写真やイラストを見て作るときはまず、この重ね方を考えるところから始めます。
今回のこいのぼりさんで言うと、口はとにかく一番上。
問題は頭としっぽ・胴体がどう重なっているかです。
パターンとしてはいくつか考えられます。

青画用紙ややもったいないけど、ずれにくくて楽パターン

22.jpg
それぞれバラバラパターン色々

25.jpg
そこで注目するのはここ!(ちょっと見にくいですが矢印付けてます)

27.jpg
ペンで描くにせよ、画用紙で作るパーツにせよ、ここは頭よりヒレの方が下っぽい!
そして胴体よりしっぽを下にした方が模様を綺麗に作れそう!!
ということで今回の重ね方はこうです

26.jpg
ちょっとよくわかんないなって人はこのまま読み飛ばしてくださいw
何回か作っていくうちになんとなく掴めていく気がします。

スポンサーリンク

いざ製作!!

では、改めまして製作に取り掛かります。

1.作りたいサイズの図案を用意します

resized_01.jpg
(頭と胴体の境目に違う線が入ってますが、そこは今回使いません)

大きく(小さく)したい時は、「作りたい大きさ÷図案の大きさ×100」で!
例)10cmの図案を15cmにする時は、15÷10×100=150%

2.頭パーツを切ります

胴体より頭の方が上なので、胴体との境目は図案通りに。口側はのりしろを残しておかないといけないので、切るラインはこうなります。

29.jpg
赤ラインのところは丁寧に。
緑ラインはどうせ重なって見えなかったり、あとで調整できるので大体OK(以下同様)

色画用紙の上に図案を載せ、ボールペンで直接なぞります跡が付くようにちょっと強め(破れない程度にw)

28.jpg
この時、後から上に貼るパーツの位置もなぞって印を付けておきます仕上がりを綺麗にしたいときは、はみ出さないようやや線より内側に。

resized_02.jpg
うっすら線付いてるの見えるかな・・・
切るとこんなかんじになります

resized_04.jpg

3.ヒレとしっぽも同じように印を付けて、切ります

切るラインはここ

30.jpg
それぞれの模様を切って、印の上に合わせて貼ります。

resized_03.jpg

4.頭とヒレを貼り付けます

図案の上に頭を重ねて

resized_04.jpg
ヒレに糊を付けて(オレンジで囲んだあたり)

31.jpg
図案に合わせて挟み込むようにペタリ。

resized_06.jpg

5.胴体を切ります

切るラインはここ

32.jpg
こんなかんじで

resized_07.jpg
テキトーすぎかなw

6.頭・胴体・しっぽを貼り付けます

4と同じように図案の上に重ねてペタリ。

resized_08.jpg
resized_09.jpg
裏から見るとテキトー感がよくわかるw

resized_10.jpg
丸を繋ぐかんじでチョキチョキ。頭胴体しっぽが滑らかにつながるように繋いで切ります。
二枚重なるところはわざとはみ出すように貼ってから一緒に切っちゃうと楽だし、表から見た仕上がりが綺麗。

33.jpg
こんなかんじになりました

resized_11.jpg
裏から見るとこんなかんじ

resized_12.jpg

7.うろこを作ります

うろこ付けの印付けるの忘れてた・・・紙透かして重ねて、後から図案なぞって付けましたw

resized_13.jpg
うろこはどことも重なってないので形通りに切ります

34.jpg
同じ形のパーツ(且つ一個一個がそんなに重要じゃないもの)は重ねて一気に切っちゃう!(外側内側それぞれ作る)

resized_14.jpg
resized_15.jpg
貼りますー

resized_16.jpg
印に合わせて貼り付けます!

8.目など残りのパーツを作って貼ったら、完成!!

resized_18.jpg
口・目の下の模様を作って、印に合わせて貼ったら完成!!

resized_19.jpg
同じ要領で赤ピンクちゃんも作りました。

resized_21.jpg

製作のポイント

図案の上から直接なぞって跡を付けて切るので時間短縮!

◆目・口など貼る位置もなぞって印をつけておくことで、図案通り正確に作れる!
光に透かしたりしなければなぞった線はまず見えないけど、気になるようなら切る所は少し外側をなぞる(跡を付けた部分は切り落とす)・ココに貼るよって印の時は少し内側をなぞる(上に貼るから見えない)ようにするといいです

◆大きい(外側に来る)パーツは図案に重ねて位置確認しながら貼り合わせることで、これまた図案通り作りやすい!!(動物の耳とか特によくある)

仕上がりを綺麗に見せるコツ

◆ハサミは細かく動かしすぎず、少し先の線を見ながら一息に切っていく方が乱れにくい気がします。

◆輪郭・目など、印象が変わりやすいパーツはこだわって綺麗に切るといいかんじに。逆に細かくたくさんあるようなパーツはガンガン重ねて量産しちゃうと時間短縮できます!

※詳しく書いてみました!こちらもぜひ→【壁面装飾】見本通りキレイに仕上げるためのコツ

お役立ち情報とか

おすすめ本・壁面サイト

「紙の重ね方を考えるのが大変」と初めに書いたのですが、丁寧な保育雑誌やサイトさんだと、のりしろまでしっかり入れた図案を出してくれていたりします。

とまこママの素材ファクトリー
こちらのサイトさんはとっても可愛い&図案もわかりやすいので、考える手間がいらずかなり作りやすいかと!!

作品の活用アイディア

うちでは毎月、息子〇ヶ月記念!ということで季節の飾りと一緒に写真を撮っています^^妊娠中に12ヶ月分作りためておいた甲斐がありましたー!!

コツさえ掴めば、こんなかんじで普通のイラストを元に作ったりもできるようになりますー

new_resized_01.jpg(全体だとモロなので、一応一部にしてみたりして・・・)



同じ要領でフェルトを重ねて縫い付けて、パッチワーク風?も可愛いです。

resized_01 (1).jpg
作ってみたい!というママパパさん、保育学生さんたちのお役にたてれば幸いです!!

【こんな記事も書いてます】

物を手で持って口に運べるようになってくると、何でも口に入れてハムハムペロペロする赤ちゃん。 タグやリボン、タオルの端なんかは特に口に入れやすい...
旦那が友だちとご飯を食べて帰ってきた日のこと。 友だちはすでに子持ちということで、色々子育ての話も聞いてきたようです。 旦那「なんかな、...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育園のメリット・デメリットと『園選びのコツ』~初マタ保育士の葛藤~

抱っこひも用【ショルダー&コーナーカバー】型紙&作り方!(よだれ対策)

保育士かーちゃんの、0歳からできる【ふれあい歌あそび】その3

保育士かーちゃんのオススメ絵本①(0、1歳~)

【手作りおもちゃ】フェルトのボタンかけお魚さんの作り方

保育園の給食~人気メニューはこれ!~