こんにちは、アラサー保育士かーちゃんのヒナ(fa-twitterhinamama_cm)です。

この記事では、先日レンタルしたNewポルバンを紹介します。

今まで旧タイプのポルバンを愛用してきた私。だからこそ、はっきり言えます。

Newポルバン、やばい!!

今までも便利だったけれど、これはもうレベルが違います!使いやすさが段違いにアップしました!

Newポルバンの改良点や販売方法など、直接問い合わせた情報も含めてがっつりレポートしていきます!

今回の記事は、ヒップシートについてある程度は知っている・どのヒップシートを買おうか悩んでいる方向けの記事になります。

はじめに

こちらの商品は、2018年6月現在ネット販売がありません。

購入方法は記事後半でまとめているので、ご検討の方はそちらを参考にしていただければと思います。

ネット販売の目処が立ちしだい教えていただくことになっているので、その時はまたご報告しますね😁

ポルバンから改良版への変更点

ではまず、旧ポルバンからの改良点を簡単にまとめてみます。

詳細はこのあと写真付きでレポートするので、まずはざっくりとご紹介。

変更点
  • 商品名「POLBAN(ポルバン)」「HiP Seat(ヒップシート)」
  • バラ売りセット販売
  • ユーザーの声を元に商品改良

名称が「HiP Seat」に変更

いきなりややこしい話なのですが、今回紹介するNewポルバンは、厳密には「ポルバン」ではありません。

Newポルバンの正式名称は「HiP Seat(ヒップシート)」といいます。

  • ポルバンとほぼ同じ作り
  • ショルダーパーツの互換性あり

でありながら、今回の商品からは「ポルバン」の文字が消えているんです。大人の事情かしら・・・

Newポルバンはとってもいい商品ですが、この「ヒップシート」という商品名はいただけない!商品名なのかヒップシート全体を指す総称なのか、とてもわかりづらいです

この記事ではこれ以後

  • ヒップシート総称 =「ヒップシート」
  • Newポルバン =「HiP Seat」

と表記していきます。ご了承ください。

ユーザーの声を元に商品改良

HiP Seatでは、旧タイプの使いづらかった部分が改良されています。

  • 子どもがずり落ちるのを防止する滑り止めが付いた
  • 腰ベルトのクッション増量
  • 収納量アップ

などなど。この改良の効果がすごいんです!このあと比較していきます。

バラ売り→セット売り

旧ポルバンは、ヒップシート本体とショルダーパーツが別売りでした↓


新しいHiP Seatはヒップシートとダブルショルダー+α のセット販売になりました。その分ちょっぴりお値段もアップ。

必要なものだけを安く揃えられるのはポルバンの魅力だったので、セット販売になってしまったのは残念です・・・

HiP Seat徹底分析&ポルバンと比較

ではここから、HiP Seatとはどんな商品なのか見ていきます!

まずはさっくりパッケージをご紹介。レンタルで届いた時の写真がコチラです。

背面・側面にポイントがまとめられていたので、気になる方は拡大してみてください↓

内容物をすべて並べてみました↓

ヒップシート ポルバン レンタル

  • ヒップシート本体
  • ダブルショルダー(UV綿100%フード付)
  • メッシュフード
  • 洗濯ネット(収納ポーチとしても使用可)
  • 歩育ブック※
  • 取扱説明書

思った以上に、いろんなものが同封されています

※「歩育ブック」は、歩くことの重要性や気をつけるべきポイントなどをまとめた薄いパンフレットです。パッケージにも書かれていたのでメーカー的には推したいポイントなのかもしれませんが、個人的にはそこまで・・・おまけくらいに捉えておけばいいかなぁと思います。

ヒップシート本体

まずはメインのヒップシート本体から見ていきます。

座面は「ズリ落ち防止」のため大幅改良

まず注目したいのは「座面」

旧タイプからHiP Seatへの一番の変更点です!並べてみると、こんなかんじ↓

旧タイプは座面全体がメッシュだったのに対し、HiP Seatは真ん中に滑り止めシートが。そして、子どもの背中側に「ずり落ちを防ぐヒップストッパー」が付きました。

ヒップストッパーはかなりボコッと盛り上がっています。

このでっぱりが、子どもが後ろにズリ落ちるのを防いでくれます

そしてもうひとつ、「座面の角度」も重要ポイント!

写真だとわかりづらいですが、実際に見てみると大きな違いがあります。角度をきつくすることで更に子どもがズリ落ちづらくなりました!

ポケット・座面下、どちらも収納力アップ

HiP Seatには、ポケットと座面下に収納スペースがあります。

旧タイプも同じ作りでしたが、個数や大きさが改良されています。

  • ポルバン(旧):小さめポケットが2個
  • HiP Seat(新):ポルバンより一回り大きなポケットが右側に1個

iPhone6を入れてみるとこんなかんじ↓

HiP Seatのポケットは高さがあり、ポケット全体もゆったりした作りになっています。

また、座面下の収納スペースも一回り大きくなりました。ポケットタオル・ティッシュ・リップクリーム・iPhone6を入れてみるとこんなかんじ↓

ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

どちらもすっぽり収納できますが、HiP Seatの方がゆとりがあって出し入れしやすそうです。

 

つけ心地を良くするための工夫いろいろ

腰ベルトに関しては、旧ポルバンもHiP Seatもほぼ同じように見えます。手で触った感触もほぼ同じ。

しかし!実はこちらも改良されているんです。

五反田店の店員さんによると、

「子どもの体重がかかるとベルトが食い込んで痛い」という意見があったので、ベルトのクッションを増量しました

とのこと。

「痩せ型だと特に痛くなりやすい」と聞いたので、夫(痩せ型)に聞いてみました。

たしかに、前は腰骨に当たって痛かったんだよね。今回のHiP Seatはふわっとしてて、痛みが軽減されてるかんじ!

私は腰回りに厚い脂肪のクッションがありますが、それでも付け比べてみると違いがはっきりわかりました。

 

そしてもうひとつ、つけ心地に影響する大きな変化がこちら↓

ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

「縫い目の位置」なんてどこでも変わらないんじゃ?と思っていましたが、使い比べてみると重要な改良ポイントでした!

ヒップシートを使っている時、子どもの体重が大きくかかるのはこの2点です↓

ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

特に座面下は重みがグッとかかり、お腹に食い込んで負担が大きい部分でした。

HiP Seatは縫い目を外側にずらし、分厚いクッションでガードしてくれています。座面を下から撮ってみるとこんなかんじ↓

ささやかな変化ですが、体の負担を軽減するためにとことん工夫してくれていることに感動しました。

重さは30g増

腰ベルトのクッションを増やしたり、ズリ落ち防止のヒップストッパーが付いたりとかなり進化しているHiP Seat。使いやすくなるのはとても嬉しいですが、気になるのは「重さ」です。

ということで実測してみました。

  • ポルバン(旧):456g
  • HiP Seat(新):488g

その差は約30g!

個人的には、30gでここまで使いやすくなるなら大いにありだと感じました😊

ダブルショルダー

ポルバンは「ヒップシート」と「ショルダーパーツ」がバラ売りでしたが、HiP Seatはダブルショルダーが元々セットになっています。

ライバル(?)のBaby&Meと、ほぼ同じセット内容になりました

ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

ヒップシート本体との接続は、旧タイプと同様にファスナー+バックルの二重ロックになります。

ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

(本体とショルダーパーツの接続方法は「【ヒップシート】POLBAN(ポルバン)シングルショルダー買ってみた」参照)

実際に使ってみると、こんなかんじです↓ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

HiP Seat+ダブルショルダー、かなり快適です!ズリ落ちも少なく、肩への負担も少ない!

ちなみに、旧タイプからの変更点は肩ベルトアジャスターの位置↓

今までは、ベルトの長さ調節をするには背中側に手を回す必要がありました。

HiP Seatは、体の前で調節できるから楽ちん!スムーズに調節することができます。

ヒップシート ポルバン polban HiP Seat

旧ダブルショルダー画像は友達にお借りしました。「使っているうちにズリ落ちてくるのが悩み」と言っていましたが、HiP Seatではそれも解消されているはず!

フードは取り外し可能、綿とメッシュの2枚入

ダブルショルダー上部のファスナーをあけると、フードが出てきます↓

フードは取り外して洗うことができます。スナップ式なので付け外しが簡単!

スナップを留める位置が2段階に調節できる!ユーザー目線で細かいところまで工夫されているのを感じました

また「フードの予備がついている」ところも、この商品のポイントです。

普段遣いの肌にやさしいUV綿100%フードと、通気性がよく涼しいメッシュフードが付属。洗い替えに便利です。

HiP Seatパッケージより

暑い季節には、メッシュフードが活躍してくれそうです!2枚あれば、汚してしまっても気にせずどんどん洗えますね😁

(メッシュフードは別売りにして本体価格を下げてほしい気もしますが・・・ゴニョゴニョ)

 

洗濯ネット(収納ポーチとしても使用可)

HiP Seatには「収納ポーチにもなる洗濯ネット」が付いています。

メッシュで、伸縮性がある袋です。ファスナーでガバっと開けることができるので、使いやすさはまずまず。

ヒップシート本体にダブルショルダーを付けたまま入れてみると、こんなかんじです↓

ヒップシート ポルバン レンタル

入るには入りますが、ファスナーを閉めるとかなりパンパンです。収納ポーチとしての使い勝手はあまり良くないかも・・・

ヒップシート ポルバン レンタル

ヒップシート ポルバン レンタル

洗濯するときはヒップシート本体の台座をはずすので、そのぶん余裕を持って入れられると思います。

(ヒップシートの洗濯の仕方は「口コミで人気!ヒップシートBABY&Me(ベビーアンドミー)使用感レポ」参照)

【オプション】シングルショルダー

HiP Seatには元々ダブルショルダーが付属されていますが、旧ポルバン用のシングルショルダーを付けて使うこともできます。


シングルショルダーの魅力は、ヒップシート本体に収納できるところです!

旧ポルバンはシングルショルダーを入れるとパンパンで無理やり押し込むイメージでしたが、HiP Seatはゆったりと余裕を持って入れることができます。

スポンサーリンク

HiP Seatを購入するには

とても魅力的なHiP Seatなのですが、記事冒頭に書いたとおり、現時点ではネット販売がありません。

購入するには「店舗に行く」「レンタルしてそのまま買い取り」「店舗に電話注文し、発送してもらう」の3択になります

販売しているのは自由が丘店のみなので、遠方の方は「レンタル」か「電話注文」の2択です。

個人的にはレンタルがおすすめ。なんと無料で新品が送られてくるという太っ腹なシステムです。

使ってみて、満足行くようならそのまま買い取りOK!

レンタル方法は「Newポルバン「HiP Seat(ヒップシート)」無料レンタル体験レポ」に詳しく書いたのでぜひ😊

HiP Seat販売店舗はこちら

抱っこひもが試着できる!ラッキーベイビーストア自由が丘

  • 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢2-37-7廬山マンション102
  • TEL・FAX/03-5726-8326
  • 営業時間/11:00~17:30
  • 休業日/水・日曜日、盆正月他臨時休業あり

新型ポルバン「HiP Seat(ヒップシート)」まとめ

Newポルバン「HiP Seat」について、かなり詳細に書いてみましたがいかがだったでしょうか。

特に、台座からのズリ落ちを防止する「ヒップストッパー」の効果は絶大!本当にオススメできる商品です

商品の素晴らしさはもちろん、いつ電話しても丁寧に対応してくださるラッキーベイビーストア自由が丘のスタッフさんの感じの良さ・顧客を大切にする姿勢にも感動しました。

ラッキー工業からは他にもいろいろな商品が出ているので、今後もまた機会があれば紹介させていただきたいと思います😊

スポンサーリンク