遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます!

今年もボチボチといろんな記事を書いていきたいと思っているので、よろしくお願いいたします😊

2018年初記事は「我が家のテキトー離乳食レシピ」です。

冷凍と常備食材を組み合わせ、調理時間は5~10分!
下準備からできるだけわかりやすくまとめました

※執筆時の息子に合わせたレシピなため、時期的にはOKでも使っていない食材も多くあります。調味料もほぼ未使用です。

離乳食中期はメンドクサイ

6ヶ月になる前日に離乳食を始めた我が家。

はじめの頃は毎回アワアワしていましたが最近は少しずつ慣れてきて、

よし、今日は7倍がゆと小松菜ペーストと豆腐にしよーっと

なんて落ち着いてメニューを決められるようになってきていた・・・のですが。

『離乳食中期(モグモグ期)』と言われる時期になってくると、また少し話が変わってきました。

急速に食べられる食品数が増え、メニューも「ご飯っぽい」かんじに!

本を見ていても、

  • 鶏ささみと青菜のうどん
  • キャベツとツナのミルクパン粥
  • かぼちゃのそぼろあんかけ

なんてメニューが普通に出てくるようになってしまったのです😣

いきなりこんなちゃんとしたメニュー作れない!どうしよう助けて先輩ママパパー!!

Twitterで相談してみたりもしました。


いただいたリプを参考にしつつ、必死でがんばっている今日このごろです😅

離乳食中期の適当レシピ~食材準備~

我が家は基本的に、

  1. 食材ごとに下準備し、冷凍しておく
  2. 食べさせる時に炭水化物ビタミン・ミネラルタンパク質を組み合わせて献立を組む
  3. レンジで調理する

というシステムです。

出汁や食材の冷凍はすべて、リッチェルのわけわけフリージングを使用。

凍ったらポコッと取り出せて使いやすい、食洗機OK、耐久性◎!他社製品と使い比べた結果、断然これが使いやすいです。

下準備&冷凍しておく食材

まずは、下準備&冷凍しておく食材について。

離乳食初期の流れで週末やることが多いですが、平日に作り足すこともあります。

おかゆ

おかゆは炊飯器のおかゆモードで炊き、冷凍。今は5倍がゆです。

野菜

野菜はとにかく「柔らかくして小分け冷凍」すればOK。最近は炊飯器を使って調理することが多いです。

「適当なサイズに切り、まとめて炊飯器へどーん!」

この時はニンジン単品ですが、普段は玉ねぎやキャベツも一緒に入れちゃいます。昆布を入れておくのもオススメ。

あとはスイッチを押すだけ!炊飯器だと加熱中にキッチンを離れられるので便利です。

ちなみに少量を早く調理したい時は、エジソン レンジ調理セットに入れてチンするのが定番。

かぼちゃを蒸したり、リンゴを煮たりすることもできます。

柔らかくなるまで加熱したら、 カプセルカッターで細かくして冷凍!


冷凍する時は野菜ごとに分けたり、何種類かミックスしておいたり。何種類か作っておくと便利です。

フリージングトレイが足りなくなったら、凍ったものからジップロックにポイポイ。

はじめのうちは食材ごとに分けていたのですが、面倒になってこんなかんじに・・・この時は、おかゆ・トマト・カボチャ・長ネギが入っています。

煮汁も別で冷凍しておくと「野菜だし」として使えて便利!
解凍するだけでスープとしてあげられるし、野菜やタンパク質と一緒にチンすれば立派な一品になります

多めに作って味付けすれば、大人用の野菜スープも完成です。一品作る手間が省けて便利。

あとはカゴメのトマトペースト、生協の裏ごし野菜を揃えておきます。


ツナ

ツナは、食塩不使用の水煮缶を使っています。

まさに離乳食のために作ってくれたような商品です😊

一缶だと結構な量があるので、一回分ずつ小分け冷凍が基本。

念のため先に湯通ししていますが、そのままでもいいと思います。

卵黄

卵黄のために毎回たまごをゆでるのは面倒なので、週末に作って卵黄だけ取り出し、ジップロックに入れてつぶして冷凍。

少量ずつ使うときも、これならサッと用意できます。

下準備なしで使える常備食材

そうめん

そうめんは食塩不使用のベビー用。レンジでゆでられるので便利です!

¥238 (2019/02/15 15:08:31時点 楽天市場調べ-詳細)

ぽきぽき折ってからゆでてもいいし、食べる前に切ってもOK。

豆腐

豆腐も便利です。3連パックの絹ごしを常備。

一回に使うのは1/4パックくらいなので、残りは大人が食べます。

納豆

納豆はひきわりで。刻む手間を省けてラクです。

使う分だけ茶こしに入れ、熱湯をかけてヌメリを取ってから使います。

豆乳

豆乳は1リットルで買ったほうが安いのですが、一度開封してしまうと急いで使わなくてはいけないのがストレスで💦

結局200mlを常備しておき、残った分はその場で飲むようにしました(笑

きなこ

きなこはサイコー!

混ぜ混ぜするだけでタンパク質が摂取できる!なんてステキなんだ!!

ヨーグルト

ヨーグルトは砂糖不使用・4連タイプを常備。

意外と日持ちするのでありがたいです。

シラス

冷凍シラスも何かと便利。熱湯で塩抜きをしてから使います。

少し前まで潰していましたが、今はもうそのまま。

スポンサーリンク

直前調理10分以内!我が家の適当レシピ

ここまでに書いたものを組み合わせ、テキトー離乳食レシピを紹介していきます。

食材は炭水化物ビタミン・ミネラルタンパク質で色分けしてみました。

おかゆアレンジ色々

おかゆは基本的に解凍してそのまま、白粥であげることが多いです。

混ぜ混ぜおかゆにする時はこんなかんじ↓

卵黄がゆ

おかゆ+ 卵黄

温めて混ぜるだけ。

青菜がゆ

おかゆ+ ほうれん草・小松菜など

温めて混ぜるだけ。

きなこがゆ

おかゆ+ きなこ

きなこの粉が残らないようによく混ぜる。

シラスがゆ

おかゆ+ シラス

シラスを湯通しして、おかゆと混ぜる。

納豆がゆ

おかゆ+ ひきわり納豆

おかゆの上に、湯通しした納豆を乗せるだけ。

ツナトマトおかゆ

おかゆ+ トマト+ ツナ

冷凍したおかゆキューブを軽く温めたら、冷凍のトマトとツナを入れて再度温め。

チーズOKになったらここにチーズを混ぜ、グラタン風にしたいなぁと思っています。

カボチャの豆乳リゾット風

おかゆ+ カボチャ+ 豆乳

おかゆとカボチャを混ぜて温め、豆乳を入れて再度チン。これもいずれはチーズを入れたい。

カボチャ以外にも、コーン・トマト・サツマイモなどいろいろ合います。

そうめんアレンジ色々

そうめんアレンジはおかゆと同じかんじで、野菜と混ぜたり、豆乳を入れたりします。

レンジゆでOKのそうめんだと楽チン。

野菜スープ色々

献立を考えるのが面倒なときの救世主、野菜スープ様!

困った時は「おかゆ+野菜スープ+豆腐 or 納豆」のパターンが多いです。

作り方は同じでも野菜を変えれば違う味だし、アレンジもしやすい!

シンプル野菜スープ

玉ねぎ・人参・キャベツなど

ストックしてある野菜を適当に混ぜて温め。

昆布と一緒にレンジでチンすれば昆布出汁風味、野菜の煮汁を冷凍してあったらそれを一緒に入れればOK。

水分が足りなければ水を足せばよし!

キャベ玉と卵黄のスープ

キャベツ・玉ねぎ+ 卵黄

キャベツ・玉ねぎを一緒に冷凍したものに、卵黄をちょっと混ぜて温め。

トマトを入れるのもいいし、卵黄をツナに変えたりするのもおいしい。

野菜と豆乳のポタージュ

好きな野菜+ 豆乳

野菜と豆乳を混ぜて温め、 カプセルカッターでポタージュ状に。

カボチャ・サツマイモなど潰れやすい野菜はスプーンで潰せばOK!

豆乳を牛乳・粉ミルクなどに変えるのもあり。

野菜の和え物

人参の納豆和え

ニンジン+ 納豆

ニンジンと湯通しした納豆を混ぜるだけ。

いろんな野菜と相性◎、保育園の給食でも人気のメニュー。

ほうれん草のヨーグルト和え

ほうれん草+ ヨーグルト

温めた野菜とヨーグルトを混ぜるだけ。野菜の苦味や食感をヨーグルトでカバー!

豆腐のあんかけ

玉ねぎ・ブロッコリー+ 豆腐

温めてとろみを付けた野菜を、温めた豆腐の上にかける。ツナ・シラスなどを混ぜるのもおいしい。

リンゴヨーグルト

リンゴ+ ヨーグルト

冷凍してあったリンゴを温め、ヨーグルトと混ぜる。

テキトー離乳食、模索は続く

下準備を含め、できるだけリアルにわかりやすくを意識して書いてみました。

まだ牛乳・パン・肉を試していないのでバリエーションが少ないのですが、今のやり方を基本に少しずつ頑張っていきたいと思います。

息子ももうすぐ9ヶ月。カミカミ期も目前です!!

スポンサーリンク