遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます!

今年もボチボチといろんな記事を書いていきたいと思っているので、よろしくお願いいたします^^

2018年初記事は「離乳食」についてです!

離乳食中期はメンドクサイ

6ヶ月になる前日に離乳食を始めた我が家。

はじめの頃はまず「離乳食をあげる」という新しいコマンド(?)になかなか慣れず、アワアワしていました。

しかしそれも少しずつ慣れてきて、

よし、今日は「7倍がゆ」と「小松菜ペースト」と「豆腐」にしよーっと

なんて、ちょっと余裕でメニューを決められるようになってきていた・・・のですが。

『離乳食中期』と言われる時期になってくると、また少し話が変わってきました。

私は主にこの辺りの本を参考にしているのですが↓

中期になってくると一気に食べられる食品数がアップ!!

それに伴い、メニューも一気に「ご飯っぽい」かんじに!!!!

  • 鶏ささみと青菜のうどん
  • キャベツとツナのミルクパン粥
  • かぼちゃのそぼろあんかけ

みたいなメニューが普通に出てくるようになってしまったのです・・・

少しずつ食べられる食品数を増やそうと頑張ってはいるものの、いきなりこんなちゃんとしたメニュー作れない!!

どうしよう!助けて先輩ママパパーーー!!!

ということでTwitterでアイディアをいただいたりもしました。


このツイートにいただいたリプ、めちゃめちゃ勉強になるので同時期&これからの方はぜひぜひ見に行ってみて下さい!!

離乳食中期ってメンドクサイ・・・と思いつつ、私も先輩方のアイディアを参考にしたり、自分なりに少しでも楽になるようにと考えてなんとかやっています・・・!

離乳食中期の適当レシピ~食材準備編~

というわけで、最近の我が家の離乳食レシピ・・という程のものでもないのですが、どんな風に毎日を乗り切っているかを書いてみようと思います。

我が家は基本的に、

  1. それぞれの食材をすぐ使えるように下準備し、冷凍しておく
  2. 食べさせる時に、その食材の中から炭水化物ビタミン・ミネラルタンパク質を組み合わせて献立を組む
  3. レンジで調理する

というシステムです。

食材や出汁を冷凍する時は全て『リッチェル わけわけフリージング』を使用。

凍ったらポコッと外せて、何度も洗って繰り返し使えるし食洗機もOKという優れモノです。

他のメーカーのものも使いましたが圧倒的にこれが便利!

追記
「トレイからうまく外れない!」という意見を見かけたので追記。
容量いっぱいに入れてしまうと外れにくくなるので、入れる時は八分目程度にしておくのがコツです。
どうしても外れない時は、蓋を付けたままひっくり返し、手首に力を入れて真上からグッと押すようにするとうまくいくと思います。

冷凍してあるものと、すぐ使える常備食材を組み合わせて、なんとなく毎日を乗り切っています。

食べる前の調理時間は5~10分程度。めちゃ楽です。

と言ってもなかなかイメージが湧きづらい部分もあるかと思うので、実際に下準備段階から順を追って書いてみようと思います。

執筆時点で息子が食べられる食材について書いています。
時期的にはOKでも、まだ試していないために出てきていない食材や、この記事に書いていない食材もあります。
ご了承下さい。
今のところ、調味料はほぼ使っていません。

下準備&冷凍しておく食材たち

まずは、下準備&冷凍しておく食材たちについて。

週末にまとめてやることが多いですが、食材の残り方を見ながら平日時間がある時に作り足したりもします。

おかゆ

今は基本5倍がゆ

炊飯器のおかゆモードで炊いて冷凍しておきます。

野菜いろいろ

とにかく「加熱して柔らかくして、小分け冷凍しておけばOK!」というゆるいかんじで。

鍋で煮る・レンジでチン・炊飯器で炊くなど、その時々で一番楽そうなやり方で加熱しています。

キャベツ玉ねぎ人参などよく使うものは、適当なサイズに切って全部一緒に炊飯器にポイ!スイッチオン!が最近は一番ラク。

こんなかんじでポイポイ↓

この時は人参単品。わかりにくいけど、昆布も一緒に入れてます。

柔らかくなったら、カプセルカッターで細かくして冷凍!

野菜ごとに分けて冷凍することもあれば、ミックス状態で冷凍しておくこともあります。

トレーが足りなくなったら、こんなかんじでジップロックにポイポイ入れちゃう。

めっちゃ雑ですが・・・

この時は、おかゆ・トマト・カボチャ・長ネギが入ってます。

作る時に微妙に応用技?で、

  • 加熱する時に一緒に昆布を入れておく
  • 加熱した時の煮汁を『野菜出汁』として冷凍

等も、やったりやらなかったり・・気分で。笑

炊飯器だと時間はかかりますが、火を使わないので加熱中に他のことができるのが便利!

多めに作って、残りは大人の野菜スープにしたりしています。

基本的には、

多め・時間かかってOK 鍋で煮る・炊飯器

少量・早く作りたい レンジ

というかんじで使い分けると便利かなーと感じています。

野菜ではありませんが、リンゴも同じように加熱&刻んで冷凍しています。

あ、生協の裏ごし野菜(ほうれん草、コーンなど)を使うことも多いです!

ちなみにカボチャはちょっと例外で、調理セットの蒸しプレートを使ってレンジ加熱するのが一番ラクで美味しくできました!

写真の右側3つを重ねると、簡易版の蒸し器として使えるんです↓

かぼちゃを適当なサイズに切ったら、これを使ってレンジで5分チンするだけでOK!

あとは柔らかくなったかぼちゃから皮をペロンと剥がして、適当に潰したら冷凍するだけ。

簡単で大人も美味しく食べれます^^

追記

トマトは、カゴメのトマトペーストが離乳食初期から使えて便利です。

トマトペーストは、湯むきした完熟トマトを裏ごしして6倍濃縮したものですので、うま味やコクがしっかりしています。
原料はトマトだけですので赤ちゃんのお食事にも安心してお使い頂けますよ。
離乳食初期の食事は薄味から始めるため、ペーストは10~12倍程度に薄めて頂くことをおすすめします。

このペーストをちょっと入れるだけでトマト風味の料理ができるのでとっても便利!!

なのですが、上の引用にも「初期なら10~12倍に薄めて」と書いてあるように、とにかく濃いです。

離乳食一回分に使うのはほんのちょっと!

でもこのトマトペーストは、一袋が18g。明らかに使い切れません。

残りは大人の料理に使うというのもありですが、そんなしょっちゅうトマト料理にしないしなぁ・・・

・・・と悩んでいたところで、パッケージを見るとこう書いてありました。

「冷凍庫で保存される場合は1ヶ月以内にお使い下さい」

そうか!!冷凍すればいいのか!!!!!!!

というわけで今は、残ったトマトペーストを一回分ずつフリージングトレーに出して、冷凍するようにしています。

冷凍すると、こんなかんじでポロンと取れます。

このまま冷凍庫に入れておいてもいいのですが、うちは冷凍庫が入り切らないのでジップロックに移動します。

もっと小さい袋だとさらに良し。今Mサイズしかなかったの。残念。

とりあえず、これでいつでも気軽に使える冷凍トマトペーストの準備はOK!!

ツナ

ツナは基本これを使っています。

食塩不使用の水煮缶。離乳食のために作ってくれたような商品です。笑

このまま冷凍しても良い気がしますが、一応湯通ししてから小分け冷凍しています。

卵黄

固ゆで卵を作り、卵黄だけ取り出してジップロックに入れて、潰して細かくして冷凍。

はじめのうちは特に使う量が少ないので、冷凍しておくと便利でした。

その場で調理する常備食材たち

続いて、下準備が必要ない、ありがたい食材たち。

そうめん

食塩不使用のベビーそうめんを常備しています。

レンジで茹でられるので便利!

大人用の食塩不使用そうめんを使うのもありだと思いますが、近くのスーパーに売っていなかったので我が家はとりあえずこれで。

食べる直前にヌードルカッターでチョキチョキしてあげています。

我が家は貰い物の↑のようなヌードルカッターを使っていますが、正直メチャメチャ切りにくいです。

今後もっと固いもの(お肉とか)もカットする可能性を考えると、ハサミタイプなどしっかり切れるものの購入をオススメします!

豆腐

3連パックの絹ごし豆腐を常備。

一回に使うのは1/4パックくらいなので、残りは大人のご飯になります。笑

納豆

ひきわり納豆だと刻む手間がないので楽。

使う分だけ茶こしに入れて、熱湯をかけてヌメリを取ってから使います。

豆乳

一度に使う量が少ないので、200mlパックを常備しています。

きなこ

きなこ便利!

混ぜ混ぜするだけでタンパク質摂取できる!ステキ!!

ヨーグルト

砂糖不使用・4連タイプのヨーグルトを常備してます。

意外と日持ちするのでありがたい。

シラス

冷凍シラスを常備。

熱湯で塩抜きをしてから使います。

ちょっと前まで潰してからあげていましたが、今はもうそのまま。

スポンサーリンク

直前調理10分以内!我が家の適当レシピ

ではではここからは、実際の離乳食メニューを書いてみようと思います。

食材は炭水化物ビタミン・ミネラルタンパク質でそれぞれ色分けをして書いていきます!

おかゆアレンジ色々

おかゆは基本そのまま、白粥であげることが多いです。

たまに混ぜ混ぜおかゆにする時はこんなかんじで色々アレンジします↓

卵黄がゆ

おかゆ+ 卵黄

温めて混ぜるだけ。

青菜がゆ

おかゆ+ ほうれん草・小松菜など

温めて混ぜるだけ。

きなこがゆ

おかゆ+ きなこ

きなこの粉が残らないようによく混ぜる。

シラスがゆ

おかゆ+ シラス

シラスを湯通しして、おかゆと混ぜる。

納豆がゆ

おかゆ+ ひきわり納豆

おかゆの上に、湯通しした納豆を乗せるだけ。

ツナトマトおかゆ

おかゆ+ トマト+ ツナ

冷凍したおかゆキューブを軽く温めたら、冷凍のトマトとツナを入れて再度温め。

チーズOKになったらここにチーズを混ぜ込んで、グラタン風にしたいなーと思っています。

カボチャの豆乳リゾット風

おかゆ+ カボチャ+ 豆乳

おかゆとカボチャを混ぜてある程度温めたら、豆乳を入れてグツグツするまで再度温め。

これもいずれはチーズを入れたい。

カボチャ以外にも、コーン・トマト・サツマイモなど色々合う。

そうめんアレンジ色々

基本おかゆと同じかんじでアレンジしています。

野菜と混ぜたり、豆乳を入れたり。

そうめんを茹でるところから全てレンジでやっているので楽ちん。

野菜スープ色々

献立を考えるのが面倒な時は大体「おかゆ+野菜スープ+豆腐(納豆)」というパターンになります。

野菜の素材を変えるだけでもぜんぜん違う味になるし、ほんの少しアレンジするだけで雰囲気も変わるからいいかなーと。

シンプル野菜スープ

玉ねぎ・人参・キャベツなど

ストックしてある野菜を適当に混ぜて温め。

昆布と一緒にレンジでチンすれば昆布出汁風味だし、野菜の煮汁を冷凍してあったらそれを一緒に入れればいいし。

水分が足りなければ湯冷ましを足せばそれで良し!なかんじ。

キャベ玉と卵黄のスープ

キャベツ・玉ねぎ+ 卵黄

キャベツ玉ねぎミックスをよく冷凍ストックしているので、それと卵黄を混ぜて温め。

トマトを入れるのもいいし、卵黄をツナに変えたりするのもおいしい。

野菜と豆乳のポタージュ

好きな野菜+ 豆乳

野菜と豆乳を混ぜて温めたら、カプセルカッターでポタージュ状に

カボチャやサツマイモなど潰れやすい野菜の時は、スプーンの背で潰してそのまま食べさせちゃう。

豆乳をミルクや牛乳に変えるのもあり。

野菜の和え物

野菜スープとほぼ変わらないけど・・一応副菜的な。

人参の納豆和え

人参+ 納豆

人参と、湯通しした納豆を混ぜるだけ。

色んな野菜と相性がいい、保育園の給食でも人気のメニュー。

ほうれん草のヨーグルト和え

ほうれん草+ ヨーグルト

温めた野菜とヨーグルトを混ぜるだけ。

野菜の苦味や食感をヨーグルトでカバー!

豆腐のあんかけ

玉ねぎ・ブロッコリー+ 豆腐

温めてとろみを付けた野菜を、別で温めた豆腐の上にかける。

ツナ・シラスなどを混ぜるのもおいしい。

私は餡と豆腐を別で温めるのが面倒になり、全部一緒に温めて完成!ということが多い。

リンゴヨーグルト

リンゴ+ ヨーグルト

冷凍してあったリンゴを温めて、ヨーグルトと混ぜるだけ。

まとめ

まだ牛乳・パン・肉などを試していないので、バリエーションが少ないのですが・・・

少しずつ野菜の切り方や柔らかさなども調節していきながら、息子に合わせてやっていきたいと思います。

息子ももうすぐ9ヶ月。カミカミ期も目前です・・・!!

早いよーーおかーちゃんは付いていくのに必死です!!頑張ります!!!

以上、【離乳食中期】レンジ活用で直前調理10分以内!我が家の適当レシピでした!

このブログをフォローする

ブログ更新情報をメールでお知らせします!

お気軽にどうぞ♡

スポンサーリンク