育児用品レビュー

【抱っこ紐・ヒップシート情報まとめ】使える時期・重さなど比較して、自分に合った抱っこ紐を見つけよう!

最近はたくさんの抱っこひもが販売されています。

いろいろ試してみるとそれぞれにメリットデメリットがあり、何より大事なのは「自分に合った商品を見つけること」だと思う今日この頃。

この記事では私が試した10種類以上の抱っこひも・ヒップシートについて、

  • 抱っこ紐の画像
  • メリット・デメリット
  • 使える時期
  • 使い方(おんぶや前向きだっこができるか)
  • 重さ
  • お手入れ方法

などを一覧で紹介してみました。

ざっくりと比較して気になる商品を見つけたら、それぞれのレビュー記事から詳細をチェックしてみてください。

質問などあれば気軽にコメントしていってくださいね😊

ヒップシート

POLBAN(ポルバン)/ラッキー工業

POLBAN(ポルバン)

ポルバンは私が初めて使ったヒップシート。長男の腰すわり〜歩行が安定するまで、どこに行くにも持ち歩いていました。

ポルバン 旧型 シングルショルダー
  • 他商品と比べると安くて軽い
  • 前向き抱っこOK
  • 首すわりから使用OK(ダブルショルダー併用)
  • シングルショルダーはヒップシート本体と接続したまま座面下に収納できる
  • ヒップシート単体販売あり
  • 新型ポルバン(後述のポルバンアドバンス)と比べると子どもがずり落ちやすい
  • ダブルショルダー抱っこがやや不安定、低月齢のころは他のヒップシートの方が安定感あり
使用時期
  • 腰がすわってから(7ヵ月頃)~36ヵ月(体重約15kg)まで
  • ダブルショルダー併用:首がすわってから(4ヵ月頃)~24ヵ月(体重約13kg)まで
  • シングルショルダー併用:腰がすわってから(7ヵ月頃)~36ヵ月(体重約15kg)まで
重さ
  • 約450g(リップストップブラック約340g)
使用スタイル
  • 対面だっこ:腰がすわってから(7ヶ月頃)〜24ヶ月(体重13kg)まで
  • 前向き抱っこ:腰がすわってから(7ヶ月頃)〜24ヶ月(体重13kg)まで
  • 腰だっこ:腰がすわってから(7ヶ月頃)〜36ヶ月(体重15kg)まで
    (ダブルショルダー併用時:腰だっこ不可)
その他
  • 洗濯機OK
  • 販売方法:ヒップシート本体・ダブルショルダー・シングルショルダー、それぞれ別売り
【ヒップシート】POLBAN(ポルバン)とBABY&Me(ベビーアンドミー)比較してみた今回はヒップシート「ポルバン」と「ベビーアンドミー」を徹底比較! 実際に使ってみてわかった抱っこのしやすさ・体への負担など、写真多...

 

POLBAN ADVANCE(ポルバンアドバンス)

ポルバンシリーズはこの数年でどんどん進化しています。

2020年3月の最新モデルがこの「ポルバンアドバンス」。使用感が格段に上がり、子どもも大人も快適に抱っこができるよう工夫されています。

ポルバンアドバンス ヒップシート 比較 ベビーアンドミー ポグネー
  • ショルダーパーツが別売りなので、必要なものを選んで購入できる
  • 前向き抱っこOK
  • 首すわりから使用OK(ダブルショルダー併用)
  • ショルダーパーツはヒップシート本体と接続したまま座面下に収納できる
  • 静音面ファスナー採用、腰からはずす時に静か
  • ヒップシート単体販売あり
  • ダブルショルダー抱っこがやや不安定、低月齢のころは他のヒップシートの方が安定感あり
使用時期
  • 腰すわり(7ヶ月頃)〜36ヵ月
  • ダブルショルダー併用:首がすわってから(4ヵ月頃)~24ヵ月(体重約13kg)まで
  • シングルショルダー併用:腰がすわってから(7ヵ月頃)~36ヵ月(体重約15kg)まで
重さ
  • リップストップ素材の3色:480g
  • デニムブラック:540g
  • メランジグレー:570g
使用スタイル
  • 対面・前向き抱っこ:腰が座ってから(7ヶ月)〜2歳まで
  • 腰だっこ:腰が座ってから(7ヶ月)〜3歳まで(ダブルショルダー併用時は不可)
  • 横だっこ:表記なし(横抱きの補助として使用可)
その他
  • 販売方法:ヒップシート本体・ダブルショルダー・シングルショルダー、それぞれ別売り
  • お手入れ:洗濯機OK
新作ヒップシート「ポルバンアドバンス」さっそく使ってみた!他商品との比較・収納など詳細レポ長男が小さい頃からずっとお世話になっているヒップシート「ポルバン」が2020年2月にリニューアルしました! どこより早いレビューを...

ポグネー/POGNAE

ポグネーからは4つのヒップシートが販売されています。それぞれに魅力的なのですが、違いがわかりにくいのがネック。

詳細は「ポグネーのヒップシートがすごい!全4種の特徴・選び方まとめ」にまとめているので、違いが詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

No.5neo

ポグネーの中で私のイチオシはNo.5neo。使いやすい最新機能が詰まっており、デザインもすっきりとしておしゃれです。

ポグネー NO5NEO ナンバーファイブネオ ヒップシートキャリア
  • 前向き抱っこ・おんぶOK
  • 0ヶ月から使用OK(新生児インサート併用)
  • コルセットボーン:腰に優しい
  • サイレントファスナー:静かにはずせる
  • ベルトの滑りが良く調整がしやすい(シートベルト素材)
  • 防水加工
  • 見た目にもこだわり
  • ヒップシート単体販売あり
  • 値段が高い
使用時期
  • 首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
  • 新生児インサート(別売)併用:0ヶ月〜
重さ
  • ヒップシート単体:440g
  • ヒップシートキャリア:830g
使用スタイル
  • 対面だっこ:首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
    (新生児インサート併用で0ヶ月〜)
  • 前向き抱っこ・おんぶ:ひとり座り(7ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
その他
  • 販売方法:ヒップシートキャリア(ショルダーパーツとセット)orヒップシート単体
  • お手入れ:洗濯機OK(手洗い推奨)
    防水加工のため汚れにくい
ベビーアンドミーを買う前に見て!ポグネー「NO5neo ヒップシートキャリア」の魅力を徹底レビュー長男育児中に初めてヒップシートに出会い、そこから様々な製品をお試ししてきた私。 今回はポグネーのヒップシート「NO5neo」をご紹...

No.5+(ナンバーファイブプラス)

ポグネーの「プラスシリーズ」は、ヒップシート・抱っこ紐ベルト・キャリア上部の3点セットで販売されているのが特徴です。

  • ヒップシート・抱っこ紐ベルト・キャリア上部の3点を組み合わせていろいろな使い方ができる
  • 前向き抱っこ・おんぶOK
  • 0ヶ月から使用OK(新生児インサート併用)
  • コルセットボーン:腰に優しい
  • サイレントファスナー:静かにはずせる
  • ベルトの滑りが良く調整がしやすい(シートベルト素材)
  • 防水加工
  • 足幅調整可

値段が高い

使用時期
  • 首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
  • 新生児インサート(別売り)併用:0ヶ月〜
重さ
  • ヒップシート単体:450g
  • ヒップシートキャリア:890g
  • 抱っこ紐:740g
使用スタイル

ヒップシートキャリア・抱っこ紐どちらも共通

  • 対面だっこ:首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
    (新生児インサート併用で0ヶ月〜)
  • 前向き抱っこ・おんぶ:ひとり座り(7ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
その他
  • 販売方法:ヒップシート・抱っこ紐腰ベルト・キャリア上部のセット販売のみ
  • お手入れ:洗濯機OK(手洗い推奨)
    防水加工のため汚れにくい
ポグネーのヒップシートがすごい!全4種の特徴・選び方まとめ 今回は「POGNAE(ポグネー)」人気のヒップシートを使い比べてみました! ユーザー目線でとことん使いやすさにこだわるポグ...

ORGA(オルガ)

ORGAはデザインの良さが魅力。No.5neoのような最新機能はありませんが、使用時期など基本的は使い方は同じです。

  • 前向き抱っこ・おんぶOK
  • 0ヶ月から使用OK(新生児インサート併用)
  • ベルトの滑りが良く調整がしやすい(シートベルト素材)
  • ポグネーの中では安い
  • デザインが良い
  • コルセットボーン・サイレントファスナーなどの最新機能なし
使用時期
  • 首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月
  • 新生児インサート(別売り)併用:0ヶ月〜
重さ
  • ヒップシート単体:400g
  • ヒップシートキャリア:860g
使用スタイル

ヒップシートキャリア(ショルダーパーツを付けた状態)

  • 対面だっこ:首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
    (新生児インサート併用で0ヶ月〜)
  • 前向き抱っこ・おんぶ:ひとり座り(7ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)

ヒップシート単体

  • 横だっこ:0ヶ月〜
  • 対面抱っこ:首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
  • 前向きだっこ:ひとり座り(7ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
その他
  • 販売方法:ヒップシートキャリア(ショルダーパーツとセット)orヒップシート単体
  • お手入れ:洗濯機OK(手洗い推奨)

ORGA+(オルガプラス)

ORGA+はNO5+と同じく、ヒップシート・抱っこ紐ベルト・キャリア上部の3点セット。機能に大きな違いはありません。

NO5+は防水加工で汚れにくい、ORGA+はデザインが凝っている、というくらいかと思います。

  • デザインが良い
  • ヒップシート・抱っこ紐ベルト・キャリア上部の3点を組み合わせていろいろな使い方ができる
  • 前向き抱っこ・おんぶOK
  • 0ヶ月から使用OK(新生児インサート併用)
  • コルセットボーン:腰に優しい
  • サイレントファスナー:静かにはずせる
  • ベルトの滑りが良く調整がしやすい(シートベルト素材)
  • 足幅調整可
  • 値段が高い
使用時期
  • 首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
  • 新生児インサート(別売り)併用:新生児期〜
重さ
  • ヒップシート単体:460g
  • ヒップシートキャリア:940g
  • 抱っこ紐:780g
使用スタイル

ヒップシートキャリア・抱っこ紐どちらも共通

  • 対面だっこ:首すわり(4ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
    (新生児インサート併用で0ヶ月〜)
  • 前向き抱っこ・おんぶ:ひとり座り(7ヶ月頃)〜36ヶ月(15kg)
その他
  • 販売方法:ヒップシート・抱っこ紐腰ベルト・キャリア上部のセット販売のみ
  • お手入れ:洗濯機OK(手洗い推奨)

Tran(トラン)

トランは「折りたためるヒップシート」

ヒップシートはかさばって持ち運びにくいのが難点でしたが、トランは座面下のフレームを折りたたんで小さくまとめることができます。

napnap Tran トラン 折りたためるヒップシート ポルバンアドバンス
  • たたんでコンパクトに持ち運びできる
  • 首すわりから使用OK(ダブルショルダー)
  • 前向き抱っこ・おんぶOK(ダブルショルダー)
  • やや重い
  • ショルダーパーツを座面下に収納するとたためない(シングルショルダー)
使用時期
  • ヒップシート単体:腰すわり(7ヶ月頃)〜体重20kg
  • ダブルショルダーヒップシート:首すわり(4ヶ月頃)〜体重20kg
  • シングルショルダーヒップシート:腰すわり(7ヶ月頃)〜体重20kg
重さ
  • ヒップシート単体:約650g
  • ダブルショルダーヒップシート:約1000g
  • シングルショルダーヒップシート:約880g
使用スタイル

ヒップシート単体

  • 縦抱っこ(腰すわり7ヶ月~24ヶ月体重13kgまで)
  • 前向き抱っこ(腰すわり7ヶ月~24ヶ月体重13kgまで)
  • 腰抱っこ(腰すわり7ヶ月~体重20kgまで)
  • 横抱っこ(生後10日~首すわり前)※授乳の補助具として

ダブルショルダーヒップシート

  • 縦抱っこ(首すわり4ヶ月~24ヶ月体重13kgまで)
  • 前向き抱っこ(腰すわり7ヶ月~24ヶ月体重13kgまで)
  • 腰抱っこ(腰すわり7ヶ月~体重20kgまで)
  • おんぶ(腰すわり7ヶ月~20kgまで)

シングルショルダーヒップシート

  • 縦抱っこ(腰すわり7ヶ月~24ヶ月体重13kgまで)
  • 前向き抱っこ(腰すわり7ヶ月~24ヶ月体重13kgまで)
  • 腰抱っこ(腰すわり7ヶ月~体重20kgまで)
その他
  • 販売方法:ヒップシート単体販売なし
  • お手入れ:洗濯OK
【新商品】napnap「折りたためるヒップシートTran(トラン)」をどこより早くレポート!使い心地も最高です今回は2020年2月に発売されたばかりの新商品「折りたためるヒップシート Tran(トラン)」をご紹介! 今までポルバン・ポグネー...

抱っこ紐

napnap ベビーキャリー BASIC MESH DRY

napnap人気の抱っこ紐BASICのメッシュドライモデル。

リュックを背負う感覚でよいしょっと持ち上げておんぶできるのが特徴です。エルゴなど一般的な抱っこ紐のように前からグルッと回すのが不安な方にオススメ。

  • 首すわりからOK
  • おんぶしやすい
  • メッシュなので通気性◎、洗濯しても乾きやすい
  • 小柄な日本人にもフィットしやすい作り
  • 使わないときは丸めてスナップで留めコンパクトに
  • 収納ポケットが大きい
  • 背当てが低いため、低月齢の頃・のけぞった時などは不安
使用時期
  • 首すわり(4ヶ月)〜48ヶ月(約20kg)
  • 新生児パッド(別売り)併用:生後10日頃〜
重さ
  • 約600g
使用スタイル
  • だっこ:首すわり(4ヶ月)~24ヶ月(約13kg)
  • おんぶ:首すわり(4ヶ月)~48ヶ月(約20kg)
その他
  • お手入れ:洗濯機OK

※レビュー記事はただいま執筆中です

キューズベリーTYPE2

私が二人育児(長男3才・次男0才)でお世話になりまくったのが、このキューズベリーの抱っこ紐。

抱っこからおんぶに切り替える際、立ったままグルッと回すだけでOKなのがとにかく便利。慣れればほんと一瞬でできます。背当てが高いのでおんぶでも安心。

洗濯機NG、3万オーバーという高額、首すわり前は使えない、というマイナス要素を考えても大いに買う価値あり。オススメです。

  • 着脱が簡単
  • 上着を着たまま抱っこしたり降ろしたりできる
  • 抱っこから降ろさずグルリと回しておんぶに切り替えできる
  • 背当てが高く、低月齢の頃・のけぞった時なども安心
  • 日本製なので体にフィットしやすい
  • デザインが良い
  • 抱っこしていない時も付けっぱなしでダランとならない
  • 価格が高い
  • 首すわり前は使えない
  • 洗濯機NG
  • 収納ポケットが小さい
使用時期
  • 首すわり〜15kg
重さ
  • 860g(表記がなかったので実測)
使用スタイル
  • 抱っこ:首すわり~13kgまで
  • おんぶ:首すわり~15kgまで
その他
  • お手入れ:洗濯機×(ヘッドカバーのみネットに入れて洗濯OK)

※レビュー記事はただいま執筆中です

Ergo Adapt(エルゴアダプト)

エルゴアダプトは私が初めて使った抱っこ紐。新生児パッドなど付属品なしで、新生児期〜4才頃まで長く使うことができます。

エルゴ アダプト ergobaby 抱っこ紐 ベビーキャリー
  • 新生児期から付属品なしで使える
  • おんぶOK
  • デザインが豊富
  • 使わない時にダランとなる(別で収納ポーチを購入すれば丸めて収納することは可)
  • 海外製なので作りがやや大きく、肩が浮いたりして体にフィットしづらいことがある(肩紐クロスで抱っこすればフィットするが面倒)
使用時期
  • 新生児(3.2kg)〜4歳頃(20kg)まで
重さ
  • 730g(個体差あり)
使用スタイル
  • 対面抱き:0ヶ月〜24ヶ月(12.2kg)まで
  • 腰抱き:6ヶ月〜24ヶ月(12.2kg)まで
  • おんぶ:6ヶ月〜20kgまで
その他
  • お手入れ:洗濯機OK

ちなみに、メッシュ仕様のクールエア、前向き抱っこができるオムニ360などいろいろなシリーズ商品があります。

参考リンク:エルゴベビーキャリア比較表│エルゴ専門店 Seven-Colors

ベビーラップなど

ステップワン一体型

ステップワンは、2019年2月に発売されたまだ新しい抱っこ紐。

伸びの良い布と腰ベルトの組み合わせで、一般的な抱っこ紐・スリング・ベビーラップの良いとこ取りができちゃいます。

  • 着脱が簡単
  • 密着感があるので寝かしつけ向き
  • 軽くてコンパクト、持ち運びやすい
  • フリーサイズなのでパパママ共用OK
  • 抱っこしていない時も付けっぱなしでダランとならない
使用時期
  • 新生児(3.5kg)〜14ヶ月(11kg)
重さ
  • 405g
使用スタイル
  • 対面抱っこのみ
    「インサートの代わりとしてもお使いいただけます。No.5neoと併せてお使いいただきやすいです」との表記あり
その他
  • お手入れ:手洗い推奨(洗濯機OK)
エルゴ・スリング・ベビーラップの良いとこ取り!ポグネー「ステップワン」使ってみた今回は2ヶ月次男を抱っこするのに大活躍の「ポグネー STEP ONE(ステップワン) 一体型」をレビューしていきます。 2019年...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です